FC2ブログ
何日か前の仕事でね。

あ、今更ですけど久しぶりなんで説明しとくと、俺、引越し屋なんですけどね。


その日のお客がね。おっさんだったんですけど。

見た目50歳から60歳くらいの間かな、って感じの。



このおっさんがさ。

すげえよく喋るんですよ。


いやね、俺も人一倍喋るタイプの人間なんで、気持ちはわかるんですけど。

ただね、俺が荷物を運ぶのを止めてまでする話かい?っていうの連発で。

お客様だし、「ちょっと仕事の邪魔なんで」とはまさか言えず、

いちいち話し掛けられる度にあいづち打ってたんですけどね。



で、彼が言うには。

もうすぐ娘と妹が来る、と。


経験上ね。たぶんチャンスのやつ。

俺が困ってるの見かねて「ほら、引越し屋さんの仕事の邪魔しないの!」

って助け舟出してくれるやつ。

頼む、早く来てください!って切に願ってたんですけどね。



ほどなくして2人が到着して。

お客のおっさんと同じくらいの歳のおばさんと、

二十代、場合によっては俺と同じくらいもあり得なくはないお嬢さん。



助かった、ってのもあるけどね。

あの無駄話から解放される安堵感はもちろんそうなんですけどね。

なんていうかその、お嬢さんがけっこう可愛くて。

ちょっとテンション上がるわけですよ。


もちろん仕事中だから、可愛い子が居たからってどうするわけでもないし、

むしろ俺なんてオフのときですら可愛い子居ても何も出来ないわけでね。

それでもまあ、男のサガとして。

いつも以上に頑張っちゃおうかなとは思ったんですけど。



で、まあ俺はバンバン荷物を運ぶわけなんですが。

当然、そのお嬢さんと事務的な話で会話する機会も出来るよね。

これは持っていきますか?とか、さ。




もうね、けっこう早い段階で。

こいつ、すげえ性格悪いぞ、と。



まずね、物凄い上から目線で話を進めてくるし、その言い方もトゲがあってさ。

事前にさ、おっさんの方から持ってくものとそうでないものは聞いてたんですけどね。


持ってくもの運ぼうとしたらさ、

「え!?それ持ってくんですか!?汚いんで引き取ってもらっていいんですけど」

とか言うんだよ!!

まずさ、汚いのはおまえらのせいであって俺に言われても知らねえし、

なおかつ、引き取ってもらって「いい」って!!

いらねえわ!!俺は全然欲しくねえわ!!

つうかこのご時世、むしろ逆に金がかかるわ!!



おばさんの方がね、俺に聞いてきて。

カーペットは丸めた方がいいですか、それとも畳んだ方がいいですか?って。

積みやすいんで、畳んでもらえるとありがたいです、って答えたんですけど。


そしたらさ、横から娘が口出してきて。

カーペットね、ずれないように虫ピンみたいのがたくさん刺してあったんですけど。

「おばさんが手に刺すと危ないから外してもらっていいですか?」だって。


なに?じゃあ、あれかい?

おたくは俺の事、ターミネーターか何かだと?

俺の皮膚、鉄製だと思ってるわけ?

おたくの叔母様と俺の皮膚、素材が違うと思ってるわけ??



もうね、終始この調子で。

一緒に来てた同僚。

直接やりとりしてないのに、俺とそいつのやりとりでムカついたみたいで。

途中から全然家の中に入って来なくなったくらいですからね。




でね。

うちで処分品として引き取らなきゃいけないエアコンがありまして。

普通のじゃなく、窓につけるタイプの小型のやつ。

もちろん取り外しもうちでやる事になってたんですけど。


普通のエアコンであれば、専門の人が来るんですけどね。

窓用のやつなんて素人でも外せますから。まあ、俺が外す事になったんですけど。


ところがね、このエアコン。

もう30年くらい前の品らしく。今のとはちょっと取り付け方が違うんですよ。

それでもまあ、外さなきゃ仕方ないんでどうなってるか確認してたんですけどね。


ちょっと苦戦してる俺を見て。

おっさんが、どれどれ、なんつって俺の方に来かけたんですけど。

娘が言うんですわ、「危ないからお父さんはやめて!」って。


あのね、お客さんの家、6階でね。

エアコンの付いてる窓、開けたらそのまま外なんですよ。

外側も確認してる俺は、つまり半身を6階の高さに投げ出してるわけ。

それを見てさ、危ないからお父さんはやめて、と。



いやまあ、そりゃ確かに落ちたら下手したら死ぬけどね。

俺だってさ、こんなとこで命かけるつもりはサラサラないわけですよ。

完全なる安全な範囲でやってるわけでね。

おっさんも当然わかっていて手伝おうと思ったわけで、

それをさも「野蛮人の仕事だから!」みたいに言われても。

もうカチンとは来てたけどね、そこはやっぱり仕事なんで。

大丈夫です、一人でやりますよって笑顔で答えたんですけど。




で、さて、どうしようかなんてエアコンとにらめっこしてたらさ。

おもむろに、娘が俺に近づいてきて。

「危ないからやめてもらえますか?」って。



バカ?バカなの、ねえ?


いやいや、やめていいなら全然やめるんですけど。

おたくらがいいって言うなら、今すぐにでもやめたいんですけど。

なんなら荷物運ぶのすらやめて、こんなクソ寒い日本からさよならして、

グアムにバカンスにでも行きたいんですけど。



ホントね、頭からマーボーラーメンぶっかけてやりたい気持ちを堪えて。

いや、大丈夫です、ここに足掛けてるから落ちる事はないですからって説明して。


こいつ、もうバカだからさ。説明しても全然聞かねえの。

しかもね、あろうことか、タメ語ですよ。

ついにタメ語使ってきやがって。



俺の作業着の腰の辺りの裾を掴んでさ、離さないんですよ。

そんでもって、

「ねえ、ダメ。危ないからやめて。お願い!ね!?」って。


だから、やめろって言われてもこっちもやめるわけにいかねえっつーの。

で、食い下がって半身を外に出しながら作業続ける俺に。

「お願いお願い、一回だけこっち来て。お願いだから一回だけ降りてきて?」って。


もうね、あんまりしつこいもんだから。

降りてやったんですよ、乗り出してた窓から部屋の方に。

こいつら、親子揃ってどんだけ仕事の邪魔すんだよ!!


で、俺が部屋に入ったのと同時に裾を離して。

空いてた窓を閉めながら言うんですよ。

まるで、イタズラ猫のように。




「はい、もうダメ〜!おわり〜!!」





つうか。






可愛いんですけどッ!!

可愛い過ぎるんですけどッ!!

あと、顔が可愛いんですけどッ!!



ていうか、好きなんですけどッ!!





なんだよそのギャップ!!落差あり過ぎるでしょ!!

その落差で来られるなら、6階とか全然余裕ですから!!


嘘みたいだけど、本当にこのノリでしたから。

最恐のツンからの、三ツ星レストランのスイーツばりの、デレ。

マジでね、「彼女?あれ、俺の彼女だっけ!?」って錯覚しましたから。




しかし、余計なお世話だけどさあ。

しかも、人の事言えたもんじゃないけどさあ。

あれは彼氏出来ねえわ。

あんなに性格キツかったらまず男の方が無理だろうし。


よしんば、恋をしたとして。

あのデレの部分が出れば、まあ付き合う事にはなるかもしれないけどさ。

そのうち出てきちゃいますからね、あの最恐のやつが。

別れるよなあ。まあ、99パーセントの男が別れるよなあ。

顔が多少良くても、あれじゃあ大変だろうなあ。


可能性があるとしたら。

先にツンの方知ってたら、上手くいくかもしれないね。

嫌な部分先に見てたら、後は良くなってくしかないからね。



ちょうど、そういう男、一人知ってんだけどなあ。

(鼻の下を人差し指で擦りながら、上目遣いで)

スポンサーサイト



一個前のリーダーの日記。

やっぱね、グッとくるものがある。

あの写真を見るとね。



初めての海外ツアーだった事もあるけど、それを差し引いても思い出深い10日弱だったわけでね。

あのツアーについて来てくれた何人かは仲間だと思ってるし、

向こうで俺達の面倒を見てくれたクリスとたっちゃんはソウルメイトと言っても過言ではない。


細かい出来事は昔ここに書いたので遡ってもらうとして。

とにかくあのツアーは俺にとって、人生でベスト10に入る思い出なわけよ。

だから、ソウルメイトであるクリスの作ったあの写真のコラージュは。

あのときの楽しい様々な事を思い出すと同時に、彼の愛を感じて、グッときてしまうんだよね。





まあ、だからさ。気持ちは全然わかるわけ。

みんなが、あの日記の事を褒めるのは。

「感動しました!」とか「泣ける」とか「いい話ですね!」とかさ。

いや、実際のところ俺自身が感動しちゃってるわけだから。全然その通りなんだけど。



ただね。いや、これは個人的な話よ?

俺もさ、一応ここでブログやってるわけじゃない?


並ぶよね。まあ、並んじゃうよね。

リーダーが書いたクリスの感動するやつと、俺の書いた夜空ノムコウ。



リーダーのとこに、仲間の作った愛の溢れるお便りが届いてるときにさ、

俺には頼んでもいない旨塩キャベツが届いてるわけ。


なんというか、ヒシヒシと感じちゃうのよね。

「やっぱ山岡さんはいいよなあ。素敵な文章書くよなあ」みたいな空気。




いやいや!!いやいやいや!!

お前ら、マジで言ってんの!?


キャラだから!そういうキャラだから!!

同じとこでね、複数の人間がブログ書いてるのにキャラ被ってどーすんのよ!!


あのさ、例えば。

スイカに砂糖かけて食うやついないでしょ。

甘いの食べたいんだからさ、スイカなんて。

砂糖かけちゃえばいいじゃん?甘さ倍増じゃん??


逆、逆。出来る大人は逆だから。

甘いスイカに、あえてしょっぱい塩を足す事でさ。

甘さを引き立てちゃうわけよ。

俺という塩がさ。山岡というスイカの甘さを引き立てちゃうわけ。

これ、俺達バンドマンの業界でなんて言うか知ってる?



グルーヴ。

もうね、最後のとこ完全に下唇噛んじゃう方のやつ。

生まれちゃう、とか言う方の、仲間でしか醸し出せないやつ。


あるからね。俺達、腕あるから。

別に会議とかしたわけじゃなく、お互いがアイコンタクトで勝手にやっちゃってるやつね。



知らないよ?本人から聞いた事はないよ?

でもね、たぶんあると思うんだわ、リーダーも。

頼んでもない「ライオンハート」と言う名の酒のボトルが運ばれてきたり、

会いたくて震えたり、「ちょっとくらいの汚れ物?食べてやるよ!」って言ったエピソード。


もちろん書こうと思えば書けるわけ。面白エピソードとして更新出来るわけ。

でも書かないよね、やっぱ。それは俺の仕事だから。


この時点で、1200グルーヴくらい出てるからね。

スラムダンクの最終回で、桜木と流川がタッチしたとこが1310グルーヴだから、

だいたい同じくらい出しちゃってんだよね、俺達。



そう考えるとね。

ちょっと待て!なんて大人気なく憤ってみたりもしたけど。

ここを読んでるグルーヴ素人の皆さんがそういうとこに気付かずに、

「山岡さん、すげえなあ」とか言うのもしょうがない話でね。

今後ともひとつ、2人揃ってご贔屓願います、ってなもんなんですけど。




とはいえ。

やはりこのままでは、自分のプライドが傷付けられたままなのも事実。

「山岡さんの文章には、人を感動させる何かがある」みたいな風潮ね。

確かにそれは間違ってはいないけど。


その中で軽んじて見られてる俺、超隠してるからね。

俺と言う名の鷹、爪隠しまくってるからね。


今日はね、ホント特別に。その隠してる爪、見せちゃうよね。

本気出したら、ここ読んでる人を泣かすくらいの文章書くのは容易なとこ、

見せつけちゃうよね。








犬。

犬が居てね。けっこう大型の。

あ、外国の話なんだけど。まあ、たぶん欧米の方の。


で、その犬は少年に飼われてたんだけどね。

まあ、超仲いいんだわ、その犬と小僧が。

で、色々楽しい思い出とかいっぱい作るんだけどさ。



最後。



教会で死ぬんだよねえ。どっちも。

なんか、たぶん寒すぎて。




あ、あれだ!!

そうだそうだ!!


死ぬときに天使だ!!死ぬときに天使が来たりしたの!!

なんか裸のやつが、数匹!!









隠してた爪は全部出したけどね。

そう言えば、昨日けっこう深爪してたんだった。

「それならカセットにしよう!CDよりも絶対カセットがCOOL!!!」

クリスからそんな内容のメールを受け取ったのは
僕たちがアメリカに出発するもう1ヶ月前だった。

2011年の8月に僕たちはアメリカでライブをしようとしていて、
「来ないかい?」
と声をかけてくれたのはクリスだった。
細かいブッキングをしてくれたのはボブ(SHINOBUのベース)だった。

せっかく行くなら何か音源を持っていきたい。
アメリカはレコードのプレスが安いし、できればレコードをプレスしてそれを売りたい。

そんなことを思いながら僕たちはアメリカに行くためにいろいろと準備をしていた。
でも2011年はとてもたくさんの出来事があったので、結果としてレコードは間に合わなかった。

いろいろ手を尽くしてくれたBOBから
「残念だけどとても間に合わないよ」
というメールが来たときは少しへこんだ。

でもせっかく海を越えて遠い外国に行くんだから何か、新しい何かを作りたいなぁ
と思って、クリスにメールをした。
「今回のツアー用のCDEPみたいなの作ろうかな」

それに対する回答が、冒頭のコトバだった。

カセットは好きだ。
デモ音源をCDRで販売しているのが、すでに当たり前だった時に
僕たちが世に出した初めての音はカセットだったし、
その後にFIFTH WHEELを誘って一緒につくったSPLITもカセットだった。

でもまさかそれから10年が経ってカセットを出すなんて。
そんなことを思いながら、でもひさびさのカセットにわくわくもした。

僕たちは急いで過去に録音した音から何曲かを選んで、
アメリカにも同行してくれることになっていたスーパーエンジニア
「タイゾー”ジーザス”ハヤマ」にミックスをしてもらい、
いつも通りわれらのデザイン部長に描きおろしのジャケットのイラストをお願いして、
ぶっきらぼうだけど間違いない仕事の頼れるCEOサバービアアキラにそれらをデザインしてもらい
まとめてクリスに送った。

そしてカセットができた。
アメリカでクリスと空港で再会したときに、横にいたたっちゃんが
スケボーに段ボールを乗っけて持ってきてくれたのがそのカセットだ。

その場で全員で見て
「やべー!あがるー!」
なんて、バンドマンなら皆がやる最高の瞬間を味わった。

多分そのカセットを100本か150本か200本か、忘れたけど作った。

僕たちは4本のライブで、幸運にもそれを結構な本数売り
最後の夜にホテルでたくさんのビールを飲みながら、ツアーの思い出話をしながら
残りのカセットを分けた。

多分僕たちFOUR TOMORROWとクリスがそれぞれ10本とか15本とか
それくらいずつの取り分だったと思う。

その夜同じ部屋になったクリスと、寝る前に話をした。
(カセットは突貫で作ったので歌詞カードがなかった)

クリスは言った。

FOUR TOMORROWは歌詞が良いから、ぜひ歌詞カードをつけてから、いろいろなディストロに送りたい。
雑誌やレーベルにも送りたい。
それで、歌詞カードは”手書き”が良いと思うんだ。
僕は山岡の手書きの文字が好きだから、帰国してからそれを作って送ってくれないか??

僕はそれがとてもうれしかったし、何より手書きの歌詞カードやフライヤーが好きなので
「もちろんさ、絶対に送るよ」
と約束した。

帰国して僕たちFOUR TOMORROWは残りのカセットを日本のライブの時に販売した。
事前の告知もあって、確か1-2回のライブですぐに売り切れた。

クリスとはその後メールのやり取りを続けた。
でもお互いにプライベートが忙しくなって、その間隔は少しずつ長くなっていった。

僕はもちろん、クリスとの約束を覚えていたし、そのためにわら半紙を購入したけど
なかなか手書きで歌詞を書くまでいかなかった。
クリスも学校が忙しくなってメールの返信がとても遅くなった。

そして、僕に子供ができた。
僕はひさしぶりのメールでそれをクリスに知らせ、彼からとてもうれしいメールが届いた。
そして歌詞カードの話はもう書かれなくなった。


でもつい先日、クリスからメールが届いた。
いつもみたいに悪ふざけの口調で僕の息子のことを聞いてくれる。
「息子は元気?早く会いに行きたいなぁ。」

そしてその後、歌詞カードの話があった。
「そろそろディストロに送ったり、レーベルに送るから歌詞カード作ったよ!どうだろう!?」
って。

メールには歌詞カードと、その裏のデザインとして写真のコラージュができてた。
僕はそれを見て、泣きそうになってしまった。
こんな気持ちをどんなコトバで表現すれば良いんだろう。

カセットは15本くらいしかないはず。
クリスは家でどんな顔して、これを創ってくれたんだろう。


僕たちは彼の招待でツアーができて本当に幸せだ。




four_tomorrow_collage3.jpg


先日ね。

石川在住の堀井君(ライムデイズアウェイ)が遊びに来まして。

幸子ちゃん(カイザーソゼ)と三人で飲みに言ったんですよ。

某チェーン店の、何回も笑う系の居酒屋。



2人はね、先に店に入ってて。俺が後から合流したんですけどね。

とりあえずまあ、合流したから飲み物を頼みますよね。

注文を取りに来た店員。

見たところ、20代半ばってとこでしょうか。

ちょい地味めな印象の彼。

明らかにさ。注文を取ってる様子がね、挙動不審なんですよ。

こっちの話を聞いてんだか聞いてないんだかみたいなノリで。

お前、大丈夫か?って会って数分で思っちゃうくらいのレベル。


案の定、注文したものが全然来なかったりしちゃうわけ。

会って数分でわかるレベルの、ボンクラ。


まあまあそれでも「あいつ、すげえボンクラじゃね!?」なんて確認しつつ。

とりあえずは3人で楽しく飲んでたんですけどね。



何杯目かの飲み物の注文をしたときに。

当たり前のようにその店員が来たんだけどさ。

俺達がオーダーしてね、いったん厨房的なとこに引っ込んだかと思うと、

返す刀で俺達のとこに戻ってきて。

申し訳なさそうに言うわけ。



「お客様すいません。飲み放題の方がお時間ですので、ただいまの注文でラストになります。」って。



凄くね?これ、凄くね?


一言も「飲み放題で」なんて言ってないのに、勝手にドリンクのラストオーダーの時間、

という、やりたい放題ぶり。



いやいや、飲み放題にしてないんですけど、って指摘して。

ボンクラ、焦った様子で謝ってたんですけどね。





ここまで来るとさ。

最早、付き合いは長いっつっても過言ではないレベルだからね。

わかってるから。あいつの事はよくわかってるから。


一個、だからね。頭に入る情報、一個だからね。


つまり、俺達が頼んだビールとレモンサワー2杯、っていう情報はね。

「あそこのお客さんは、飲み放題ではない」っていう新しい情報で押し出されちゃってるわけ。


だからまあ、飲み物が全然来ないのにさ。

「手が空いたので、自分に出来る事やります!」的に、斜め前のテーブルを拭き掃除してるのも、

俺達にとってはそんなに不思議な事ではないんだよね。



日本にはね、義務教育って制度がありますからね。

当然、みんな知ってると思うんですよ。

作用と反作用。作用に対しては、必ず反作用があるわけで。

習ったよね?小学校で習ったよね?

やっぱさあ、当時は「こんなの、将来役に立つのかよ!」とかほざいてたけどさあ。

偉い人は、ちゃんと考えてるよね。

こういう、役に立たなそうな勉強もさ。日常生活で出てきちゃうよね。



来なかったんだもん、俺達が頼んだビールとレモンサワー。

作用には、反作用だもん。


そりゃあ、やっぱ来るよね。

俺達が頼んでない、旨塩キャベツ。





ひとしきり盛り上がって、そろそろ会もお開きの時間。

3人で、締めてお会計は役1万也。

長沢君は後から来たからちょっと少なくていいよ、なんて大人のやり取りを挟みつつ。

外に出て、「あいつ、本当にボンクラだったなあ」なんて談笑してね。


堀井君がさ、レシート見ながら笑ってんの。

後から来た俺には出されてないお通しが3人分でカウントされてて。


ボンクラクオリティー。安定の、ボンクラクオリティー。

まあまあ、言っても数百円の世界だしね。

お通しなんてものは、言ってみればサービス料みたいなもんだし。

このくらいでクレーム付けに戻るほどでもないかなって。


で、さらにレシート見ててね。

一番最後の注文がさ。「旨塩キャベツ」になってるんですよ。

頼んでねえやつ!!それ、頼んでねえやつ!!

で、俺達の口には結局入ってないのに、金だけは取られてるやつ!!


ここまで来ると、笑っちゃうよね。

もうね、何も見えてないでしょ。

思春期の恋する乙女だって、もうちょっと色々見えてるでしょ。


どうしようか、さすがにこれは店に戻った方がいいかな、って。

正直ね、酔ってるしさ。金はどうでもいいんですよ。

大した額じゃないし。

でもまあ、店の為、そして何よりあのボンクラのこれからの為にも。

間違っているものはきちんと正した方がいいんじゃないかって。

どうしようか、って話してたところで。

さらなる衝撃。




旨塩キャベツ、のひとつ上にね。

さらに俺達の頼んでない商品が記載されてたんですよね。






「夜空ノムコウB•••2500円」







どうする!?どっからツッコむ!?

ちょっと整理させてもらっていいかな!?


えーと、とりあえず、

デカいッ!!額がデカいよッ!!

うっかり間違えたレベルにしてはデカすぎるよッ!!

1万円払ったうちの2500円てッ!!

それもう、知らないうちにPerfumeにメンバー1人加入してるのと同じだからッ!!



あと、「B」ってッ!!

変えようよッ!!せめて違う名前付けてあげようよッ!!

なんで商品名がお下がりなんだよッ!!

つうか、ホイミスライムかよッ!!

呼ばれてんじゃねえよッ!!

「さまようよろいは仲間を呼んだ!夜空ノムコウBが現れた!」かよッ!!




で、

そもそも「夜空ノムコウ」ってなんだよッ!!

居酒屋で注文する「夜空ノムコウ」ってなんだよッ!!


なーーんーーだーーよーーーおぅッ!!!






さすがに。戻ったよね。

店戻ってクレーム付けたよね。

なんかちょっと偉そうな人、平謝り。


ちなみに、夜空ノムコウ。

酔いの勢いに任せて聞いたら、酒のボトルの名前でした。


何年か経ったら、この日の事思い出してさあ。

自分に問うんだろうなあ。

「あれから僕達は、何かを信じてこれたかなあ。」


って、やかましいわ。