FC2ブログ
昨日はZONE-Bでライブでした、一緒にワイワイやってくれて皆さま、ありがとうございました!どのバンドもひさしぶりにに見たのですが、とても良かったです。DSHBOARDのセンスにはやはり驚かされました、10年以上前にあんなことやっていたなんて。

そしてFOUR TOMORROWの新しいTシャルも完成しました!初めてのポケT&フルカラーで、今回はにどみちゃんがデザインしてくれました!メンバー一同とても気に入っています、機会があればぜひお願いします!

180826.jpg
自宅日陰で休憩する僕のポケTさん、他にもネイビーがあります

と、普通に終わるはずだったんですが、そういうわけにもいかない!

昨日は終電付近で地元駅へ到着、明日休みだしもう少し飲もうか、というわけで長沢/直樹メンバーと駅の居酒屋で飲み始めました。ああだこうだ、なんやかんや、と答えが出ない話をこねくり回しながら、こういう時間はやっぱりおもしろいし大切だよなぁ、と一通り話し終えて店を出たのが3時前、実家までタクシーに乗り、シャワーを浴びて、あぁ長かったけど良い1日だった、寝よう、と携帯で時間を確認したら。。。。携帯が無い!!!

すでに開場の17時から、場所を変え、飲み方を変え、アルコール度数を変えながら3時まで鯨飲しているわけで、まぁどっかあるだろう、とカバンをがさがさ、リュックをがさがさ、もらったお土産をがさがさ、するのですが、やっぱり無い!!!

僕の携帯はシンガポールで会社から支給されたものなので、会社のメールやらいろいろな情報にアクセスできてしまいます。(もちろんしっかりセキュリティーやパスコードはかけてます)。さらに来週は平日に仕事で国内の出張や海外のお客様対応などもあり携帯で連絡が取れないなんてありえない!!

恥ずかしながら携帯をなくしたのは1度や2度ではない僕なので、過去のさまざまな経験から「タクシーでは必ず降りる前に忘れ物を確認」「必要でなくてもレシートをもらう」「iPhoneを探すのアプリをインストールする」ことが大切であることをしっかり学んでいます。

でも昨日は、降りる前の忘れ物確認もしてないし!レシートももらってないし!アプリ確認するデバイスもないし!だって鯨飲して冷静じゃないし3時半だし!!!

というわけで、1分だけ冷静になろう。と考え、酔っぱらいながら自分なりに冷静になって、まずは眠ることにしました。笑
※後日談ですが、ものすごく正確に冷静に考えれば、まずは父親をたたき起こし、父親のiPhoneで自分の会社PCをテザリングしてもらい、cloud経由でApple IDを入力してiPhoneを探す、を実行するのが正解でした。


で、9時に目が覚めてすぐに重い現実に直面しました。あぁ、僕は昨日確か携帯をなくしたのだ、と。二日酔いと少しの頭痛を抱えながら、昨日よりは冷静に、まずはカバンの中身を改めて1つ1つ確認。ライブハウスから酔っぱらって帰ってきたカバン特有の紫煙の香りとくしゃくしゃのフライヤーや、汗だくのTシャツなどを整理して、結論はやっぱり無い。

次に父親に状況を話し、携帯を借りてまずは自分の番号に電話。「オカケニナッタデンワバンゴウハデンパノトドカナイトコロニイルカデンゲンガハイッテイナイタメカカリマセン」がシンガポールバージョンで流れました。そこで父親携帯でiPhoneを探すのやり方調べます。そのサイトには丁寧に画像付きでやり方が記載されていました。便利な世の中です、大方すべての知識とノウハウはGoogle先生に聞けば即座に教えてくれる。でもずーっと下まで行くと※ただし重要なことはiPhoneを探すは電源がONでないと使えません。

チーン
僕の携帯はすでに電源が切れている。。。ここで上に書いた「本当のベストな解決法」を理解した僕は、顔面蒼白になりました。「昨日iPhoneを探すをやっておけば!!!」でも後悔先に立たずで覆水盆に返らず、なのです。

これはやばい、タクシーか居酒屋かわからないけど、タクシーの場合出て来たとしても僕の1度や2度では無い経験から1週間はかかる。最悪の場合どこかで携帯をレンタルするか。いや、いっそのことこの父親のやつをこのまま1週間使ってしまうか、どうせアプリもSNSもほとんど使っていないだろう、と思いながら父親をチラリ。

父親は「タクシーの領収書無いのか?無いならあそこの駅に乗り入れているタクシー会社に片っ端から電話するしかないだろう」と冷静な意見。うちは母親が感情的、定性的な反面、父親は割と冷静で数字に強く、客観的にモノゴトを把握していくタイプなんです。やっぱり夫婦って意外とタイプが正反対の2人の方がうまくいきますよね。はい、どうでもいい。

というわけで、父親の冷静なアドバイスに従い、蕨駅に乗り入れているタクシー会社を調べることに。便利な世の中です、大方すべての知識とノウハウはGoogle先生に聞けば即座に教えてくれる。というわけで、どうも蕨に乗り入れているタクシーは3社ということがわかりました。その3社に上から電話していきます。

1社目、川口自交。ここは過去横柄な運転手がいたなぁ、と思いながら電話。「うーん届いていませんねぇ」ダメ。
2社目、ツバメタクシー。ここは何度かお世話になってるなぁ、と思いながら電話。「うーん届いていませんねぇ」ダメ。
3社目、ハッピータクシー。ここは乗った記憶が無いけど明らかに名前がいい!これはいけそうか!最後に見つかってハッピータクシーでハッピーエンド!よし!と思いながら電話。「うーん届いていませんねぇ」ダメ。

3社ともダメだったため諦めそうになったのですが、ハッピーさんに「ちなみに他社さんで恐縮ですが、他に駅に乗り入れている会社さんはご存知ですか?」と聞いてみた。すると「こちらでもそういったことはわかりかねますが」という杓子定規の後に「川口自交さん、燕さん、あと須賀さんですかね」と教えてくれた。須賀?それはGoogle先生は教えてくれなかったな、と思い早速再度Google先生に尋ねてみると最近得意の★の評価とともに口コミがでてきました。

★は見事なまでの1、コメントは6件で、口コミたちは運転手の横柄さ、窓口の電話対応の悪さ、そのサービスの悪さへの不満にあふれている。僕は電話するのをためらって、いったん休憩しにリビングに向かいます。二日酔いの体に水を流し込んで、父親に途中経過を伝えます。すると父親は冷静に「なにかタクシーの色とか運転手とか覚えてないのか?」と聞いてきました。鯨飲だった僕は「覚えてないよ」と答えました。だってタクシーに乗ってすぐに眠りに落ちてしまったから。でもかすかな記憶をたどって出て来たどこか大福のような笑顔、、、運転手は女性だったな。

そんなわけで僕は★1絶賛酷評中の須賀タクシーに電話しました。一通りの話をして、確認に行った担当者から「届いていないです」と聞いた時には絶望的になりましたが、担当の方に運転手が女性の方だったと話すと「そうですか、女性ですか。今現場に出ていますので少し確認してみます、折り返しますのでお待ちください」とのこと。

ん?脈ありか??
と思った3分後、父親の携帯がなりました。須賀タクシーです。
「連絡が取れました、携帯電話は駅の交番に届けてあるとのことです、運転手の名前は〇〇アツコです」



アツコーーーーーーー!!!!!!!!!!!



僕は心の中で大きくガッツポーズをして、その大福のような笑顔を思い出しました。ありがとう須賀タクシー!そんなわけで、ライブの翌日、二日酔いなのに朝から大変な思いをした山岡でした。今週は時間を見つけて、毎日更新を目指します★

そうそう。須賀タクシーさん★1つはあんまりなので、心ばかりのお返しにレビューに★5を追加しておきました。★1.6になってました。
スポンサーサイト
今週末から2週に渡って、ZONE-Bの10周年のお祝いライブに出演します。後半はヒロくんの企画で、OUT OF STYLeのレコ発も兼ねています。ZONE-Bでやるのずいぶん久しぶりだなぁ、と思ってHPの過去のライブを見てみたら、なんと2013年10月以来、約5年ぶりでした。

僕がシンガポールに来てからすでに4年なのでそれはそうか、とも思いながら、五十嵐さんと会うのもずいぶんひさびさなんだぁ、と感じてます。こんな状況なのに10年という節目に呼んでもらって本当にうれしいです。

さっき考えていたんですが、考えてみれば数年前僕たちの10周年のライブもZONE-Bでやらしてもらっていて、アルバムのレコ発もZONE-Bだったし、初めての公式音源であるFIFTH WHEELとのSPLITカセットのレコ発もZONE-Bでした。

さっきたまたま2014年にInterviewしてもらった記事を見つけたのですが、しっかりWATTSの話もしていました。まだ見ていない方がいたら、ぜひご覧ください。(少し海外枠的な話口調に修正が入っていますが、こういう話し方はしていなかったと思います笑)

<抜粋>
―なるほど!では、いろんなライブハウスを回っているなかで、いちばん好きなライブハウスはありましたか?
ヤマオカ:西荻窪Wattsです。なくなっちゃったけど。笑

PUNX SAVE THE EARTH

そんな訳で、今回は少し無理して、お祝いに駆け付けることにしました。FOUR TOMORROWの新しいTシャツもひさびさに発売しますので、ぜひともよろしくお願いします、ZONE-Bで乾杯ちゃん!

-20180825(Sat)Tokyo Waseda ZONE-B
ZONE-B presents [UNDEAD GIG #60 -ZONE-B 10周年GIG-]
================================
-A PAGE OF PUNK
-DASHBOARD
-FOUR TOMORROW
-GIRLFRIEND
-THE TABLOiD PLAY
-WORTHWHILE WAY
================================
| OPEN 17:00 | START 17:30 | Ticket 2,000 |

index_180825.jpg


-20180901(Sat)Tokyo Waseda ZONE-B
HIRO presents [BREAK A SCHOOL -OUT OF STYLeレコ発&ZONE-B 10周年GIG-]
================================
-OUT OF STYLe
-ANGRY NERD
-dear punks
-FOUR TOMORROW
-SHORT STORT
-Town
================================
| OPEN/START TBA | Adv 2,000 | Door 2,500 |

index_180901.jpg

ドン!!!

180823.jpg

8月の頭に日本に帰ったのに合わせて
新しいギターを買いました!

何年ぶりだろう?
メインで使用しているギターはFOUR TOMORROWを始めて
すぐくらいに買ったので、かれこれ15年?でしょうか。笑

買った日にメンバーでスタジオに入ったのですが
「白かよ!」という突っ込みを多数いただきました。
正確には「クリーム」です!

当分の間シンガポールでの作曲活動用に使います。
いろいろ考えた結果、YAMAHAってところも
個人的に気に入ってます。

Instagramのハッシュタグ#revstarもフォローしてみました。
世界中で弾かれまくっている様子を見るのもなんだか楽しいです。
(僕のはシリーズで1番下のやつですが。。。)

さて、作曲活動に熱が入っています。
早く新曲をやりたい!
先週ヨーロッパを旅行中に「ガチ冒険」という本を読み終わりました。時代の流行もあり、僕は大学時代、俗にいうバックパッカーで長期休みがあれば海外(主にアジアやインドネパール)に出ていき、そこでぶらぶらと1-2ヶ月を送る、という生活をしていたのですが、そういった体験がある方には、とても楽しんでもらえる内容に感じました。

180822.jpg

いつでもどこか旅に出かけ、こういった類の本を読むと「何もかも投げ捨てて、このままどっか行ってやろうか!」という気持ちになるのですが、この本もそういう気持ちにさせてくれました。

表紙からも想像できますが、著者はガイドブック「地球の歩き方」の現役編集者の方4名です。内容は4人による実際の旅のエッセイ。今でこそ、そういった類の本は流行らないのかもしれませんが、僕が学生の頃はそれはもう、数多の数のこの手の本が、出版されていました。

日本語変換できないパソコンで打つローマ字メール
8割がくだらないネタ、1割がポエム、1割が超有益情報な「情報ノート」
バックパッカーのバイブル「旅行人」

こんなキーワードに「ニヤリ」とした方には大推薦です。Amazon経由Kindle直売100円、というのもこれからの新しい形を取り入れていて好感が持てました。

以下ニヤリの一部を、本文から抜粋です。
________________
次の目的地や旅先の決め手となるのは、旅先で出会った先輩たちのプレゼンというか、武勇伝に近い体験談であった。旅先で出会った旅人の先輩たちはラグビー部のシゴキが大好きな先輩たちよりもやっかいである。自分より運動神経が優れているかもわからないので、尊敬に値するかどうかもわからない。「お前絶対日本で残念な方面の奴だろう、現実逃避してここにいるんだろう、しばくぞ」と心の中で思うような人であったとしても、日本人宿では先に泊まっている人が偉いのだ。

特に年齢が自分より上でいろいろな旅を経験してきたことがある人の場合は逆らう余地すらない。日本では尊敬に値しないと思える人も、旅先では尊敬に値する。それは自分の知らない旅の話を永延としてくれるから。時にやっかいなので避けることもあるが、時に思わず話に引き込まれ、もらいタバコを延々とされ続けても気にならないくらい勉強になることもあった。
________________

本の中で、インドのジャイサルメールにまつわるはなしとそれにあわせてandymoriの「青い空」という曲について言及されることがあってそれ以来どうも熱心にandymoriの曲をずーっと聞いています。
最高!

そういった「全体の感じ」がとても好きな感じでここで取り上げさせてもらいました。

AmazonでのLINKはこちらです、気になった方はどうぞ!

前回のエントリーで酒井くんと飲んでいた僕ですが、
実はその日の深夜の飛行機でシンガポールへ戻ってくることになっていました。
(酒井くんはその後楽しく南下しているようでとても楽しそう&羨ましいです)

後ろ髪を引かれながらいそいそと向かった先は、宿泊していた品川にあるKinokuniya、
ここで自分へのお土産にビールを買いました。

シンガポールへ来られたことがある方ならご存知のとおり、この国お酒がめちゃくちゃ高いです。
コンビニでビールを1本買うとだいたい300円以上、レストランで生を飲むと800円とか平気でします。
どこもかしこもライブハウスみたいです。アルコール度数が高くなるとさらに高くなっていて、
例えばウイスキーだとサントリー角瓶750mlでも4000円はします(!)

これは政府がアルコール度数によって関税をかけているからで、
個人的にはアルコールに対して国として距離をおくように推奨しているのでは無いか、
と個人的には感じています。

先週まで夏休みでドイツを旅行していたのですが、
水よりビールの方が安くて、国を挙げてビールを推奨している
(かのような個人的に夢のような錯覚を覚えた)
ドイツとは対照的です。

そんなわけで日本に帰国した際には、お酒を買って帰るのが日課になっています。
とはいえそこは厳格なシンガポール。

関税なしで持ち込めるお酒の量もしっかり決められていて、
アルコール度数によって、以下のような3つの基準まで設定してくれていて、
到着時のDuty FreeではPOPなんか出して大々的に教えてくれています。

SPIRIT(ウイスキーや焼酎)1本ずつとビール3本か
ワイン2本とビール3本か
ワイン1本とビール6本か

180821.png
なんとも管理国家シンガポールらしいPOPです。

昨年イギリスに行って以来、クラフトビールの旋風に大いにハマった僕は、急いでKinokuniyaでクラフトビールを見繕って、預けていたスーツケースを引っ張り出し、ほろ酔いの時にすこぶる最高な竹原ピストルさんを聴きながら空港に向かって、シンガポールに帰ってきたのでした。

お土産に買った日本のビール
飲むのがとても楽しみです。

DSC_2075.jpg

あれ?なんでビール5本しかないの?と感じた方、正解。
ほろ酔い(というか酩酊か)で急いで突っ込んだ結果、
缶が1本スーツケースの中で破裂して、早朝に帰国した早々悲惨な思いをしました。。。

さて、今週末と来週ライブがあります。
今回はどんなビール買って帰ろうか、楽しみなんです。
むふふ。

今週1泊4日という強行スケジュールで日本に帰国しました。日本の暑さはこちらでも確認していたのですが(毎朝NHKラジオニュースを聞いています!)実際に行ってみると想像の数倍上をいっていて、驚くを通り越して一瞬でシンガポールに帰りたくなりました。赤道直下のこの国の方が数段涼しいなんて。。。

一時帰国の主な目的はお仕事だったのですが、間を利用して酒井くんと焼肉を食べに行きました。専ら釣りをしまくっている彼、今後の生活を考えても美味しい魚はいくらでも食べられそうなので、だったら焼肉を食べよう!と。自分が食べたかった、というのが理由の80%を占めているのが正直なところなのですが。

彼とは何やかんや出会って10年以上経っているといると思うのですが、ゆっくりといろいろな話をしたのは初めてです。とてもポジティブな刺激をたくさんもらいました。やっぱり自ら何かを変えようと1歩踏み出す決意をした人は言葉に力があるなぁ、と感じました。そしてしっかり直接話をすることの大切さを改めて感じました。

おいしい肉をつまみながら、まじめな話や抱腹絶倒のバカ話(だいたい指のシワ数えてました!最高!)なんかして、途中からまっちゃん(does it float)も急遽参加してくれても、あっという間の3時間半でした。

帰り際に彼が「俺、奄美でこういうの作ります、やまさん家族でぜひ遊びにきてください!」とお土産として奄美のパッションフルーツをくれました。僕はえらくヘベレケで、そのまま空港に向かって、今朝シンガポールの家に着いてそれをスーツケースから取り出しました。

彼がくれたパッションフルーツは、こっちの市場でたくさん売っているそれからは、かいだことが無いくらい良い香りがしていました。もしかしたらそれは、友だちの1歩踏み出した「これから」に対して、贔屓目で見ているからなのかもしれないなぁ、と思いながら、でも贔屓目で見られる友達と飲んだ自分を少し誇らしく思った、そんな二日酔いの朝でした。

180802passion.jpg

奄美に移住する酒井くん、途中下車を繰り返しながら、これから車でゆっくり南下するようです。機会があれば、ぜひ色々な話を聞いてみてください。

180802sakai.jpg
前回のエントリーで少し触れましたが、週末と月曜火曜をつかって4年間住んだ家から引越ししました。
引越しした、といっても、東京都23区と変わらない大きさの狭いシンガポールの中で、の話で、前の家から車で10分ほどの場所なんですが。それでも周りの環境と景色はずいぶんと変わったので、心機一転、新しい生活を楽しみたいと思っています!

と、ポジティブに始めたいところなのですが、もう、とってもめんどくさい!!!
引越しした方は皆さんそうだと思いますが、絶対的に動線が変わるので、慣れるまであっちに行ったりこっちに行ったりしてしまう。
自分でも苦笑いしてしまうような、生産性の低い動きを何度も何度も繰り返しています。笑

そして音楽!
今回は引越し業者との基本的な契約が「梱包して、運んで、開梱してくれる」というものだったのですが、
来てくれた人が食器系担当のおばちゃん以外、見事なまでにクタクタにくたびれたおじさま(ほとんどおじいちゃん)でした。
で、その人たちが僕のレコードとCDとカセットを梱包して、開梱して、棚に並べてくれました。

誰もがある程度はやっていると思うのですが、レコードもCDもカセットも、一定の枚数を越えると自分なりのロジックを組み立てて棚に並べていると思うんですね。ジャンル別だったり、最近買ったものだったり、ABC順だったり。

そういった独自の美意識のようなものを創り出す過程や、結果としてできあがったそれを見ることは割と楽しくて、僕も好きな作業のひとつです。僕は基本的にABC順だったのですが、それが当然ぐちゃぐちゃになってしまいました。

少しくらいぐちゃぐちゃなら良いのですが、これがババ抜き前にトランプを念入りにシャッフルしたくらいのぐちゃぐちゃさで。笑
天地サカサマ裏表ばらばらなんのその、よくぞまあこんなにシャッフルできるものだ、と思ってしまうほどでした。

新しい家で最初にやったことの1つは、サウンドシステムの設置と、片付ける気持ちを奮い立たせるような、わくわくした音楽をかけること、なのですが、結果ぜんぜんイメージする音源たちにたどり着けませんでした。でも、おかげで最近全然目に入っていなかった音源を再発見し、改めて聞く良い機会になりました。

というわけで、昨日はタテタカコさんからMuffs、ブエナビスタソシアルクラブからJawbreaker→ハイスタ(新譜)を聞きながら片づけをしていました。まだまだ道半ばです、新し動線確保を目指しながら右往左往を楽しんでいきたいです。

※※※
前回までのエントリーでレコードやCDやApple Musicの話をポロポロ出していて、自分でもいろいろなことを考えていて重要TOPICSのひとつなのですが、以下LIVEAGE矢田さんの最新エントリーがすばらしく、とても興味深く読ませて頂きました。おもしろいなぁ矢田さん、さすがです。以下お時間ある時にぜひどうぞ!
サブスクリプション音楽サービス(音楽聴き放題サービス)は悪なのか?善なのか?

写真は本文と関係ないですが
1.引越し作業から逃げて夜の散歩
2.昔のタイガービールのえぇ顔
3.今度アテンドした人に強くおすすめしたいラクサ・タンクトップ
DSC_2043.jpg
DSC_2022.jpg
laksa.jpg