FC2ブログ
常々思ってはいたんだけどさ。



今更説明するのもあれですけど、俺は普段引っ越し屋をしています。

もう十年近く続いてて、まあ言ってみればベテランの域にすら達してるわけで。

でさ、この十年近くでね、いろんな同僚から聞くわけですよ。

「客と遊んだ」って。

遊ぶってのはもちろん、女性に限った話ですよ。

つまり、客として知り合った女性と、デートをしてる、と。

どうなのよ、これ?



一回もないぞ。自慢じゃないけど俺、そんなチャンスの神様に会ったことないぞ。

十年近くも続けてるのに。


確かに、俺の場合はたとえ客が可愛かったとしても、「こんど遊びませんか?」とは性格的に言えないし、

そもそも誘ったところでOKされるほど色男でもないけどさ。

それにしたってさ、一回くらいそういうことあってもおかしくはないだろ!?

「あいつらがそういうことあるなら俺だってあってもおかしくないだろ!」とまでは言わないけどね、

「客と遊んだ」とか言ってる同僚達だってさ、びっくりするほどいい男ではないわけだし。



聞いたところだとさ、客と話が盛り上がって向こうから「こんど遊ぼうよ!」とか言ってくるんだと。


どこだよ!?その「盛り上がって」はどこで盛り上がるんだよ!?

荷物運んでんだぜ!?


「へえ~、いい段ボール使ってんじゃん?」か?

「間取り、最高だねぇ~!!」か?

「あ、俺んちも冷蔵庫、シャープ!!」か?


ねえ!!ねえよ!!

そんなシチュエーション、ありえねえから!!


いったいあいつら、いつもどうやってデートまで持ち込んでいるのか、と常々不思議に思ってたんですけどね。


今日、やっとその片鱗を垣間見る機会に恵まれました。





今日の仕事なんだけどさ。

もう全然荷物は少なくてね。距離も車で五分くらいの移動で。

しかも場所は地元にほど近い川口駅のすぐそば。

まあ言ってみれば、チョロいってやつですよ。



積み地でさ。

俺が段ボール三つ重ねて持ってるの見て、客が言うわけさ。「さすがですね!」って。

この程度はさ、よく言われるのよ。

そもそもこっちは仕事でやってるわけだから、客からしたら「さすがですね」くらいは当然なわけだし。

いつもどおり「まあ仕事ですから」ってちょっと謙遜した感じで返して。


しばらくしたらね、「筋肉すごいですね!」って言ってくるのよ。

もちろんガテン系の仕事をしてるからそれなりに筋肉はありますよ。

しかも俺、もやしっ子出身なもんで、そこに筋肉ついちゃったもんだから見た目ムッキムキなんですよ。

ちょっとヒクくらいに。

これもたまに言われるし、別に慣れたもんだったんですけどね。



荷物を積み終わって、引っ越し先に向かって。

俺はトラックで、客は自転車で移動したんですけど。

もちろん俺の方が先に着いて、五分くらい待っててね。しばらくしたら客が到着して。

そしたらさ、俺にコーヒーを買ってきてくれてね。

これもよくあることなんだけど、それがたまたまいつも飲んでるコーヒーでさ。

ちょっとテンションあがって、「うわ、ありがとうございます!これいつも飲んでるやつなんですよ!」

って、お礼言ったんですよね。


そしたらさ、客。なんて言ったと思う?


「ああ、そうですか!良かった!!

せっかく素敵な人が来てくれたんで、喜んでもらおうと思って・・・」


おや?じゃん??

おやおや?じゃん??


素敵、って。

初対面の人間から「キン骨マン」とかあだ名つけられる俺つかまえて、素敵って。

こんなもんさ、俺に気があるか、俺の母ちゃんかの二択じゃん。

目の前の客、完全に母ちゃんではないし。


{客=俺に気があるor母ちゃん・客≠母ちゃん}


数学的に証明されてるから。客のやつ、完全に俺に気がある事、証明されちゃってるから。

そして引っ越しも終盤を迎えたとこでの、決定的な一言。



「引っ越し屋さん、格好いいですね。」



詰みです、詰み。

将棋で言うとこの、詰みですよ。

もうね、相手の王将の前に、歩を置くだけですよ。

着物着た俺が持ち駒から歩を取り出そうってとこで、時間読み上げてるジャニーさんが、

「ユー、抱いちゃいなよ!」って叫んでるとこですよ。


誰がどう見ても、確定ですよね。こんなもん。

あとは俺が、「どうですか、このあと・・・」って切り出すだけでしょ。


で、俺。

約束も取り付けなければ、連絡先の交換すらしなかったからね。





あのなあ、俺だってオトコだからな。

別にさ、フィーリングさえ合えば、ワンナイトラブだって辞さない覚悟は常に懐に隠してますよ。

「今日初めて会った人とそんなすぐに遊ぶ約束なんて、軽いオトコ!!」なんて、頭固いわけでもないし。

仮にナンパで知り合ったとしたって、最終的に生涯を共にするほどわかりあえることだってあるだろうし。


据え膳食わぬは男の恥、とは言いますけどね。

こんなにも相手がいいパス出してきて、これをスルーするとは、いかがなものかと。

彼女もいないクセに、ナニやらかしてんだ長沢は、と。

わかるよ。みんなの意見は痛いほどわかる。

本来ならばこの最後の最後の場面、俺がオトコを見せるとこだよな。

ここでなにもないってのは、不甲斐無いとしかいいようがない、と。

みんなはそう言いたいわけだろ?




ただひとつ言っておきたいのはさ、

なんというかさ、

つまり、



客もオトコだったんだよね。






ワッセロ~~イッ!!

(米俵を肩に担いで、激しく上下しながら)





言うかッ!?それ、言っちゃえるもんなのかッ!?


男が男に「素敵ですね!」って!!

男が男に「格好いいですね!!」って!!

完全にソッチじゃん!!ソッチサイドの人じゃんッ!!




見た目、普通だったからね。

「一見してソッチ」とかではなかったからね。

途中からドッキドキでしたよ。マジで。

ゴルゴばりに背中とらせなかったからね、俺。


これで、今までの引っ越し人生で客から言い寄られたの、二回目。

今日の客と、もう一回は数年前の宗教の勧誘な。



どないやねんッ!!

スポンサーサイト



Secret

TrackBack URL
→http://fourtomorrow.blog26.fc2.com/tb.php/499-888e1a4f