FC2ブログ
一昨日、本屋で立ち読みしてたときなんですけどね。




俺がヤンマガを読んでる横に女子高生らしき女の子が並んだんだけどさ。

その日は雨が降っていたんで、まあ俺はパンクスだから当然傘など持っていなかったんだけど、

その子はパンクスではないようで傘を持っていまして。

その子が本を選ぼうとしていたそのとき、その子が傘を手から放してしまったんだね。





別に俺はその子をじっと見ていたわけじゃなく、もちろん漫画を読んでいたんだけどね。

まあなんとなくそのくらいは隣にいればわかるじゃない?

でもその後だよ。

わけがわからなかったのは。




重いんだよね、俺のジーパンが。

???

どうしたもんかと思って下見てバカウケ。



傘の持つ部分の曲がってるとこがさ、ちょうど俺のジーパンの膝の破れたとこに引っ掛かってんの!!

ありえねえ!!



またキッツいのがさ、女子高生がすげえ笑い堪えて「す・すいません・・・」とか言ってんだよ!

お前が笑ってんじゃねえよ!って思うとこなんだけどさ、俺もこのありえない状況がおかしくって、

必死で笑いを堪えながら「あ、いいですよ。」って言ってあげました。


ジーパンから傘を抜いている時間が気まずくてさ~。









話は変わって昨日。

戸籍抄本が必要でね、本籍が渋谷なもんで渋谷区役所に行ってきたんですけど。

それは別に何事もなく済ませたんだけどさ。

実は前日、綱島で翼君と柳井君(LINK)とぐっさん(ワレヲスツル)とエミちゃんって子と呑んでてね。

翼君以外は休みだったんで四人で渋谷に行っててさ。

戸籍抄本をとった後、翼君も仕事終って合流するってんで、居酒屋に入ることに。

翼君以外にも、うちの山岡部長と女性二人も来て総勢八人で呑んでました。




なんだっけな?

なんでそんなことしたか覚えてないんだけど、

途中で俺が向かいに座ってた女性を指さしたの。

ちょっと勢いよく指をだしたんだけどね。



その勢いで俺の人差し指にしていた指輪が外れまして。

そのままその女性の飲み物のグラスの中へ。


飲みかけのグラスの中で幻想的に輝く俺の指輪が綺麗でさ~。








「立ち読みしてたら隣の女子高生の傘が自分のジーパンの膝の破れたとこに入った」

翌日に、

「勢いよく突き出した俺の指から飛び出した指輪が向かいの女性のグラスへ入る」。

これ、宝くじでいったら一千万くらいは当たってんじゃなかろうか?






うわぁ~、超無駄遣い!!!

運!!


スポンサーサイト



Secret

TrackBack URL
→http://fourtomorrow.blog26.fc2.com/tb.php/161-162f1921