FC2ブログ
◆A PAGE OF PUNKツトムくんのblogにも関連記事あります。
◆興味のある方は是非AMS003「漂流帰路」第七回も読んでください。

先週ホテル・ルワンダを見てきた。
とりあえず見ることをお薦めする。

2年半前の夏、僕はルワンダにいた。
旅行中にルワンダにも立ち寄ったのだ。

ルワンダの情勢は安定しており、身に危険を感じることはなかったし
西欧が作った「暗黒大陸」としてのアフリカはイメージであり、
そこには僕たちと変わらないすばらしい文化があることも感じた。

ごはんは美味しいし、ちょっと注意深く見なければ
映画の中の事実を感じることすらすでにできなかったのかもしれない。

キゴンゴロという虐殺現場に行った。
映画の中に出てくる虐殺シーン。
実際に殺されたツチの人々の遺体(ミイラ)が数百体そこには並べられていた。


映画を見ながらずっとそのときのことを考えていた。

普通の生活の中では考える必要のないことを考えさせてくれるすばらしい映画だった。

映画の中で多国籍軍が登場するシーンがある。
前にここにも書いたが、ミャンマーのタクシー運転手の話を思い出した。

現軍事政権に対する悪口を、タクシーという密室だから話した運転手。
普段は絶対にコトバにできない「アンサウン・スーチー」という言葉を連発した運転手。
現政権をshitでstupidでbullshitだとガナリたてた運転手。

その運転手の最後のコトバは
「でもここにはアメリカの助けは来ない」
というものだった。

AMS006として書こうと思い、止まっていた旅行記を
ちゃんと書こうと思った。

最後に出てくるWYCLEF JEAN(ex:FUGEES)による主題曲
「MILLION VOICES」が本当にすばらしい。

+++
アメリカ
アメリカはUnited States of AMERICAだ
アメリカ「合衆国」だ

アフリカ
なぜアフリカはアフリカ「合衆国」になれない?

イングランド
イングランドはUnited Kingdomだ
王国の合体の国だ

アフリカ
なぜアフリカはUnited Kingdom of AFRICAになれない?


スポンサーサイト



Secret

TrackBack URL
→http://fourtomorrow.blog26.fc2.com/tb.php/57-a4a5aefb