fc2ブログ
08/20/2014    子育て。 長沢著。
直樹。

の、嫁と娘。



よく会うんですけどね。

なんなら、最早直樹より全然会ってるんですけどね。

家が近いこともあって、俺が車出して買い物付き合ったり、家で夕食ご馳走になったり。

直樹抜きで3人で会う方が最近は多かったりするんですが。




直樹はまあ、バンドメンバーであり、俺の高校の同級生で。

嫁の方はというと、俺と小、中と一緒で、まあ平たく言うと幼馴染みみたいもんで。


なんなら、二人が出会ったのも俺がきっかけだったりするのでね。


個人的見解としては。

俺がいなかったら生まれなかった、という意味では。

もう俺、父親と言っても差し支えないんじゃないかと。

最終的にはあの子が嫁にいくとき、バージンロードは俺と直樹と3人で歩いてもいいんじゃないかと。


なんとなく、その子の顔が。

直樹に似てるのか嫁に似てるのかいまいちわからなくて。

最近気付いたのが。


俺に似てきてるんじゃないだろうかと。

目がクリクリしてるとこなんか、俺にそっくりじゃないか、と。


そんな事を、直樹夫妻や友達に言うと一笑されるんですが。

俺、ガチでそう思ってるからね!!





で、つい先日。

いつも通り3人で出掛けて。

途中でちょっとカフェに寄って、お茶してたんですけど。


最近、直樹の娘がね。

字を書いたり絵を描いたりするようになって。

平仮名を書けるようになって、自分の名前を書いたり、

両親や俺の顔の絵なんかも描いたりしてて、

自称父親としては本当に微笑ましい限りなんですが。


で、そのカフェでもね。

持ってきたお絵描き帳をキャンパスにして、思いの丈を綴っていたんですが。

途中から、もう一冊持ってきてた、ドラえもんの塗り絵を始めて。


まだ色のついていない国民的ネコ型ロボットを前に、さ。

その子がね、徐にピンクの色鉛筆を取り出して、立ち向かおうとしてたんでね。

俺、声を掛けたんですよ。

「ドラえもん、ピンクかな?青じゃない?」って。

で、俺の発言を聞いて、返す刀で嫁がさ。

「いいのいいの、好きな色で塗りな」って。




もうさ、すごいショック受けちゃって。


とにかく人と違う事したくて、髪の毛をピンクや紫に染めた高校時代。

やりたい事あるし、大学なんか行かなくてもいいでしょ、って直樹と始めたバンド活動。

そのうち、リーダーやミッチーと出会って、

音楽を通して、遠い異国にも友達が出来たりしてきてね。

自由な発想は、素晴らしい事に繋がるという事を学んできたはずの俺が。

可能性は無限大にある3歳の子供に。

「ドラえもんを青で塗れ」と。



うおおーー!!

恥ずかしい!!

恥ずかしいんですけど!!

自分の髪の毛すらピンクにしてた俺が、

たかだか塗り絵の国民的ネコ型ロボットを、

青で塗りなさい、って!!



もうね。

余裕で尾崎と一緒にバイク盗んでるつもりだった。

尾崎が見張りしてる間に、俺がバイクの鍵ぶっ壊してるつもりだった。

俺、いつの間にか。

尾崎に自宅の窓ガラス全部割られてる方でした。




ベッド、軋まねえーーッ!!

優しさ、持ち寄ってねえーーッ!!



もしも俺に子供が出来て。

その子が17歳くらいになったときにね。

お父さん、俺、大学行かないで音楽やるよ、って言われたときに。

俺、絶対言うわー。

「馬鹿野郎、そんなに甘いもんじゃないぞ。

とりあえず大学くらいは出とけ。」って。

あー、もう絶対言うわー!!

あの頃の気持ちすっかり忘れて、言っちゃう自信あるわー!!

街に埋れそうな小さな、忘れな草だわー!!






後日ね。

直樹の嫁からこんな話聞いて。



嫁がね、風呂に入ってるときに。

リビングからね、直樹が声を荒げてるのが聞こえたんだって。

内容はわからなかったけど、直樹が娘の事怒るなんてめったにないらしく。

後で、なんで怒ってたの?って聞いたんだって。



娘がね、最近幼稚園でね。

みんなでお絵描きをするときにさ、先生に言われるんだって。

「はいみんなー、空は青で塗りますよー!

木は緑ですよー!土は茶色ですよー!」って。

それを娘から聞いた直樹が怒ったんだって。

色なんて決まってないから、自分の思ったとおりに塗りなさい、って。






お、

お、





尾崎ィィィィーーーーッ!!

俺にも見せてくれよッ!!

そのくわえタバコで見てる17歳の地図、俺にも見せてくれよッ!!!




カッコよすぎるでしょ。

普段、全然怒らない父親が、唯一怒った出来事が。

好きな色で塗れ、だぜ!?



飯を食いながらね。

相変わらずお絵描き帳に絵を描いてるその子を横目に見ながらその話聞いて。

俺のどこが父親か、と。

海よりも深く反省して。

直樹すまん、俺なんかお前の足元にも及んでいなかった、と。


これからは心を入れ替えて。

胸を張ってこの子の父親と言えるように努力しようと心に誓って。



その場にあった醤油入ってる小皿に指突っ込んでさ。

色鉛筆で絵を描くその子のお絵描き帳に色塗ってやったんですよ。

ほら、別に醤油で色塗ったっていいんだぜ!って。

色を塗るのは、何も色鉛筆や絵の具だけじゃないんだぜ!って。




そしたら隣りにいた直樹の嫁に。

「ちょっと。食べ物で遊ぶ事教えないでよ」って怒られました。

なんかもう、盗んだバイクで乗り付けて、

直樹んちの窓ガラス割ってやろうかと思いました。
つい昨日の話なんですけど。


家でね。夕飯食い終わって、親父と二人でダラダラテレビ見てたんですけど。

唐突に親父が。

「ホットケーキ食べたくなったなあ。」って。

あたりめを食べながら笑







っていう、文章の。

文末の、「笑」。

これさあ、すごい発明だと思うんですよね。誰が始めたか知らないけど。

日本語さえ知っていればね、これの文章の中でのニュアンス、一発でわかるじゃないですか。

笑うとこですよ、と。バラエティ番組のテロップと近いのかもしれませんね。

笑う要素のある文章ですよ、ってのが一目でわかるというんでしょうか。

文字でしか表現出来ない場所で、会話的なニュアンスを盛り込む事が出来る、と。



前述の文章であればね。

「あたりめを食べながら」で締めた場合。

ちょっとオチっぽいですよね。

俺のブログの場合、これで終わりのパターンのニオイぷんぷんしますよね。

何も言わずとも、読んでる人は思い思いのツッコミを膨らます事が出来るわけですよ。

「あたりめ食べてるんじゃないんか!」

「ホットケーキどこから出てきたんだよ!」

「情緒不安定か!」

「あたりか!!」


それぞれのツッコミを経て、終了のパターンなわけです。


で、「笑」がつく事で。

さっきまで真顔だった俺の表情も一気に緩んでくるわけですよ。

「うちの親父、ホットケーキ食いたいって言ってんだよ。今あたりめ食ってる最中なのに!」

っていう画がね。浮かんできますよね。

あなたが思い描いたツッコミは置いといて、会話は進んでいくわけですよ。

笑っているニュアンスを残しつつ。


なんて便利なシステムなんだろう、と。

ブログなんかを書いてると、そう思うわけです。


で、さらに便利なのが。

オプションを変えれば、まったく別のシチュエーションをいとも簡単に生み出すところで。

例えばね。


「あたりめを食べながら泣」


たぶん、楽しみにしてたよね。

俺、あたりめ食うの超楽しみにしてたよね。

気付いたら親父に食われちゃったやつね。


「あたりめを食べながら怒」


反抗期かな?中学生くらいだったかな、俺?

楽しみにしてたからね。諦めつかないからね。

下手すると、手出ちゃうよね。

うぜえんだよ!とか言っちゃうよね。


「あたりめを食べながら汗」


大丈夫ー?って。そんなにたくさん食べて大丈夫ー?って。

お腹膨れて眠れなくなっちゃうよー?って。


「あたりめを食べながら夏」


綺麗な指してたんだねー?って。

知らなかったよー?って。


「あたりめを食べながら食」


く、食い過ぎ食い過ぎ!さすがに食い過ぎ!!


「あたりめを食べながら刑事」


木曜かな?木曜の夜10時くらいかな?


「あたりめを食べながら万華鏡」

こら!タカシ!

あんた、あたりめ食べるか万華鏡覗くかはっきりしなさい!!


「あたりめを食べながら2」


第11話で絶対泣いちゃう。

「俺、あたりめ食べるよ!あいつの分まであたりめ食べるよ!!」

のとこで絶対泣いちゃう。


「あたりめを食べながら7」


監督が代わった3〜6でガクンと評価落ちたけど、

シリーズ7からは待望の、初代でメガホンを握った望月監督を迎え入れて。

1と2で好評だったハートウォーミングな展開を期待するところです。


「あたりめを食べながら☆#×+△」

あなたの選んだカード。

ずばり、☆ではないですか?


「オニギリを食べながら」


あ、あ、雨が、降ってきたんだな。

だ、だから、ぼ、僕は、傘をさすんだな。


「オリビアを聴きながら」


お気に入りの歌、一人聴いてみるの。






つまり、何が言いたいかっていうと。

あたりめ、って変な名前だよね、って事。
行ってきましたよ、ディズニーランド。

予告通り、リーダーの嫁&息子、ミッチーの嫁&息子、

そして直樹の娘と、俺の6人で。




いやあ、世のお父さんお母さん、ご苦労様です。

あれが毎日だもんなあ。すげえよなあ。



友達の子供と一緒に出かける事は、この歳になると増えましたけどね。

今回、直樹の娘は両親がいないわけで。

いってみたら、俺が代わりになるわけじゃないですか。

もう、責任重大だよね、こんなもん。

普段は、親がちょっと手離せない、とかのときにサポートしてあげればいいだけですけど、

今回はそうもいかないわけでね。

なかなかいい経験をしたと思ってますけど。


そもそも、直樹の娘は当初行かない予定だったんですけどね。

どちらも仕事だったんで、ついてく事が出来ないから、って。

で、ギリギリになってね。母親が本人に聞いたんですよ。

「ママお仕事だけど、のりさん(って呼ばれてるんですけど)と遊んでられる?」って。

ちょっと考えてたらしいんですけどね。

続けて「ディズニーランド行くんだってよ」って言ったら、返す刀で「行く!」って答えたらしく。


普段からね、ちょっとコンビニまでとかは全然2人で行ったりしてるんで。

もう3歳だし、そこまで言うならじゃあ連れてくよ!ってなったんですけど。



当日、まずその子を迎えに行ってね。

車の外から直樹と嫁が「いってらっしゃい」って見送って。

ドア閉めた瞬間に、号泣。


うそーーん!!

行くって言ったの自分なのに!笑


ミッチーの嫁と俺で「大丈夫だよー、ミッキー待ってるよー!」ってなだめて。

ホントね、5分くらいは泣き続けてたんで、よっぽど引き返してやろうかと思いましたけど。

ある瞬間に、いきなりエアコンの吹き出し口に手をあてて「冷たいの出てるね」って。

何事もなかったかのように。

やっぱ、子供でも開き直る瞬間てのがあるんだなあ、と思いましたよ。



で、途中でリーダーの嫁と子供を拾って。

高速に乗って夢の国へ向かったんですけどね。





リーダー。うちのリーダー。

言わずと知れた、シンガポール在住の山岡。

元々うちのバンドを結成した張本人であり、活動方針の指針となるものを決めてきたり、

初期は全ての、現在もその半分の楽曲を作っている、

疑う余地のない、うちのリーダー。

彼がね、たぶん10年くらい前に書いた曲でね。

「To somewhere,not here」ってのがあって。

ここではない、どこかへ。

彼の当時の心象風景を切り取った、手前味噌で申し訳ないけど初期の名曲。



その曲を作ったリーダーの息子ね。

車に乗るなり、ぐずり始めて。


途中までおじいちゃん(要は、リーダーの義父)に車で送ってもらったので、

当然それに乗って帰るもんだと思ってたらしく。

それが、いきなり人数がたくさんいて、どこか知らないとこに行こうとしてる空気を感じたんだろうね。

泣きわめいて、母親に抱きついてて。


現在2歳。やっと単語っぽいものを口にするようになったリーダーの息子。

泣きながら、しきりに「バイバイ!バイバイ!」って言ってるんですよ。

バイバイってどういう事なんだろ?って思ったんですけど。

リーダーの嫁が教えてくれました。



「ここからバイバイして帰ろう」って主張してるんだと。



ここではないどこかへ、かよッ!!

親父似かよッ!!



比較的ギリギリまでぐずってましたからね、到着の。

まあ、到着したらしたで、入口にいたミニーで一番テンション上がってたのもこの子なんですが。




ミッチー。ドラム&ボーカル、そして、今のうちの楽曲の半分を作っています。

最近は、うちとは音楽性の違う「東京スーパースターズ」のドラムも兼ねていて、

身内ながらその多才ぶりには驚かされることもしばしばなんですが。

元々、俺のちょっとした知り合いだった山岡が俺をバンドに誘って。

ドラムももういるから、一回顔合わせしようって連れてきたのがミッチーでした。



知り合いとはいえ、落ち着いて話した事のない山岡と俺。

しかも、二人とも比較的人見知りであるし、

なおかつ初対面の人間も来る、と。

だいぶ緊張しながら待ち合わせのつぼ八に向かったのを覚えてるんですけど。


で、初めて会ったミッチーの、人当たりのいいこと。

気さく、を絵に描いたようなその物腰に、ちょっと抱かれてもいいとすら思いましたからね。

未だに、バンド界隈のシーンで一番知り合いが多いのは、うちのバンド内ではミッチーがぶっちぎりだと思います。

話した事ある人はわかってくれると思うんですけど。



で、そのミッチーの息子。

まだ生後1年にも満たなくて。

基本的には母親に抱っこされてるか、ベビーカーに乗ってるかなんですけど。

歳が歳ですからね。右も左も分からない様子で。

もちろんね、泣き出したりする事もあるんですよ。

ミッチーの嫁が抱っこしたりしてなだめるわけですが、

当然泣きやまない事もあって。

でね、あらあら泣いちゃって、なんて思って。

俺とかリーダーの嫁、さらには直樹の娘なんかもその子の顔覗き込んだりしてね。

ばあ!なんつってあやしたりしたんですけど。

普通は、そんなもん我関せずで泣き続けるもんですよね、その歳の子。

母親ですら機嫌を治せないんだから。


ミッチーの息子ね。

どんなに泣いていても。

100パーセントの確率で、笑いますからね。

俺はもちろん、リーダーの嫁も、直樹の娘でも。



気さくかッ!!

気さくの天才かッ!!

親父似かよッ!!




直樹。ギター&コーラス担当。

俺の高校の同級生で、俺が初めて組んだバンドのメンバーでもあります。

一見、無口で大人しいように見えますが、非常にお調子者であり、悪ノリが過ぎるとこがあって。


我々の初の海外ツアーのアメリカ行きの機内。

緊張で前日眠れなかった上に、調子に乗ってワインを飲みまくった結果。

就寝後の薄暗い機内の、トイレの前で気絶した直樹の話はここでも書いたと思うんですけど。




その、気絶王の直樹の、娘。

出発前に、母親から「お腹が痛いって言い出したら、車に酔ってるって事だから」と教えられていて。

最初に泣いていたのもウソのように、車を走らせるうちに機嫌の直っていったその子。

あと数十分で到着というところで、「お腹痛い」って言い出して。

大丈夫?なんて頭なでながらごまかしごまかし進んでいたんですけど。

そのうちに遂に泣き出して。

いよいよかってことで、予め直樹夫妻から託されていたビニール袋を渡したらね。

これでもかって言うくらい、嘔吐。

さっき食べたサンドウィッチとか飲むヨーグルトとか、全部吐き出して。



つうか、乗り物ッ!!

弱点、乗り物かよッ!!

親父似かよッ!!






一度吐いて、少し落ち着いてグッタリ横になる直樹の娘。

見てても可哀想でね。

少しでも慰めてあげられればいいなあ、と思って。

昔の話をしてあげたんですよ。



直樹の嫁。俺と小学校から一緒なんですけど。

中学生のときね。

俺が付き合ってた女の子が直樹の嫁の友達で。

で、嫁の当時付き合ってた男が俺の友達で。

4人でね、遊園地行った事あったんですよ。

ダブルデートってやつ。

まあ、それなりに楽しかったわけなんですが。


その帰りの電車で。

遊園地で乗ったコーヒーカップで気分が悪くなった直樹の嫁。

遂に我慢出来なくなってね。

4人で途中の駅で一度降りて。

ホームにあった水道で、嘔吐したんですよね。




「ママもね、昔吐いちゃった事あるんだよ」って話したら。

白い顔して横になりながら、「ふふふ」って笑ってました。





つうか、母もかよッ!!

母からも来ちゃってるよッ!!

どんだけ残念な遺伝子盛り込まれてんだよッ!!

それ、いらねえからッ!!

いらねえ方の遺伝だからッ!!!





もし俺に子供がいたら、やっぱメチャクチャお喋りだったんですかね?

なにはともあれ、やっぱ子供はいいですね。
07/16/2014    全部実話。 長沢著。
チップ的な。

頭部にチップ的なものを。

おそらく埋め込まれているんではなかろうか、と。

そう思うのね。



前回のブログ更新してから、2週間。

理想は3日に1回更新するって言ってた俺が、だよ?

2週間もほったらかしにするわけないんですよ。

これもう、絶対チップ埋め込まれてると思うんですよ。

なにか、怪しい組織が。俺のブログ更新滞らせようと画策してるんですよ。

でなきゃ、1回くらいはブログ更新してなきゃおかしいもの。



遂に、俺も追われる立場に。

リーダーから「なんか思ってる事発信する場所だから」なんて言われて、

適当な事を書いてきたこの日々徒然。

適当な事とはいえ、いささか愛とユーモア詰め込みすぎた。

俺という人柄から溢れ出る、愛とユーモアの空気、醸し出しすぎた。


だいたい、悪の組織なんてね。

人の負の感情をエネルギーにしますから。

物理的な法則無視しまくったエネルギーの供給しますから。

俺のブログから発信する、陽のエネルギーを疎ましく思ったんだろうね。

あるよね。俺、そういう指導者的なとこ出てきちゃってるよね。



たぶん、あのときなんだよなあ。

埋め込まれたの。


連勤明けの休日、目覚ましかけずに昼過ぎに起きたとき。

普段、6時とか7時に起きてるんだから。

おそらくあの空白の数時間のうちに組織が俺に埋め込んだのでないかと。



もしくは。

思い当たるとすれば。

夜、自分の部屋でビール飲んでたとき。

ベッドに横になりながら、漫画読んでビール飲んでて。

片手で漫画読みながら無理してビール飲んだもんだから。

ビールひっくり返して。

マジかよー!!って焦って風呂上りに頭に巻いてたバスタオルで拭き取ったとき。

いかに俺と言えども、かなり焦ってたから。

あのどさくさに紛れて、組織のやつがさ。

上手い事チップを、って可能性。



ひょっとすると、あれの可能性もあるな。

いやね、この間ね。

いつも通り風呂入ってたんだけど。


言ってなかったけどね、俺。

ベテランなのよ。風呂の。

物心ついてないときから、親に風呂いれてもらってたし。

小学生あたりからね、信じられないかもしれないけど、一人で入ってたのよ、風呂。

その、風呂のベテランの俺が。

風呂歴34年の俺が。


つい先日、足を滑らせて。

普通ね、素人だとさ。足滑らせて、そのまま頭打ったりして大惨事になるんだけど。

ベテランの技、なのかなあ。

咄嗟に浴槽にセットされていたフタに手をついて事なきを得て。

俺の身代わりになったのかなんなのか、フタを真っ二つに割っちゃってね。


感心しちゃってさ。

自分自身に。

咄嗟のアクシデントに反応してしまう反射神経と、

ふたを真っ二つに割る俺のパワーに。

自分の事とはいえ、ね。

こういうところがリーダーシップとる俺のポテンシャルなんだろうな、って。

あんまり感心したもんだからさ。

いかに俺と言えど、隙みたいなもんあったんだろうね。

で、組織がチップを、って寸法。




ここまでの潜在能力を秘めてるとさ。

敵もおそらくかなりの規模のものだと思うわけ。

そうなるとね、その才能を発揮する前から目を付けてた可能性も捨てきれなくてさ。




高校のときね。

俺、メンバーである直樹と同じ高校だったんだけど。

忘れもしない、地学の課外授業。

学校の周りの植物を調べるって授業で。

直樹と二人で学校の周りを歩いてたんだけど。

植物調べながら歩いてたらさ。ある一軒家の前で。


その家の、二階の窓のところがさ。

木片が斜めに並んでるはめ込み式みたいになってて。

わかりづらいと思うんだけど、要はお賽銭箱みたいになってたのよ。

ちょっとしたオシャレハウスだったんだけど。


その家見て直樹がね、一人で笑ってんの。

どうした?って聞いたら、「お賽銭箱みたいじゃね?」って。

ああ、確かに言われてみれば似てるな、なんて思ったんだけど。

直樹が異様に笑っててさ。こいつ大丈夫かよってくらい笑ってて。

そのうちね、おもむろに財布取り出して。

「お賽銭箱だから、お賽銭投げたほうがいいな!」つってさ。

持ってた小銭、バンバンその家の窓に投げまくって。


さすがに20年近く前の話だから、時効だと思って勘弁して欲しいんだけど。

もう、メチャクチャ笑ってさ。

こいつ、頭おかしいだろ!って超笑って。

ありったけの小銭投げた後に、二人でダッシュして逃走。


ピンポンダッシュってのはよく聞くけどね。

賽銭ダッシュしたのって、世界広しといえど、俺と直樹だけじゃないかと。


授業で貰ったプリント片手に。

爆笑しながら、全力疾走。

これ以上ないくらいの隙でしょ、こんなもん。


おそらくね。

俺の将来発揮するであろうリーダーシップに目を付けてた組織がさ。


あの、興奮と混沌のさなかに。

俺の頭にチップを、それ!つって。

可能性としては、でかいと思うんだよねえ。

全ての民にエネルギーを与える、俺のリーダーシップを恐れて。







つうか。


ダメかよッ!!

ダメ人間かよ、俺ッ!!


リーダーっつうか、むしろロクデナシだよッ!!

役立たずと罵られて、このバカと人に言われてッ!!

にも関わらず、それなりに上手い具合に世の中とやっていったパターンッ!!




ホントね。

ミッキーマウス以下。

世界どころか、僕らのクラブのリーダーにすらなれてないパターン。


という事で、最低でもミッキーくらいには成るべく。

明日はディズニーランド行ってきます。

男子3、女子3で。

内訳は、メンバーの嫁×2、メンバーの息子×2、メンバーの娘×1。

と、俺。

メンバーは一人もいません。



なんでやねんッ!!