FC2ブログ
昨日、久しぶりに電話した地元の友達。


なにを隠そう、俺と直樹が初めてバンドを組んだのがこいつなんだけど。

こいつのもちネタ。





タバコ吸っててね、たまに灰皿にいれる前に固まりで落ちちゃうときあるでしょ?

床とかに落ちた灰の固まりって、まぁだいたいティッシュとかでワッととるしかないと思うんだけどさ。

こいつさぁ、その落ちた灰をさぁ、慎重に形が崩れないように「スタープラチナッ!!」っていいながらつまむんだよ。

JOJO読んだことないやつはわからないと思うけど。






こいつね、最近このHPが携帯で見られるのを知って、徒然を読んだらしいんだ。

それでさ、俺にこんなこと言うの。

「お前頑張って更新してるけどさ、なんか俺お前のことよく知ってるからかもしれないんだけどさ、

 あれけっこう恥ずかしいな!」







あのなぁ、お前の「スタープラチナ」のほうがよっぽど恥ずかしいんじゃッ!!!

スポンサーサイト



お客さんに言われました。

いきなり。



「出身どこですか?」



質問の意図がわからず、おそらくボケっとした顔で答えました。「埼玉ですけど。」



客「ああ、そうなんですか。なんか暖かい方の人かと思いました。」




暖かい方、って。




俺「顔が濃い、ってことですかね?笑」



客「そうですね。」(笑顔)




そうですね、って。
fourtomorrowとderangementsのスプリットTシャツが今更発売になりました。

もちろんsuburbiawarksから。このタイミングがいかがなものかは置いといていい出来ですよ。



で、この間の下北沢のライブでアキラ社長がさっそく売ってたんですけどね。

俺にその販売用の手書きのポップを見せてきたんですよ。



「どうですか、これ?駄目って言われたんですけど!!」


駄目じゃねえ。むしろ最高だ!俺、いまだに思い出して笑うもの。






 爽やかなライトブルー

 発注ミスのエスプレッソ

 雲は白 りんごは赤





わからない人はスルーでいいですよ、ホントに。
朝、仕事のときにかならず寄るコンビニがあるんですよ。

トラック乗って、会社出てすぐのセブンイレブン。


そこの店員がさぁ~、まあ~態度が悪いっつうか使えないっつうか。

ちょっと前まではね、だいたい同じおばちゃんが四人くらいいたんだけどさ、

レジ二つあるのに一個のレジで三人で会計してんだぜ!?

アフォかと。

だから必ず行列出来ちゃうんだよ。朝なんてさ、だいたいみんな急いでるわけだぜ?

もうね、みんな思ってんだ心の中で。「もう一個レジ動かせや!」って。

残った一人も知らん顔で品出ししてるし。一回うちの同僚があまりに腹立って怒鳴ったからね笑

「レジ三人でやってんじゃねえよっ!」って。そんときはさすがに二個動いたけど。


偉いものでここ何ヶ月でおばちゃんのうち三人は(おそらく)クビになりまして。

当たり前だっつーの。(パイレーツ)





で、問題はもう一人のオトコなんだけどさ。


こいつも昔からずっといるんだけどね、タチ悪いんだ。

何がタチ悪いかっつーと、まず生理的に受け付けないんだよ。

見た目?喋り方?立ち振る舞い?とにかく全部だな。

彼が悪いわけじゃねえからさ。それはもう俺の方の問題であってね。



それから、一生懸命なんだけど空回りしてるとこもいただけねえ。

おにぎり買うとさ、「温めますか?」って聞いてくるの。

コンビニのおにぎりってあんまり温めなくねぇ?

まあ百歩譲ってそういうやつもいるかも知れないから、聞いてみるのは接客業として間違ってないかも知れないな。


「いやいいです。」って俺が言うわけ。そいつ、なんて返してくると思う?


「じゃあ、ほどよく温めますか?」


ほどよく、ってなんだよ!お前の基準がまずわかんねえよ!

そこそんなに食い下がるとこじゃねえだろ!


ネタじゃねえから。マジで言われたから。




今日もそいつがまたやらかしてくれてさ~。

そいつのレジ並んでたらさ、俺の前のおばちゃんが「魚肉ソーセージ」と「タバコ」を買ってたの。

さすがに魚肉ソーセージ温めますか?とは聞かなかったけどさ。



ビニール袋に品物入れてるの見てたらさ、衝撃。



タバコ入れるでしょ。魚肉ソーセージ入れるでしょ。

そしておもむろに取り出した、箸二本。


箸!?箸っ!!



どれに!?どっちに!?そして誰と!?


こいつのなかじゃあれか、おばちゃんが帰って旦那と向かい合って二人で魚肉ソーセージを箸でつついてるビジョンが見えたのか!

か、もしくはタバコを吸ってるおばちゃんが万が一にも手を火傷しないように箸を使え、と?





おいおい、そんなサービスいらねえよッ!!!

先週末は怒涛の四日間でした。



~木曜日~


帰国したての山岡部長を迎えて久しぶりのスタジオ練習。

終了後、山岡宅でパーティー。

深夜なのにメイタルズでご機嫌。結局三時に解散。



~金曜日~


濱北翼と呑み会。渋谷で待ち合わせして綱島へ。

二人で二時間くらい呑んだ後、ショウジ(Essential)、柳井君(LINK)が合流。

ショウジの帽子がペルー産だ、というネタでひとしきり盛り上がった後、店を変える。

カラオケで柳井君に強引に自分の唄を歌わせる。酒も手伝って三人ばかうけ。

朝五時頃、四人で濱北宅で就寝。



~土曜日~



昼前、柳井君の「ロマンチックは午前中にあるんだぜ!」などというおかしな演説でショウジと俺が起こされる。

少し遅れて翼君起床。無駄に元気な柳井君の提案でプールへ。

翼君以外は水着がないのでイトーヨーカドーへ。

おそろいの水着を購入。さらに夏を満喫する為、翼君は麦わら帽子、柳井君はサングラス、俺は両方購入。

一時間百円の市営プールできっちり一時間満喫。


夜、翼君と埼玉へ。濱北翼&フォートゥモローのスタジオ練習。

一時間遅れてfourtomorrowをクビになる俺。

そのあと朝五時まで呑む。



~日曜日~


ライブ。当日昼過ぎに入り時間が昼の十二時だと判明するメンバー三人とヘルプ一人。リハ断念。

直樹が二日酔いで体調最悪の様子。車内で購入したうどんを見つめたまま瞑想。

アキラ鯖beerのDJで俺のテンションがあがる。ライフイズカミンバック。


久しぶりのライブ。ひどい出来のヘルプ。反省。猛省。

打ち上げ。疲労と反省で軽く寝る。

起きたあと、ドッチャン、チン君(derangements)と談笑。途中からチン君とマンツーで真面目な話をする。



帰りに十条で三十八年続く立ち食いそば屋でざるそばを食べる。

深夜三時就寝。次の日、というかもう当日の仕事は六時半から。SHIT!




そういえば思い出した。

この間行ったフジロックの話。


正確にいうと、フジロックに向かってるときの話。






車で全員ひろった後ね、うちの近くの24時間やってるスーパーで買出ししたのよ。

酒とか、テントで食う食料とか。

一通りカゴに放り込んでレジへ。


会計してもらってるときにね、目の前にいる以外の店員二人(おばちゃん)が、なんか妙にザワザワしてるのよ。

ときどきヒソヒソ二人で耳打ちしてるし。


なんかあったのか?とか思ってたら二人のうちの一人が意を決した様子で俺に話し掛けてきた。




「あの~、大学生じゃないですよね?」



は?

はぁ~??



大学生?誰が?俺等?ひょっとして俺等に言ってるのか?




「あの、最近うるさくて。未成年にお酒売るとまずいんですよ。」




警察な。確かに店構えてる側としてはそういうめんどくさい事もあるだろう。

わからなくはないぞ。わからなくはないけど!





俺等(4T+濱北翼)、全員もう26歳or27歳だぜ!?

いくらなんでもそりゃねえだろっ!!


何浪?五人揃って何浪??

いや、仮に浪人したとしても二十歳こえてりゃ酒は問題ないわけだから、

こいつ俺等を十代だと思ってるのか!?



あんまり突拍子ないもんだから、怒っていいもんだか笑っていいもんだかもわからなくなってね。

アメリカンジョークみたいなノリで言ってやったんだよ。




「それじゃあ免許確認してみます?」



ですよね~、大学生はちょっといいすぎですよね!みたいなノリで返事してくれるかと思ったの。

なんていったと思う、その店員?



「じゃあちょっといいですか?」



こいつマジか!?マジで免許確認する気か!?

いや~びびったびびった。

まじまじと俺の免許見つめて「あ、すいませんでした。問題ないですね。」

とか言ってんの!!




俺、よっぽど言ってやろうかと思ったよ。



「お前うちのギターなんて呼ばれてんのか知ってんのか!!

 部長、だぞ!!山岡部長って呼ばれてんだぞ!!」って。








耳掻きするの大好きなんですよ、俺。



好き、というか最早生活の一部だな。

だからね、耳掻きは欠かせないわけよ。

部屋に、うずまき状になってる最新(かどうかはよくわかんないけど)のがひとつ。

自分の車に、前にお土産でもらった愛知万博のやつがひとつ。

仕事で使ってるトラックに、つめ切りとか毛抜きとかとセットになってるやつがひとつ。

もうどこにいても必ずあるようにね。





いつからだろう。たぶん高校ん時くらいからかな?

昔はすごい嫌いだったのに。

そう考えるとね、昔はお母さんがやってくれてたわけだよ、耳掻き。



すごくねえか!?



今現在、たぶん二日に一回くらいのペースで耳に耳掻き突っ込んでる俺ですら、

他人の耳を掻け、と言われたら躊躇する。

怖ええじゃん、単純に!

他人の耳なんてどうなってるかわかんねえしさ、「痛い痛い!」とか言われて血なんか出た日にゃ~、トラウマ級の怖さだ。





よくさ、女の子が男の子の耳掻きしてあげるとか言うじゃん?

そんなのしてもらったことないから、果たして世間じゃ「それ」が本当に行われてるかどうかも定かじゃないんだけどさ。

あれって、みんなしてるの?世の愛し合う男女はホントにしてるの??



そして、やってるという前提で女子に聞きたいんだが、それいつから出来るようになるのさ?

タイミングがわからん。




「料理」もそれに近いんだけどさ、いつの間にか女の子って料理出来るようになってるでしょ?

幼馴染の女の友達の家(まぁ直樹の家でもあるんだが。わかるね?笑)とか行って、夕飯ご馳走になったりするとさ、

未だに「おお、普通に夕飯!!」って思うんだよ。

子供の頃友達の家に行って、そいつの母ちゃんが作ってくれるやつと一緒!って。



料理に関してはね、わからなくもない。

おそらく年頃になれば母親が娘に手伝いさせがてら、我が家秘伝のレシピなんかを教えてるに違いない。



じゃあ耳掻きはどうだ!?

「あなたもそろそろ年頃なんだから、耳掻きくらい覚えないとね。

 お父さん!お父さ~~ん!!ちょっとこの子に耳掻き教えるから悪いけど耳貸して~。」


聞いたことねえ。そんな団欒の会話、生まれてこの方聞いたことねえ。

どうなのその辺??ナニきっかけで女子は耳掻きできるようになるわけ?






それからさぁ、これはオトコもなんだけど、例えば「胃が痛い」。

俺、メンタル面弱いからさぁ、よく4Tの初期の方はライブ前すげえ胃が痛かったりしたの。

あと最近じゃ、この間ここに書いた合コンの前とか。

基本的にさ、「大丈夫か?俺で大丈夫なのか?準備は万端ではないんじゃないか?」ってときに痛くなる。

ライブの前に「準備万端でない」のがいかがなものかはさておいて笑、そういう機会が多いんだ。





ただね、これが本当に「胃が痛い」ってのかどうか怪しいもんだ、と常々思っているのだよ。

だいたい十代の頃に、今までの情報と経験から「プレッシャーがかかってるときに痛くなるここは、どうやら胃であるらしい」と認識したわけだけど、

「これ」が「胃」であるかどうかはわかんなくねえか?

腕が痛いのは、わかる。目に見えてる部分だから間違いない。

「胃」だぞ!?正確な位置なんかわからないぞ、俺!?



例えばだよ、どっかのすごい偉いお医者様が、

「実は我々が今まで痛いと思ってた部位は、すい臓であることが判明しました。」

って言われれば、「ああ、そうなんだ。そうだったんだ。」ぐらいにしか思わない。

だって正確に「胃」がどこにあって「すい臓」がどこにあるか、わかんねえもん。




みんなもたぶんあるでしょ?胃が痛いこと。

それはどこで教わったの?お父さん、もしくはお母さんが教えてくれた?

あれってなにか、確かな根拠みたいなものありきで「胃が痛い」なんでしょうか??


ねえ?どうなのさ??
見ましたか?オシムJAPANの初陣。

勝ったね。良かったね。

素人目ですが、ワールドカップは今日の布陣で行けば良かったんではないか?

なによりオシム監督、いいねえ~。

あの、人を食ったような態度。大人のオトコの余裕みたいなもんが滲み出てるよね。

俺は歴代のサッカー日本代表監督で、唯一岡田監督のみ好きな人間の部類に入るのですが、

オシム監督もなかなか良さそう。四年後は期待してもいいんじゃないかな。




と、ここまではいいんだけどさ。

気に食わないのが、「マスコミ」な。


なんでもかんでも「サプライズ」って言葉を使うなっ!!

ちょっとオシム監督がトリッキーなことしたらす~ぐ「サプライズ!」とか言いやがる!


発表分けただけじゃねえか!

彼のトリッキーでお茶目な一面出ただけじゃねえか!

だいたいよぉ~、選ばれたの全員「Jリーガー」じゃねえかっ!!

あの程度で「サプライズ」扱いするな!!

俺だったらさぁ~、俺が考える「サプライズ」だったらさぁ~、このくらいはやってやるけどね!!


ホワンホワンホワ~ン・・・




「ええ~、本日づけで日本代表に召集された選手を発表します。

まず、長澤典明。FOURTOMORROW。二十六歳。

続きまして、イリオモテヤマネコ。天然記念物。三歳。

最後に、水戸納豆。熟成一年。以上です。」




~八月九日、日本対トリニダード・トバゴ戦~




「さあ松木さん、前半2-0で折り返した日本代表なんですが、

 ここでオシム監督、さっそく三人をメンバーチェンジしてきましたね~!」

「そうですね。ディフェンダー中心に変えてきたんですが、まず駒野に変えてイリオモテヤマネコ、

闘莉王に変えて水戸納豆、そして前線我那覇に変えて長澤ということになりました。」

「これはどういうことなんでしょう?」

「そうですね~。まずオシムジャパン初陣ということですから、いろんなパターンを試したい、ということではないでしょうか。」

「さあさっそくチャンスですよ。左サイドサントス!あげられるか!?

 いいボールあがった!!そこに、田中達也が走りこんで!

 ゴーーーール!!ゴーーーール!!日本追加点ですっ!!松木さん、いかがですか今のゴール!?」

「そうですね~、田中達也も非常に良かったんですが、注目したいのはその前ですね!

 右からサントスへサイドチェンジしてるんですが、同時に長澤がリズムチェンジしてるんですね!

 リプレイ出ますか?ここです!ボールが左サイドに行ったときにリズムが8から16になってますね!

 完全に相手のディフェンスラインが崩れてますからね!さっそく長澤が機能してますね!

 それからサントス、彼は元々ブラジル出身ですからこのリズムチェンジは馴染みないはずなんですが、

 いやぁ~よくあわせました!!」

「松木さん!?」

「はい、ピッチの堀池さん?」

「堀池です!日本ベンチなんですが、どうやらサントス、代表収集が決まってからオシム監督の指示で

 FOURTOMORROWの音源を聴き続けていたようですね!」

「ああ~そうですか!!確かにあのトリッキーなリズムチェンジにあわせたわけですから、

 ましてやブラジル出身の彼ですから、そのぐらいはしていて当然ですね!!」

「あ、松木さん!危ないですよ!カウンターですね!この得点したあとの時間帯、危ないですね!」

「見てください、相手選手。イリオモテヤマネコのゾーンで完全にとめられてますね!」

「松木さん、これは?」

「そうですね、やはり天然記念物ですから!もちろんトリニダード・トバゴでは関係ないんですが、

 やはり下手に当たると国際問題に発展しかねませんよね?その辺りを考慮しての代表召集、

 やはり、さすがオシム、と言ったところでしょうか!?」

「松木さん!?」

「はい、ピッチの堀池さん!?」

「トリニダード・トバゴのレオン選手なんですが、日本代表のイリオモテヤマネコ、

 どうやら母国で飼っている愛猫にそっくりのようです!」

「そうですか!これは嬉しい誤算ですね!確かにレオン選手、さっきからあまり動きが良くないですからね!

 それからこれは確認したわけではないんですが、ことわざに、猫の手も借りたい、というのがありますね?」

「そうですね~。それはイリオモテヤマネコ、というところになにか関係あるんでしょうか?」

「後半に入っても日本代表、動きがいいですね。これは選手がオシム監督からのメッセージ、

 今の状況が、猫の手も借りたいほどギリギリだ、というのをきちんと理解しているんですね!」

「なるほど!これがオシム監督の言う、考えるサッカーであると!?そういうことですか!?」

「おそらくそういうことになりますね!」

「それからちょっと気になっているんですが、後半日本は中央突破をほとんど許してませんね?」

「これは間違いなく水戸納豆が機能していますね。やはり日本人以外ではなかなか納豆の臭いは馴染みがないですからねぇ~!」

「確かにそうかもしれませんね!心なしか後半、相手は水を飲むシーンが増えてますからね!」

「初めての納豆、どうしていいかわからないと思いますよ!?

 とりあえず水を飲んでごまかしてはいますけどね、逆に飲みすぎは動きを鈍くしますから!」

「松木さん!?」

「はい、ピッチの堀池さん!?」

「日本ベンチなんですが、どうやら水戸納豆、遺伝子組み換えではない大豆が使われているようですね!」

「そうですか!それは前線の選手にとっても、最終ラインが遺伝子組み換えではない、ということで、

 かなり安心してプレー出来る、ということになりますね!!」









まぁざっとこんな感じ?

現在かなり酔っ払っているのでえらい長い文章になってしまったのですが、

それを考慮しても、



完璧じゃねえ?俺のプラン??


これはひょっとすると、いや、ひょっとしなくても、


リアルに四年後、



「長澤JAPAN」って、有り得るんじゃねえか!?





俺はここでも公言しているとおり、現在お付き合いしている女性はいません。


だからこんなことを言うと、「またまた~!」とか言われそうでヤなんですが、

ここ十年くらい、彼女欲しいと思ったことはありません。ホントだぜ。

というか、逆に今現在彼女や彼氏がいない人に問いたい。

欲しい? ねえ? 本音言ってみ?笑



いや別にそっち側の人なわけではないよ。こうみえても今まで何人かの女性とは付き合ったことあるし。

俺が言いたいのは、「あぁーー、彼女欲しーーーい!!」とか言ってる人ね。

それはあれ?具体的なビジョンはあるわけ?

「○○と付き合いて~!」  これはわかる。

よくさ、クリスマスとかになって街歩いてるカップル見てさ、

「チクショー、俺も女の子と街歩きて~!夜景見に行きて~!」なんてこと言うやついるじゃない。



よく考えろって。冷静になれって。

あいつらはあいつらで面倒くさいんだから!

プレゼント何買おうか考えて、どこ行くか考えて、当日は当日でわざわざ人集まる場所行って。

そこで喧嘩なんかしようもんなら最悪だぜ~!笑


イベントもそうだけど、普段だってそういうことたくさんあるぜ。

付き合ってない側からみるといいとこばっか見えるけどさ、向こうも向こうで大変なんだよ。

あんま言うとすごいひねくれ者か、もしくは今までよっぽど酷かったんだろうなとか思われそうなんで笑ここらへんにしとくけどさ、

つまり俺、彼女がいないこと全然苦痛だと思わない人なの。






FOURTOMORROW。俺が所属するバンドな。

今現在さ、彼女いないの俺だけ。だからなんだと言われればその通り。

とりたてて騒ぐようなことじゃないわな。

しかしだねぇ、すげえ言われようなんだよっ!!俺!!



スタジオなんかでさ、休憩中に雑談してるでしょ?

俺が言うわけだ。「今日映画観てきたんだけどさぁ~。」

あいつらそんなときなんて言うと思う??


「え!?長澤君彼女いないくせになんで映画観に行ったの?」


関係ねえよ!!彼女の有無と映画観るのは関係ねえよ!!



どっか入ってさ、俺一人だけ飲み物違ったりしてみ?

鬼の首取ったかの勢いで、

「ああああーーー!そうだよね!長澤君彼女いないもんねぇぇぇーー!!」

どんな理屈だよっ!!ここがアメリカならすでに告訴してるよ!


だから彼女は別に欲しくないんだって、って反論しようもんなら、

「やっぱ彼女いないやつはおかしなこと言うなぁ!」とか言うんだぜ!




こないだの土曜もさ~、午後三時頃山岡氏から電話あってさ~。

ちょうど仕事中でトラックの助手席に乗ってたんだけどね。

「長澤君?何やってんの?」

「え?仕事だけど?」

「え?なにやってんのよこんな大事な日に。」

一瞬、しまった!と思ったの。なんかバンドの用事忘れてるのか!?って。

でも考えてもないんだよ、思い当たる用事。スタジオはそんな時間に入るわけねえし。

「なんだっけ?今日なんかあったっけ?」

「ええー!花火花火!!花火に決まってんじゃん!!」

そういやこの間のスタジオでそんなこと言ってたな。

「いや今仕事だからさ。」

「え?こないの?花火なのに??」

ちょっと話してたらさ、テンションがおかしいのよ、彼。

「酒呑んでんの?」

「当たり前じゃ~ん!今場所取りに彼女と一緒に向かってんだよ!」

そういえばミッチーも彼女と行くって言ってたな。

「ミッチーと連絡とった?」

「後でとるよ!あぁー!そっか!長澤君、彼女いないんだっけ!?

それじゃあ来ないよね~、ハハハ!」





やっぱ彼女っていないとダメなのか!?

そうなのか!!??

おいっ!!






この「日々徒然」というスタイルの日記を始めてからどのくらいたつかな。

引越をすること数回。たぶん三年か四年くらいにはなるかな?


最近ではライブで知らない人に「徒然読んでます!」って言われることがある。

正直「ライブかっこよかったです!」って言われるよりも全然恥ずかしい。

だいたい日記なんてものは(他はどうかは知らないけど)夜に悶々としながら記すもので、

HPに載せるとは知りつつも誰かが読んでるなんて想像して書いてないからね。

だからいきなり俺の徒然の内容の話しなんかされると、どうも俺が一人で部屋にいるとこ覗かれてるみたいで。



そういうリスク(ってほどのものではないけど)を背負っても続いてるのは、

もともと俺が文章を書くのが好きだったんだろうな。今まで知らなかったけど。



それからこれを始めてから、ちょっと寛容になった。

たいしたことでは怒らなくなった。というか、たいしたことほど怒らなくなった。

すげえむかつくことがあってもさ、「あ、これネタになる!」って頭の中で電球が光るのよ。

例えば仕事でむかつく客がいてもね、電球が光った瞬間から頭で文章作り始めちゃうわけ。

むかつけばむかつくほど「チクショウこの野郎、どう料理してやろうか?」ってなるんだよ。



つまりさぁ、この徒然ってやつ、俺にとっては少なくともいいほうには機能しているんだろうなぁ、と。


で、じゃあ、具体的にはどういう風に機能したか?

ざっと挙げてみようじゃないか。





・ストレスが減った・自分の「文章を書くのが好きだ」という一面に気付いた
・仕事が少し好きになった・ひとつ「上野」オトコになった
・「ちょい悪」って結局悪なの?そうじゃないの?と思うようになった
・枕の臭いに「お、親父?」と思うようになった・いまさらイナバウアーが出来るようになった
・ゴーヤチャンプルが上手いと思えるようになった・「ミディペットって定着しないなぁ」と思った
・「ねぇ、子供ってどうして生まれるの?」と親父に問い、この歳で新しい反抗期のあり方を発見した
・高校球児がいまだに年上に見えた・俺達の夏が終った
・歯を磨いた後にチョコレートを食べて激しく後悔した・夜のトバリが優しく俺を包んだ
・いい女とすれ違うとき、上手に口笛が吹けるようになった・冥土のみやげに聞かせてもらった
・ドラゴンボールで一番強いのって誰だ?と丸二日考え込んだ
・「いや、もともとそんなに好きじゃないから」と、強がった・他人がみたらひくくらい甘えた
・「こんなときキムタクなら」とアイドルの側に立って考えるようになった
・モーニング娘。の歴代メンバーがソラで言えるようになった
・あれだけうなされたのに、さっき見た夢がどうしても思い出せなくなった
・苦渋の決断を、せまられた・人妻に、せまられた・お小遣いを、せがまれた・ベネズエラ出身、ランダエタ
・「サプライズ」という言葉を多用するようになった・自分のボクシングができた
・世界チャンピオンになった・親父のボクシングが世界に通用することを証明できた
・ツーアウトからバントを選んだ・すぐに「あ、意味ねえ!」と気付いた・スタメン落ちした
・愛のままにわがままに、僕は君だけを傷つけた・愛を語るより、口づけを交わした
・突然金まわりが良くなった・彼女いない歴26年の僕が、突然モテモテになった
・寝てるだけで偏差値が70を越えた・身長がみるみる伸びた・野比、のび太
・ド~ラ~えもん、「のび太と鉄人兵団」!!(大山のぶ代で)
・こんなことに一時間も費やしてるのが、馬鹿馬鹿しく思えてきた・いい加減飽きた

着ウタ。携帯のね。




俺はね、電話掛かってきたらくるりの「リバー」、

メールきたらエレカシの「悲しみの果て」だったんですよ。




そーなんだよ。何人かは気付くと思うんだけどさ。

「aikoじゃねえの?お前は??」って。




ないんだよ!aikoの着ウタないんだよ!!

いや、「なかった」んだよ(ニヤリ)。




ホントたまたま着ウタのサイト見てたらさ、あんの!!

七曲くらいあんの!!テンションあがった~笑

ソッコウで登録してダウンロードしました。

だから今いろんなやつから電話きたりメールきたりすると、俺の携帯の中のaikoが歌うんだけどさ。


ちょっとして気付いたんだけどさ、俺の携帯、全然鳴らねえじゃねえかっ!!!



エヴァ?エヴァンゲリオン第何話目??

こんなに一日って誰からも連絡なく過ぎてくんだっけ?


せっかくいろんな曲聴けるように珍しく携帯いじりまくって設定したのに、全然テトラポット登らないんですけど。

夏の星座にぶら下がんないんですけど。


つーことで、みんな用事なくてもジャンジャン連絡ください笑





それでね、唯一俺の携帯でaikoじゃない着信音があるんですよ。



LINKの「ロマンチックサマー」。



いやぁ、名曲。

ちょっと前にライブ見に行ったときに聴いてから頭から離れなかったんで、

うっかりダウンロードしちゃいました。

変えたばっかりだったのでこれだけはそのままにしときました。

それにしてもこの曲、最近なんか聴く機会が多い。


今日なんか松屋で焼肉定食食ってたら店内のBGMで流れてて、ちょっとウケた。

「松屋でLINKって!!」って笑




で、そのLINKの柳井君の日記を読んだんだけどね。

こんなこと言ってんですよ。


「世間の夏はロマンチックだけど、俺の夏はロマンチックじゃねえなぁ。毎年。」



ええぇぇーーー!!!

言いだしっぺじゃん!あなた言いだしっぺじゃん!!

俺が言うならわかるぜ!?

「俺の夏は全然ロマンチックじゃねえや。」って。


彼は自分で言い出したんだぜ?松屋でも言ってんだぜ?

さらに言うならこの間行ったシダックス(カラオケ屋ね)の入り口の、

大型の画面から流れてたプロモでも言ってたぜ?



「ロマンチックサマー スピードあげて」って!



あがってねえじゃん!スピードあがってねえじゃん!

しかも「毎年」って!今年のみならず今までもずっとかよ!笑



おいおい、嘘でもいいから「いやぁ~、やっぱり夏はロマンチック!」って言わねえと!!





ちょうど二週間後くらいに柳井君と遊ぶんだけどさ。

しょうがねえなぁ、俺がやるしかねえな。


どこまで出来るかはわかんないけどね、めちゃ「ロマンチック」にしてきますわ。

LINKのギターヴォーカルを。






みんなビビんなよ?次柳井君に会ったら、



背景に☆飛んでるから!




ん?俺「ロマンチック」間違えてる?

ついに親父が退院しました。

とりあえず良かった。

つーか、入院してるときから病人オーラゼロだったんで正直退院もクソもないんだけどね。



で、退院するのに俺が迎えに行くことになってね、休みとったんですよ、今日。

午前中に来いって言われてたんだけどね。



で、今日。

九時半頃に親父の電話で起こされました。

「どのくらいに来る?」

どのくらいってお前昨日午前中って言ったじゃねえかよ。

「もうすぐ出るよ。」

ぶっちゃけまだ寝てたんだけど、なんか急げみたいな空気だったんで起きることにしました。


眠い目をこすりながら用意を始めると再び電話。

「あのさぁ、なんか次の患者さんがいるからベッド空けなきゃいけないらしくてさ、強引に追い出された。」

えぇー!!なにそれ?病院ってそんなもんなの!?

んで、親父は近くの喫茶店にいるから、との事。

それじゃあってことでちょっと急いで用意する俺。

ところが五分後くらいに再び電話。



「あのさぁ、タクシーで帰るから迎えいいや。」




つーかよぉ、じゃあ最初からそうしろやっ!!!




今日本屋でたまたま地元の友達に会いました。




二人いたんだけど、二人ともバスケ部で一緒で中学の三年間はそれこそ毎日一緒にいたんじゃねえかっつうくらいの仲。


中学時代は彼等を含めて五人くらいでくだらないことを極めよう!みたいな生活してました。



女子テニス部の部室からボールをパクってきて、下駄箱の前のブロックの床はがしてそこに埋めたり、

じゃんけんで負けたやつが好きな女の子に告ったり、(これは高校でもやったな)、

道路に座って通るやつに勝手にあだ名をつけたり。

いかに毎日を盛り上げるか、をひたすら考えていたわけですよ若かりし日の僕等は。



高校に入って、卒業してもちょこちょこ遊んでいてね。

その頃はボーリングだったり卓球をして負けたやつが罰ゲームをするってのが流行ってね。


ファミレスいって注文したスパゲティーにタバスコ一本全部かけて食ったり、

缶ジュース十本一気に飲んだり(ちなみに飲んだやつはソッコウで嘔吐笑)、

近くの沼に入ったり、ワキゲ剃ったり。


くだらないことこそやってる当人達は燃えるもんでしょ!?





そんなゴキゲンな仲間が言うわけですよ。

「そろそろイベントしません?」って。

なにをするのか訊ねてみたらさ、

「浦和(俺等の住んでる街ね)使ってドロケイやろうぜ!」ですって!!





うおぉぉぉーーー、超楽しみ!!!!!




そんなにも素晴らしい体験を終えて帰ってきた翌日。

久しぶりにワイドショーなんか見たよ。



せっかくフジロックから帰ってきたばっかりだったから、ワイドショーなんて見るんじゃなかった。





わかるよな?

ここ読んでるやつならもうわかるよな??









あのなぁ、人と公の場で会うときになぁ、






ハンバーガー食いながら来るんじゃねえぇぇぇ!!!!!!








恐ろしいぞ。

そのあとのスタジオの、元アスリートだかなんだか知らねえけど女性のコメント。


「世界戦という大舞台を控えていつもと同じような態度でいられるというのはすごいことですね!」





俺、こんなにも「ベネズエラ」を応援するの、人生で、初だ!!