FC2ブログ
10/03/2019    W40-2 BEER *山岡書いた
ビールが好きです。


え!?
知ってる!?!?笑

大事なことなので2回言います。
ビールが好きなんです。

まぁ、お酒全般が好きでもっと知りたい!という強い興味があります。ウイスキーも日本酒もワインも、中国に赴任後よく飲む白酒すらも、もっと深く知りたい、と思ってます。でもやっぱりビールへのそれは格別です。

自分が飲んだことがないビールを見つけると飲みたくなってしまいます。近年のクラフトビールムーブメント(もはやムーブメントなどではなく、それは新しいCultureである、と理解していますが)はなかなか嬉しくも厳しくて、どんどん知らないビールに出会うのだから、もう尿酸値なんて気にしていたら心の底から楽しめないのでは!なんてことも思っています。でも「一線越えると戻れないよ!」とあの日名古屋でやごちゃんから言われたことはい、今でも心の底に強く残っています、ありがとうやごちゃん!

それでもなんでも、個人的に確信している真理として「ビールと旅は合う」のです。国を、街を移動して、人の波に揺られながら、その「地場」から生まれたビールを飲む。最高です。

そう、クラフトビールはもちろん好きです。でも古くからあるその国を代表するようなビールを飲み続けることもとても好きです。大体にして、その国を代表するビールはその国で長く愛されているだけあってその国に「合う」んです。それは料理だったり、気候だったり、国を包む空気感であったり、そんなことすべてを内包しているような気がしています。

そしてそんな国を代表するビールがわかりやすく1つのブランドが独占していたりするとそれもいい。例えばシンガポールのTigerやラオスのBeer Laoのように。その国の気候と料理、空気感に完全に一体化したそれを旅の間中ひたすら飲む。(最近はCrafe Beerが増えたのでそうならなくなってきましたが)

後からその国を思い出すときに必ず出てくるそのBeerが、まるで自分の相棒や戦友だったかのようにそこに存在していて、なんとも言えない思い入れが生まれるのです。


台湾を旅行しています。
台湾はそれが台湾Beerなんですね。
最高。

特にできてから18日以内に限定している鮮度抜群のこれ。これをずっと飲んでいたい。またこんな良い出会いをしてしまった。だからやめられない。ここではないどこかへ行きたい。そして次の健康診断と尿酸値の検査が怖い。

IMG_7531.jpg

スポンサーサイト