FC2ブログ
俺の同僚に、静岡出身の人間がいる。

何を隠そう、前に書いた、「デコピンの空振りで指を脱臼した」彼なんだけども。

その彼がね、帰省がてら、彼女と寄ってきたという箱根のお土産を会社に持ってきたんですけど。



で、何点かあったお土産の中に、「飴」があって。

昔あった(今もあるかもしれないけど)サクマドロップスと同じような長方形の箱に入った飴。

なんと、「味噌ラーメン味」なんですよ。



地方の、こういった「名物のごり押し」的な商品ってよく見ますよね。

なんでもかんでもまぜりゃいいてもんでもないだろうが、っていうやつ。

おそらく会議とかで年配の方々が、

「もっと若い人にも知ってもらうために!!」とか言ってるんでしょうなあ。

飴とかアイスとかにするのって、絶対そういう過程を経ていると、勝手に確信しているんですが。

この「味噌ラーメン味の飴」も、そういった類の典型的な例でしょう。



でね、会社でそのお土産を見た時にね。

他にも何人かいたんですけど、誰もそれを食べようとしないんですよ。

「ラーメンドロップス」と書かれた味噌ラーメンのジャケに、みんな躊躇してるんですね。

絶対美味しくないし、ってことなんでしょうなあ。


おいおい、と。

マジで?


こんなもんさ、一番最初に食ったやつの勝ちじゃない?

こういう「意外な組み合わせ」のものって、食ってみたら意外といけたりするもんだし、

なによりまずかったらまずかったで、それはそれで芸人的にオイシイわけだし。

当たり前のように俺がその箱を取って、ひとつ口に入れました。


見た目は普通の飴。

茶色のその飴を口に放り込みました。


最初はね、別に普通だったんですけど。

印象としては、黒飴ですかね。

そのうちに、若干、本当に若干ですが味噌の味がしてきて。

これは味噌ラーメン味の飴です、という事前情報がなければ見逃してしまうレベルで。

知らなかったらね、「なんかへんな味がするなあ」って違和感覚えるくらいのもんで。


正直ね。不快。

深い不快感。

なんとも言えねえの。

吐き出すほどでもなし、かといってこのまま舐めつづける理由もなし。

なんとなく、どうしようもないので口に入れ続けているだけ。

あんなにも微妙な気持ちになるものって、なかなかないですよ。



よく言われることですけど。

「好き」の反対は、「嫌い」ではなく、「無関心」である、と。

まさにこの飴は、俺にとって「無関心」のカテゴリーに分類されるものだな。

おそらく、何年続くかわからん俺の今後の人生で、この飴を口にすることは二度とないでしょうなあ。

製作者には、本当に申し訳ないんですけどね。



あと、これだけはどうしても言っておきたいのが。




そこは「ラーメンドロップス」ではなく、




どう考えても「味噌アーメン」がベストのネーミングだろうがッ!!

スポンサーサイト



Secret

TrackBack URL
→http://fourtomorrow.blog26.fc2.com/tb.php/603-0cd5619a