FC2ブログ
「明日から一週間出張なのですが、どれくらい深刻でしょうか?」

と聞いた僕に対して、その日本人の医師は即座に

「一刻を争います」

と答えました。

このやりとりがされたのが今週月曜の午後のこと。
結果として、4日間の入院生活を経て、息子は元気に中国の病院を退院しました。でもそれはあくまで「結果」であって、「もし」や「たら」や「れば」がいくつかそこに挟まっていたら、もしかしたらそれは違った結果になっていたのかもしれないです。

月曜日の朝に息子に「熱がある」と言ってきたのは奥さんで、僕はたまにあるいつもの風邪か何かと思い、「そうか」と残し、仕事に行きました。でもその日はいつもと少し様相が異なり、午前中に奥さんから「いつもと完全に様子が違う」という連絡をもらいました。リストにすると数十行ほどやらなければいけないことを抱えていた僕は、そのメッセージに対して「片眼をつむる」ような気持だったのですが、上司を含め同僚が「家族最優先」ということばを投げかけてくれたことが後押しになり、早退して日系の病院に行き、冒頭のことばを聞きました。

医師の初診は「通常の風邪ではここまで激しい頭痛や首まわりの痛みは発生しない、万が一だが髄膜炎の可能性もあるため大きな病院で検査が必要」とのことでした。髄膜炎。初めて聞く名前ですがどう考えても良い響きではない。そして冒頭の説明。

紹介された中国系の大きな病院へ移動する途中にGoogle教授にいろいろと聞いてみます。そう、大体にして不安な心理状況での情報検索は、その不安を増長するだけになりがちで逆効果なんです。それはバックパッカーが体調不良になった際に地球の歩き方の最終ページ付近にある健康情報を読み、健康そのものの若者が「もしかしたら自分の現在の状態は破傷風なのではないか?」などと不安を募らせるそれに似ています。

検索したそこにはたくさんの読みたくない言葉が並んでいました。なんで?もしかしたら?どうして?なんて言葉が頭をよぎり、自分ではどうしようもないことが次々と降ってくる、まさに尋常ではないストレスを強く感じていました。

そんな状態で到着した上海の小児科専門病院がまたすごかった。何がすごいってその規模と数。いったい何人ここにいて、普通に待ったら何日かかるのだろうか?というような人人人。

日本の保険が適用される僕たちはそのような人の群れをするりと通り抜け、奥にある専門ブースで受をしてもらえました。でもその後、7歳からこんなに採血するの!?とかそんないきなりMRI取るの???とか.改めてこの国の人の多さ故の、古めかしい乱暴さと、言葉を恐れずに言うと命の軽さ、そしてそんな環境から這い上がってくるのであろう、野心的で世界を視野に入れた起業家の鋭さを想像したりしたのでした。

ずいぶんと端折りましたが、端的に言うと事態は少しシリアスだったんだけど、結果としては大事を逃れ、一方で非常に貴重な経験をしてたくさんのことを考えさせられました。はい、随分と端折っているのでどこかでフォローしたいくらい、僕の精神状態もパキスタンのフンザのように、高山と深い谷を両目に並んであっちにこっちにしていたのです。ここではそれを少し横に。


巨大な世界の二大超国の表と裏、一般の人々の懐事情、富裕層の圧倒的パワー、目に見えるヒエラルキーとそれだかろこそドライブされる社会の核心、超格差と多様性、地球の持続的存続と私的視点、などなど。息子が入院する、というひとつの経験でしたが、そこは本当にいろいろなことに満ちていました。まだまだ整理できていないですが、興味ある人と話をして深めていきたいテーマがとても多かったです。

そしてなにより「いつもあたりまえにそこにある」が実はぜんぜんあたりまえではない、ということを改めて強く認識しました。これは毎日必ず見る、例えば洗面所の鏡あたりに貼っておきたい!笑、くらいの発見でした。

はい、わかってます、皆さんがそれにずっと前から気づいているのはよーくわかってます!でも僕は今回の経験でそれをとてもよく理解したのでした。

今日、息子が退院できて、一緒に家に帰ってきて、夕食を一緒に食べながら、友達がお土産にくれたおいしいクラフトビールを飲みながら、ぼんやりそんなことを考えていました。

もしかしたらこれが全部かもしれないな、なんて。


スポンサーサイト



上海に引っ越しして6か月、いろいろな理由を並べて、いや、実はいろいろな理由なんかぢゃあなくてただただなんとなく面倒でそれを後回しにしていただけで、それもこれもやっぱり音楽、特にレコードに対する熱量が落ちていただけかもしれないのですが、いずれにしてもずっと放置していたステレオシステムを組み上げました!ついでにレイアウトの関係から、スピーカーケーブルも新しくしました。

ケーブルの長さが足りなくて「あぁ、これは次日本に帰国する時に買わなきゃだなぁ」なんて思っていたのですが、ふと「いやいや、だいたい中国に無いものなんてないのでは無いか!?ここまで高度に発達したネット社会なのだから!」と思い直し、初めて京東(中国のAmazonですね、規模は半端ないですが)でネットショッピングしてみました。

結果、まーあるわあるわ。笑
品質別に長さも自由自在、そして全然安い!

というわけでケーブルを購入して、先週末ついに上海レコード生活を開始しました!うれしすぎる!そして最初に聞いたのはこちら!

201910291340573d9.jpeg


does it floatの新作7インチ、今月日本に帰国した際に買ってきたのです。いやはや、とても好き。この前のライブで初めて聞いたA面曲なんて最高で、ラストに配置されたギターソロの秀逸さたるや!そしてレコードが鳴らすその独特の音、音が流れ出すまでの一連の動作も含めて、やっぱりレコード最高!と、ひとりふつふつと胸の内に燃え滾る熱い塊を感じ、それを大爆発させる適切な手段を簡単に思いつかず、悩んだ末に部屋で小さくひとりモッシュ!

そんなわけで上海レコード生活が始まりました。笑
いつもケツを蹴り上げてくれるのは仲間たちです。

そんな流れをInstagramに流していたところ、WWW/EBRのアキちゃんからも久々の連絡をもらって、これまたとても楽しいひと時で。やっぱりやらなあかんなー、なんて少し決心みたいな気持ちにもなりました。

まずは上海でスタジオを探して、そこで個人練習に入って、店主と顔なじみになって、「いったい日本人の君はどんな音楽を好むんだい?」なんて話になって、練習後に缶ビールを飲みながら音楽の話をして、意気投合して、お互いのレコードのコレクションの写真を見せあって、なんてなんて。
Life is Beautiful

やっぱりケツを蹴り上げてくれるのは仲間たち。



「家計の一銭の足しにもならないバンドを、僕たちが続けるのはどうしてだろう?」

これまでいくどとなく、仲の良い友人と話してきたことです。それぞれがそれぞれに言語化していて、その表現の方法が少し違うので少し違うようにも見えるけれど、でもその幹にあるものは絶対一緒だと思っています。

今回1年ぶりにライブをやり、改めて自分の中で明確にそれが言語化できた気がしました。それをここに書こうと思っていました。でもなぜだか昨晩、22時過ぎに寝たあと3時前に起きて眠れなくなり(僕はじいさんになってしまったのだろうか笑)、先週東京で買ってまだ封を切っていなかった超くん/長沢くんのVA LIFEについているZINEをぼんやり読み始めました。

そして「なるほど、そういう風になるのか。根っこは同じだけどでもやっぱり少し違うのかな?」なんて思い、もう少し上に書いていたことをここで言語化するのは時間をおいてみようと思いました。特別急いで書く必要もないことだし、大体にして僕らがやっている活動は、締め切りというのがないのが最大の魅力なのだから。だいたいにおいて、それは同じく最大の障壁なのですが。少し置きます。

___

今日は家の近所にある、最近中国人からすこぶる人気のオーガニックcafeに行ってきました。すごい人。

cafe shanghai
季節のイチジクと抹茶のパンケーキ
パンクスはこんなの食べない!なんて言っちゃ嫌!


国が少しずつ豊かになるにつれて、人々の趣向に多様性が出てきて、最近ではこういったオーガニック系のレストランやカフェが増えているようです。まさに需給バランス、でも需要は供給から作られるのかもししれない。中国に来て本当に思うのですが、彼らのマインドが少しでもこういった方向に変わってくれば、世界はもっと良くなるのではないか?と感じています。世界平和に一番近いのは、中国の人の意識や行動が変わることで(14億人いますから、なんてったって)、そういう意味で世界平和に最も貢献できるのは、もしかするとジャックマーなのか!?なんてことも考えたりします。このあたり、もっともっと考えてみたい分野です。

少し前に読んだ本にダライ・ラマの言葉が出ていました。

たとえ実現がはるか子孫の代までかかるとしても、今、変え始めようとすることが大切なのです。山積みの問題を前に、自分に何ができるのか。仕事をもっと有意義にすること。「うまくやる」だけではなく「よい行い」をすること。

この言葉を読んで以来、ずっと引っかかっています。
実現がはるか先でも、今、やる。よい行い、をする。
もっと具体的に言語化しよう、と思ってます。




10/16/2019    W42 帰国 *山岡書いた
本日無事に上海に戻って来ました。日本で乾杯したり、やんや話したりくだらない冗談に付き合ってくれた皆さん、ありがとうございました!台風にやきもきしながらいろんな可能性に手を伸ばし、結果大幅遅れでしょうがないから飲むか!と家で肉を焼きながら赤ワイン1本空けていたのがまだ4日前の出来事だというのが信じられないです。

時間というのは本当におもしろいなぁ、と思いました。実質たった3日しか日本にいなかったのにものすごい情報量で。帰りの飛行機でそれを書き出して整理していました。少しまとめてまたここに書きたいと思います。すばらしい3日でした。

今日は日本は天気が良かったのか、静岡あたりからずーっとキレイにその地形が見えました。義務教育時代に習ったそのままの地形が当たり前だけどそのままそこにありました。音楽を通して出会った友達がここにもあそこにも暮らしているなぁ、と思いながらぼんやりそれを見てました。

20191016231910485.jpeg


その帰りの飛行機で読んだnumber twoうしくんが今回leif ericsssonの来日に合わせて創ったzineがとてもよくて。これだこれだ!となりました。自分では意識してなかったですが、どうも最近大切なものを少し忘れていたんだなぁ、と思い出させてくれました。自分たちが少しでもこういうことに関われていることが、とてもうれしいです。

201910162318586f2.jpeg