FC2ブログ

最近全然テレビを観なくなったんだけど、

お笑いの番組やってるとつい観てしまうのよ。



で、思ったんだよね。



例えば何人(何組)の名前を挙げるとね、

・オリエンタルラジオ

・魔邪(まちゃまちゃ)

・レギュラー

・いつもここから


あとちょっと古いけど


・テツANDトモ

・波田陽区

とかも、そうかなあ。




やってること一緒じゃねえ??



なんか日常生活によく起こる事柄をピックアップして、

面白おかしく伝えてるだけじゃねえ?

いわゆる「アルアルネタ」っつうのか。




誤解しないでほしいんだけどさ、俺別に彼等全員嫌いなわけじゃないのよ。


ただなんか、ちょっと安易な方向に走ってんじゃねえか?と思って。







「アカギ」っていう漫画があってね。

麻雀漫画なんですよ。

主人公がアカギなんだけど、このヒトが神懸りに強い、っていう話でね。



裏の世界の話で、そんなに強いとヤクザなんかから引く手数多なわけよ。



途中でアカギの行方がわからなくなって、

そのときにかつてアカギと組んでいた悪徳刑事が「ニセアカギ」を連れてくる場面があってさ。


風体はそっくり。麻雀も強いらしい。


その「ニセアカギ」を囲いたいヤクザの親分は、

呼び出してテストをする、って事になる。



そこでその「ニセアカギ」が、

麻雀に使う「牌」でとんでもない記憶力と判断力を見せるわけ。


それを見たヤクザの親分が、

その組で唯一アカギをじかに見たことのある子分に聞くのさ。


親分「どうだ、アカギは本物か?」

子分「わかりません・・・見た目はそっくりなのですが。

さっき見た技もすごかったのですが、ただ、なんというか

さっき見たことは極端な話時間をかければ自分にもできる事だと思うんです。

昔見たアカギはそういうところとは別次元の強さだったように思います。」

親分「そうか・・・ただ代打ち(つまりその組の代表としてお金なんかを賭けて勝負するってことね)

としては文句ない強さだな。ようはアベレージを残してくれればそれでいいわけだしな。

仮に偽者だったとしても、あつかいづらい本物を雇うより、

かえって好都合かもしれない。」








すごい長くなったんだけど、つまりこういう事なんじゃないの?って。

さっき言った「アルアルネタ」って、極端な話

ぼくらでもできません?時間をかければ。


それを面白おかしく料理してるのは、

もちろんさっき名前を挙げた人たちの努力があってこそなのはわかっているけどもね。




なんかさ、ボクシングで言うとストレートのパンチなんだよ。

構えてまっすぐ放ってくるから、ガードできちゃう。

それでも力のある人は俺を多少後退させるけど。



例えば俺の敬愛する松本人志はね、

ボクシングのグローブをつけて構えてるんだけどね、

いきなり蹴りいれてきたりするの。

こっちも用意してないし、すごい力だから吹っ飛んでリングの外に落とされたり。


「マジかよ!?」ってリング見上げると、キャッチャーミット被ってたり。




偉そうに言える立場じゃないのは百も承知ですけどね、

「お笑い」ってそういうことじゃないの?



「芸人」と「お笑い芸人」は違うと思うぞ。


















スポンサーサイト



Secret

TrackBack URL
→http://fourtomorrow.blog26.fc2.com/tb.php/56-432c3ac9