FC2ブログ
前回の日記があまりにもレスポンスが悪かったため、

「え!?あれってけっこうメジャーなものなわけ!?ひょっとしたら俺、あんなこと書いて嫌われちゃったのか!?」

ってちょっと心配になってます。ケンマコです。

いや、ケンマコじゃねえから。


それじゃあ恒例の漫画レビュー、やります。






~「バカ姉弟」安達哲~


ヤンマガ誌上で不定期にオールカラーで連載を続けている作品。

俺は世界で一番嫌いな言葉が「癒し」、二番目に嫌いな言葉が「お気にのワンピ」なのですが、

この作品に限って言えば、「癒される」という言葉を認めざるを得ません。

小さな姉弟が主人公で、周りの大人達が二人の不思議な魅力に虜にされているわけなんですが、

読んでてやっぱりこっちも虜にされてしまうんですよね。

あんな子実際にいたら、たまらんだろうなぁ。


ちなみに同作家の「さくらの唄」をつい何年か前、うちの部長に借りて読んだんだけど、あれは俺はダメだったなぁ~。

あれをダメだっつうのは、なんかちょっと「こいつわかってねえなぁ」って思われるかもしれないけど、

それでも後味悪すぎたよ、俺には笑

「さくらの唄」を見ると、対照的なこの作品が出来たのもわかる気はするんだけどね。






~「天使なんかじゃない」矢沢あい~


妹の買っていたりぼんにて猛烈にハマりました。

それまでは「ちびまるこちゃん」か、もしくは岡田あーみん作品しか読んでなかったんで、

ああいうモロの少女漫画を読むってのは初めてでしたね。


画がどんどんおしゃれになっていくんだよね笑

ちょうど作品内で、同作家の「マリンブルーの風に抱かれて」から「ご近所物語」への移行が行われてる感じ。

もっと言えば「工藤静香→吉田美和」ね笑

俺も中学校の頃、生徒会に所属していたんでどうしても共感持ってしまいます。

甘いし、淡いんだよなぁ~。





~「火の鳥」手塚治虫~


さあ、問答無用の作品をついに出してしまいました笑

俺ごときがレビューしないでも、「おさむ」って変換したら「治虫」が出てきちゃうくらい大作家なわけですけども。

これからも手塚漫画は何個かレビューしようと思っていて、

とりあえず最初はこれ書いとかねえと、と思って出しときました。

何編が一番好きですか?俺は「復活編」かなあ。

まあ選べないほどそれぞれが秀逸なわけですけれども。

時系列が順番に読んでいくと明らかになっていって、それも魅力だったりします。

なんにせよ、天才の所業ですよ。

手塚治虫は作品が多すぎて、隠れた名作が多すぎるんでその辺は追って書いていきたいと思います。

ダッチワイフが主人公の漫画、ってのもあるからね。




~「雲出づるところ」土田世紀~


近著では「夜回り先生」でお馴染みの土田世紀の2001年辺りの作品です。

上巻と下巻の二冊で完結の短い作品。

前に夜回り先生がいい!って徒然に書いたときにも触れたのですが、

この人は弱い人間、違うな、社会的に弱い立場の人間を描かせたら日本一だと思ってます。

愛する二人が紆余曲折あって結婚して、幸せになったかと思いきや奥さんの身体を癌が蝕んでいる、かいつまんで言うとそんな感じなんですけど。


現実って目を背けたくなるような事っていっぱいあって、

それでも立ち向かっていかなきゃ俺たちは生きてはいけないわけで、

土田世紀作品を読むと「みんな闘ってるんだぜ!」って背中押される気がします。


失礼な言い方かもしれないけどね、もがきながらバタバタしている土田作品の登場人物を見ていると、

アペイジのツトム君を思い出してしまいます。「俺のマイボール」なんて特にそうだな。

要は、パンクなんだな。







どうでもいいけど、これって「レビュー」って言うのかね?笑

まあ気になったら読んでみてください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBack URL
→http://fourtomorrow.blog26.fc2.com/tb.php/396-686f4d42