FC2ブログ
昨日のイヴに決めた事がある。

決めた、というか、俺発信で流行らす。


「ヒトの婚期はその人間の靴のサイズが適齢期である」


ということで婚期ギリギリの俺がお届けするバカ三連発。




①バカ店員

昨日のイヴは地元のやつの誕生日パーティーをしました。

友達がちょっと高そうな和食屋を予約してたんで、仕事が終わってそこに向かいました。

途中で連絡が入って他のやつが遅れるってことだったんで先に店に入りました。

予約の名前を伝えたんですが、店員は「予約入ってませんね。」って言うんですよ。

おかしいなと思って予約をとった友達に連絡。

そいつは店に直接出向いて予約したから間違いないっていうわけ。

なもんでもう一度店内で確認してみることに。

「すいません、やっぱり予約したみたいなんですけど。」

なんか他の客に食事を運んでいたのでちょっと待たされることに。

まもなく予約が書き込んである紙を持ってきて確認する店員。

見たらね、入ってんだわ。予約。

「今そこのテーブル空いたんですぐ片付けますんで。」

ハッハッハ、ちょっと待て。

間違えるのはしょうがないぜ。人間だからな。


先に、謝れ!!


予約入れた人間がそっちのミスで待たされるのに謝罪ゼロかッ!!

店長に「サービス業とは?」をテーマに説教して店出てやりました。


かわりに言った店が最高だったんで逆に良かったけど。





②バカ店員2

うちの社長の話なんだけどね。

昨日の仕事の帰り、家で飲む用のビールを買いに行ったらしいんですわ。

六本入りのやつを二つ。

レジに行ったらね、「1300円です。」って言われたんだって。

あれ?って思いながら自分の車に戻る社長。ビール12本分の料金にしては安すぎるわけ。

たぶんレジのやつが間違えたんだろうけど、普通のやつなら「ラッキー!」で済むよね。

ところが、社長だから。金は唸るほどあるから。やっぱりおかしいってことで店に戻ったらしい。


店内に戻ったらレジがすげえ混んでたらしく、うんざりしながらも列に並んだ社長。

やっと自分の番になり、さっきの会計が間違ってたことを伝えたらしいんだけど、

後ろにもまだまだ買い物客が並んでたらしく、自分の用事は時間が掛かりそうだと思った彼はひとまずレジの横で待ってたんだって。

やっとレジも落ち着いて、店員が言ったそうだ。

「すいません、レシートありますか?」

さっきの会計でレシートをもらってなかった社長。当然持ってないことを伝えた。

「あの~、レシートがない場合はちょっと・・・」

え?あのさぁ、「お金返せ」って言ってんじゃないよ??

むしろ「お金払います!」って言ってんだぜ!?

そのくらいのアドリブは利かせよッ!


いいの?いいの?って何度も念押したらしいんだけど、結局その店員は取り合わなかったらしく、

六本分のビールをタダでせしめてきたらしいです。





③バカカラオケ

話は戻って、さっきの誕生パーティーの話。

食事の後に六人でカラオケに行きました。


地元のやつが歌った一曲目。山下達郎の「クリスマスイヴ」。

まあ、日が日だし、ふさわしい曲だ。まさにクリスマスイヴなわけだし。

一通りみんな歌って、またそいつの番。

曲は、「クリスマスイヴ」。あ、もちろん山下達郎のやつね。

またかよ!ってなって笑ったんですが、出落ちかと思いきや最後まで歌いきる友達。

しかも細かいんだが、一回目より一個キーを上げてる笑 意味はわからないんだけどね。


さらに三度目。

曲は、山下達郎の「クリスマスイヴ」!!

ここまで来ると爆笑!!

やはり意味不明にキーをさらにひとつ上げて歌いきる友達。

歌い終わってそいつに「お前、それ超面白いよ!」と伝えた俺。

するとそいつは、さも当然と言わんばかりの顔でこう言いました。



「つーか今日この曲以外に歌う唄ないだろ。今日で俺は一年分歌うぜ!」



俺はこいつのこと昔から面白いやつだと思ってんだけどさ、再確認したね。

やっぱ腕あるわ。




ここで言うこいつ、ってのはつまり、直樹なんだけどね。

スポンサーサイト



Secret

TrackBack URL
→http://fourtomorrow.blog26.fc2.com/tb.php/181-c53b64d5