2017年もいつの間にか4か月が経ちました、いかがお過ごしでしょうか?
僕はといえば何かと忙しく、毎日元気でやっています。

4月は家族が日本に一時帰国していたこともあり、ひさびさの一人暮らしを満喫しました。
昔好きだった本を引っ張り出して読み、いつもより少し大きな音でレコードを聞き、ビールを飲んで小躍りする。
そんな毎日でした。

せっかくなので家族がいるときにはできないことをしよう、ということで
久々にアジアの街を一人でほっつき歩くことにしました。

1日会社に休みをもらい、向かった先はマレーシアのペナン島。
昔からバックパッカーにはメジャーな街ですが、僕は今まで一度も行ったことがなかったので。
クアラルンプールからマレーシア航空に乗り換えペナンへ到着しました。
何度体験しても、初めての国や街へ降り立ったときの興奮は、とても大好きな感情の1つです。

ペナンの路地から路地へ、なるべく多くの通りを自分の足で歩き、匂いをかいで、写真を撮る。
地図はそこそこに、感覚に任せながら右へ左へ曲がる、汗をかきながらひたすら歩く。
数百円そこそこの屋台でローカルの麺を食べてビールを飲む。
ビールを飲みながら沢木耕太郎「深夜特急2」を読む。
旅先で、その場所について書かれた本を読むと、本の空気感と自分が強烈に同期することを感じます。

ひさびさのそんな感覚に、ふとした時に「このままインドまで行ってやろうか」などと危険なことを思いついて、
すぐにマトモな感情がそれを否定する、なんてことを1人でやっていました。

でも1人の旅行はやっぱりさみしいものがあります。
イントゥ・ザ・ワイルド(荒野へ)でもあるけれど、「ひとりぼっちじゃ何も起こらない」から。

屋台のぬるいビールではなくて、キンキンに冷えたビールが飲みたくなったので、僕はなんだかよい感じのビストロに入りました。
そのカウンターで早川義男「たましいの場所」の文庫本を1人読んでいました。

そんな僕にドイツ人の女の子が声を掛けてくれました。
「Can I sit next to you or are you too busy now?」

大好きなOUT OF STYLeがもし和訳してくれるなら、
「隣にすわって少し飲んでもいい?それともあなた、今とっても忙しい?」ってところでしょうか。
旅先で最もおもしろい瞬間は、予想外の人との出会いなのだ、ということをひさびさに思い出させてもらったペナン旅行でした。

ペン島でもそれ以外でも、4月は竹原ピストルの新しいアルバムを聞きまくっていました。
「一等賞」が最高だ、酔っぱらって少し大きな音で音楽を聞きながら帰る時、いったい何回聞いたかわからない。
残念ながら桜を見る機会はなかったけれど、そんな4月でした。

ホームページを更新しました。
5月はライブが2回あります、来られる方、ぜひ乾杯しましょう。



スポンサーサイト
10年、と聞いて「ねえ、十年って永遠みたいだと思わない?」というセリフを思い出す人は、
村上春樹フリークか、それよりもとってもレアなOUT OF STYLeの大ファンだと思う。

そんな例を出さなくても、僕たちの義務教育9年、小学校入学式から中学校卒業式と比べて、それより長い年月、と考えれば
その長さは簡単に想像できると思う。
僕たち日本人は「10年」という年のくくりに、何か特別な想いを持っているように感じる。
いや、英語にも「Decade」という10年を表す単語があるくらいなので、その想いは万国共通なのかもしれない。

来週に迫った僕たちFOUR TOMORROWの次のライブは、SUBURBIA WORKSの10周年記念ライブだ。
SUBURBIA WORKSはご存知の通り僕たちの所属レーベルであり、アルバムをリリースしてもらったレーベルであり、
そして、仲間だ。

だから僕たちがSUBURBIA WORKSの10周年記念ライブに出演することは、至極当たり前のことだと思っています。
それが夜行便を乗り継ぎ、片道10時間のとんぼ返りの強行スケジュールであっても、です。

---

SUBURBIA WORKS、すなわち代表であるアキラと初めて出会った時のことは正直覚えていません。
自分たちにとって、後にこれほど重要な人物になるのに、初期の頃の印象は極めて薄く、
ほとんど記憶に残っていないのです。

もしかするとこれを読んでくれているあなたもそうかもしれません、いや実はそうだと確信していたりする。
アキラという人物は、そういう男なのだと思ってるので。

ペロペロに酔っぱらって無くしてしまった昔の携帯電話には、彼は「アキラくんサッカーズ」と登録されてました。
確実に一定の距離を保ちながら、社交辞令的に連絡先を交換した、というような印象を持つ登録の仕方だ。
初対面から一気に打ち解けて、肩を組んで一緒に尾崎豊を熱唱した!という種類では、間違いなくないはず。

そんな彼が、なぜかレーベルを始めると言い出した。
そして、その最初のリリースに僕たちとDerangementsのSplitを出したいと言ってくれている。
なんだかとても嬉しかったのを覚えています。
そしてその流れで初めてのアルバムをSUBURBIA WORKSからリリースしました、結成9年目の2009年春だった。

当時、僕たちは自分たちでもレーベルじみたことをやっており(その名前はAMSTERDAM MUSiCと言った)
自分たちの大切なファーストアルバムは、やはり自分たちの手で、ということも可能性の議論として、当然あった。

それでもやはり、アルバムはSUBURBIA WORKSから出すことが、FOUR TOMORROWにとっては必然、
とメンバー一同思えていた。

個人的な解釈だけれど、レーベルオーナーというのは、
ある程度人との関わりの「ハブ」になることを望まれる機会があると思っていて。
何というか正直に言えば、アキラはそういったことにはあまり長けていないように思えるのです。

それでもある日、何かのタイミングで「レーベルを始める!」と決心して、彼は僕たちに声を掛けてくれている。
漠然としていて言葉にしにくいけれど、確実に存在するFOUR TOMORROWの活動の方向性を表現する上でも、
やはりSUBURBIA WORKSが良かったと確信している。

アルバムのリリースに合わせて、一緒にいろいろな場所をツアーし、アメリカにも行き、たくさんの景色を見てきた。。
各地で随分といろいろな話もしたけれど、多くの場合彼は話を聞いていた。
(うるさく冗談を続けるのは長沢さんの役目なので。笑)

要はバランスや関係、表現したい方向性が僕たちと「完全に合っている」のだと思っていて、
僕たちがSUBURBIA WORKSから音源を出す、それ以上に良い理由は無いような気がしています。

最近はライブ活動が少なくなり、リリース面ではお世話になっていないけれど、
やはり節目となる作品は引き続きSUBURBIA WORKSからリリースしたいと思っている。
(これはアキラに嫌われない限り、ですが・・・)

今年20周年を迎えたAsian Man RecordsのMike Parkがインタビューの中でレーベルのあり方を語っていました。
たくさんの大好きな作品をリリースしているだけにとても興味深く読みましたが、バンドに対する愛で溢れていました。
http://dyingscene.com/news/interveiw-mike-park-of-asian-man-records-talks-label-origins-20-year-anniversary-show-and-more/

感心しながら読み切って、そして、でも少し思ったのです。
バンドもやっぱりレーベルに愛を持つべきだし、持てるレーベルと一緒にいるべきだよな、と。

なんやかんやで10年を迎えたわれらがSUBURBIA WORKS!10年で一番大きなパーティーにぜひ遊びに来てください!
08/24/2016    老い。 長沢著。
この肩や腰の痛みはなんだ?


と掛けまして、


いかりや長介と解く。





その心は、どちらも「オイ(老い)ッス!」でしょう。

オイッスー!

飯食ったか!?歯磨いたか!?





というわけで。

20代前半辺りの読者は盗んだバイクにまたがって全力で置き去りにするスタイルで幕を開けました。

そもそも、謎掛けって。

人様に披露するボケが謎掛けだなんて高校生の頃の俺が聞いたらさ。

ポケベルでぶん殴ってますよ。20年後の今の俺を。

これがまず年を取った証拠だよなあ。


あ、携帯電話が当たり前、友達と連絡を取るのも電話にメールにLINEなんてのもある今の子は信じられないかもしれないけどね。

俺が高校生の頃はね。

たかだか十数文字しか入らない受信専用の機械にさ。

お互いが公衆電話や固定電話からメッセージを入れあったもんじゃよ。

最初はなあ〜、文字すら入らんかったから数字だけでな〜。

お互いに暗号なんかを決めてやりとりをしとったもんじゃ。




って、



あぶね!!

ジジイに!!気づかないうちにジジイになりかけてたから!!

なりかけのレディオだから!!

思春期に、少年から大人飛び越してジジイに変わってるから!!






もう、最近ね。

特に身体的な事で。ひしひしと感じてるわけですよ。

老い、ってやつを。



原因不明の肩の痛みに襲われたり、腰の痛みに襲われたり。

数年前なら休みの日なんてさ。

うっかり夕方まで寝ちゃって、うぉー!今日1日マジで無駄だー!って自己嫌悪に陥る事がしばしばあったのに。


6時半ですよ。

目が覚めたらだいたい6時半。

調子いいときなんて5時半とかに起きちゃうもの。

で、時間見て、まだ寝られるじゃんっつって二度寝を試みるも。

なんとなく寝られなくてそのまま起きちゃったりして。


控えめに言っても、ジジイ。

思い切って言ってしまうなら、ジジイですよ。

田村でもジジイ、谷でもジジイですよ。




極めつけなのが。

ここ一、二年の話なんですけどね。

もやしっ子で名を馳せていた俺が。


太りまして。8キロほど。


もう、周りから嫌ってほど指摘されるほどで。



思えば二十代の中盤から後半にかけて。

うちのメンバーをはじめ、周りの友人達が太ったの太らないのやいのやいの言いあっているのを。

足に鉄球を付けた召使い四人が担いだ王の椅子に座りながらね。

「ふははは、愚民共!貴様らの贅肉が我が糧となるのだぁー!!」

なんつってワインを片手に高みの見物してたんですけど。



まさか自分がダイエットする日が来るなんて!!


都市伝説だと。

てっきりそう思っていましたから。

ダイエットなんてもんは。




もうね、連ドラだったら。

久しぶりに会う俺に驚愕の眼差しを向ける主人公に。

言ってやりますよ。



「おかしいだろ、、、俺が、、、ダイエットしてんだぜ、、、?

あの、俺がだよ、、、

笑いたきゃ笑えよ!あれだけ偉そうな事言ってたお前がダイエットかよ、ってな!!

そうさ、悪いかよ!!

理想だけじゃよお、食ってく事なんて出来ねえんだよ!!」




いや、食っちゃダメなんですけどね。

ダイエットしてんだから。




普段ね、身体動かす仕事してるので。

なんもしなくても腹が6つに割れてたくらいだったんですけどね。

特に何が変わったわけでもなく、ただ太ってきまして。


最初の頃ね。

仕事終わった後ランニングしてたんですけど。

もうさ、ちょっと馬鹿らしくなっちゃって。

走るのは比較的好きな方なんですけどね。


仕事で身体動かしてさ。

終わってからランニングしてさ。

ひと月くらい続けてね。全然体重変わらねえの。


んなアホな!!

なんでやねん!!

どんだけわがままよ!!どんだけわがままボディよ!!

こんな生活続けてたら、痩せる前にチャンピオンベルト腰に巻くわ!!



そんなこんなで途方に暮れてた頃。

話を聞いてもらった友人にアドバイス頂きまして。


炭水化物を抜け、と。

お前の食事から炭水化物を抜け、と。

ただし、完全に抜くと頭に栄養いかなくて回転が鈍くなるから、夕食だけ抜け、と。



なるほど。

付いたものを落とすのではなくて。

そもそも身体に入れる方を少なくしよう、と。

ダイエットなんて思ってもいなかった俺にはなかった発想。

さっそく試してみたらね。

3日で2キロ痩せまして。




うおー!!

効果!効果よ!!

世界はこれを効果と呼ぶんだぜ!!




ダイエット、恐るるに足らず。

特に我慢してるわけでもなく、無理なく始めたこの方法で、

こんなにも効果あるなんて。

これ、ひと月も続けたら元に戻るぜ!

っていうかなんなら前より痩せちゃうぜ!!







って小躍りしてたのが。

ちょうど一年前。

当然、今も変わらず夕食炭水化物抜きは続けてるんですけど。

今の体重。



あのとき痩せた2キロが戻ってきまして。

痩せなきゃ、って言ってたときのそのまま。





いやいやいやッ!!

じゃあ炭水化物抜かなかったら何キロ太ってたつもりだよ!

一年分の炭水化物分太るつもりだったのかよ!!

それもう二人だよ!

太るっていうか、もはや二人だよ!!


で、そのまま二人でデュオとしてデビューして、

「余計なものなどないよねー」とか歌ったりして、

ヒット曲連発しちゃったりして、

それで得た巨万の富で非合法な薬に手を出しちゃったりして。

で身体壊してガリガリに痩せたりしてね。

やったぜ、ダイエット成功!




って、やかましいわッ!!

馬鹿も休み休み言えよッ!!





まあ、休んじゃダメですけどね。

ダイエットしてんだから。

08/12/2016    車。 長沢著。
お盆。

世間的には。

どうもそういう事になっているらしく。

道理で仕事忙しいと思った。




俺ね。仕事で。

トラックに乗ってどこの馬の骨かわかんねえやつの荷物運んだりしてるんですけど。

だからまあ、基本的には普通の人が休みのときこそ忙しかったりするわけでね。

だからまあ、お盆もその忙しい時期だったりするんですけど。






日曜祝日ってね。

普段運転しない人が車乗ってたりするんでね。

平日に比べてトリッキーな動きしてくる車が多いんですよ。

サンデードライバー、ってやつですね。



俺がね、夜回り先生ならば。

そういうトリッキーな運転するやつにも。

「いいんだよ。間違いはあってもいいんだよ。」

って寛大な心で許してやるんでしょうが。

残念ながら夜も回らなければ先生でもない普通の36歳。

やっぱりちょっとイライラはするんですよ。




誤解しないで頂きたいのは。



確かに俺、車の運転は慣れてます。

仕事も込みで、ほぼ365日車乗る生活をもう十数年間続けてますから。

全体が円滑に進むようなドライビングテクニックに関しては、

どちらかというと優れていると。

僭越ではありますが自負しているとこはあるんですよ。

だからさ、たまの休みにしか運転しない人が、

俺と同じように運転するのは無理なのはわかってるんです。

そんなの当たり前の話でね。



例えばね、サービスエリアなんか入って。

自分の前の車が、駐車するのに何回も切り返してしばらく待たされたとしましょうよ。

これはね、まあ、あー下手だなあとは思いますけど。

イラっとはしないですよ。

だってね、普段からやってなかったらそりゃ手こずりますよ。


俺がね、急に野菜みじん切りしろって言われたら。

まあ出来ない事はないでしょうけど。

世のお母さんほどテキパキとは絶対に出来ないですよ。

普段料理なんてしませんから。

それを「遅えよ!」っていうのは違うのはわかってますから。

なんでもかんでもイライラするわけではないんですよ。




気持ちわからなくはないけど、それはないぞ!ってのがね。



左折するときに、一旦右に膨れるやつ。



これね、マジでけっこういるんですけど。

わかりますかね?

左に曲がりたいときに、内側こすると思っちゃうんでしょうね。

右側にハンドル切ってから、スペースいっぱい使って曲がるやつ。


運転慣れてないとね、ビビってそうしたくなる気持ちわかるんですけど。

例えばね、二車線の道路でこれやられると。

右側走ってるやつに当たる可能性あるんですよ。

当たるまで至らないとしてもね。

右後方から走ってる車にしたらさ。

左前方で左ウィンカー出してる車が、急にこっちに向かってくるわけですよ。

うお!って急にハンドル右に切って事故になる可能性あるわけで。

すげえ危険なんですよ。


そもそもね。

教習所では、左折のときは目一杯左に車を寄せてから、

って習ってるはずで。

単純にルール違反なわけですよ。

気持ちわかるけど、右に膨れなくてもきちんと左折は出来るからやめなさい、と。

そう思うわけです。




でね、一番許せないのが。



三車線くらいの道路で。

交差点ギリギリのところで。

あー、いけねいけね、ここ右折だった!っつって。

一番左の車線から一車線すっとばして、右折レーンに斜めに刺してくるやつ。

で、右折はまだ出来ないから斜めの状態でその車は待機しててさ。

進めるはずの直進車が待ちぼうけ食らうやつ。



まあ、普段通らない道なんでしょうね。

で、ギリギリで「ここ右だった!」なんでしょうね。





知らんがな!!

行け!!

とりあえず、行け!!

まっすぐ進め!!







自分の事しか考えてないんですよ。

ここで曲がらないと、時間のロスになるから、って。

こんなもん、ふざけんなよ、ではあるんですけど。

一応ね、もしかしたら何か事情があるかもしれないと。

思いつく理由を考えてみるわけですよ。




【1】右折しなきゃいけない事に気付いたから


論外。これはさっき言った通り、知らんがなのやつ。



【2】まっすぐ行ったら、二度とここを右に曲がる道には出られないと思ったから


大丈夫。大丈夫だよ。

俺の人生じゃあるまいし、日本の道って基本的にはどこ行ってもやり直し効くから。


【3】あ!ボールを追いかけて飛び出してきた子供が!


ありがとうございます!なんと感謝したらいいものか!

せ、せめてお名前だけでも!!


【4】バナナの皮で滑ったから


気をつけて!後ろから赤い甲羅が迫ってるよ!!


【5】正体不明の敵の仮面の下から、思いもよらない人物の顔が出てきたから


親父、、、!?親父、、、なのか、、、!?


【6】行きたくないわけじゃないさ。だけど、行けない、行けないんだ。だって俺はトナカイだ!角だって、蹄だってあるし!青っ鼻だし!!人間の仲間でもないしバケモノだから


うるせえ!!!いこう!!!(腕がゴムみたいに伸びながら)


【7】ダイヤモンドだから


冷たい泉に素足を浸して!!








なんか、自分が年取ってきて。

こういう大喜利的な事やるときに引用する最小公倍数が、

どれが不特定多数に一番わかりやすいのかわからなくなってきました。