FC2ブログ
今日は、地元の子供に付き合って市民プールに行って来ました。




自分が親父に連れて来てもらった以来の、実に二十数年ぶりの地元の市民プール。

さらに言えばプール自体、二、三年前に翼君、柳井君(リンク)、しょうじ(エッセンシャル)と四人で行った以来。

やっぱ、夏は水に入らないとダメだね。




で、さっそく子供とプールに入ったんだけど。

どうも前日からその子供が「プールに行きたい!」ってテンションあがってたらしいんだけどさ。

ビビったぜ。

入って一分もたたずにその子供。

「つまんない」って。

うそーーん。

浮き輪に乗って流れてただけなのに。つうかまだそんなに流れてもいないのに。

マジかよ、どうすんだよ、ってちょっと困ってたんだけどね。


いきなり声を掛けられまして。

「ナガちゃん?」って。

見たらさ、ツトム君とソングママムーン(大合奏会出演!)を組む、マックでした。

マックの家は俺とすげえ近くてね。その市民プールのすぐ裏で。

どうも夏休み中らしく、娘と二人で来てました。


で、そのままマック親子と合流して遊んだんだけどさ。

子供って不思議だね~。

全然初対面なのに、打ち解けるのがはええのなんの。

さっきまでつまんねえとか言ってた地元の友達の子供も、同世代の友達出来てテンションあがってたからね。



子供用のすげえ浅いプールでしばらく遊んでたんだけどさ。

またまた偶然な事にそのプールで、俺と地元の友達の、中学の同級生の女性に会いまして。

そいつの旦那も俺等と同級生で、なおかつ俺は旦那と中学校の頃同じ塾で、仲好かったんだよね。

そいつも子供連れて来てたんで、当然のように合流して。



あれ、なんなんだろうね。

また一人増えた子供同士はもちろん、大人も違和感なく一緒にいるのな、ああいう場合。

俺とマックや、俺と同級生ならわかるけど、マックと同級生も二人で話したりしてたから。

普通に三時間くらい一緒にいたからね。




で、俺はもちろん、子供と遊びたいわけなんですよ。

しかも、予想外に三人もいるもんだから。

気合も入るってもんだよね。

なんとかその輪に入ろうと頑張ったんだけどさ。


さっき言ったようにね、ものの五分で打ち解けてしまうくらい、子供には子供の世界があるんですよね。

そう簡単には、おっさんは入れてくれないんですよ。



それでもね、努力の甲斐もあってか、「子供三人対おっさん一人の水かけっこ」みたいな図式にもちこめて。

「じゃあみんなで水かけよ!」って、俺を攻撃してきて。

ここぞとばかりに張り切るよね、そんなもん。


もちろん相手は子供ですから、おむつ取れたてみたいのばっかりですから。

大人の俺は相手にあわせて手加減しながらですよ。

そのうちに俺が劣勢になって、倒れたまま三人に囲まれまして。

「まいったまいった!」みたいな感じになったんだけどさ。





マックという男ね。

いろんな意味で、天才なんですよ。

音楽的な事はもちろん、ライフスタイルに至るまでブチ切れてるというか。


ソングママムーンが昔レコーディングしたときにね。

タイタイ(アペイジ)の家で宅録でとったんだけどさ。

俺、遊びに行ったんですよ。行った時点で大半とり終えてたんだけどね。


家に入ったらさ。

マック、泥酔で全裸だったからね。


お前の音源とってんじゃねえのかよ!なんで全裸なんだよ!!って激しく笑ったんだけど、

あろうことかマック、「よーし、長ちゃんも脱ぐか!」って、半ば強制的に脱がされたからね。

シラフだっつーの。俺、シラフだっつーの。






そんなマックの血を、ね。

色濃く受け継いでるんだよね、娘が。



俺が倒れて子供三人に囲まれたとき。

マックの娘が、他の二人に促すんだわ。




「じゃあ、みんなで踏もっか!!」





キラキラの目をした子供達、

踏みまくったから。

キャッキャキャッキャ言いながら、俺の事、踏みまくってたからね。






その歳で、隠れてるほうのキリシタンか、お前らは。

スポンサーサイト



Secret

TrackBack URL
→http://fourtomorrow.blog26.fc2.com/tb.php/530-68d54cb9