FC2ブログ
どうも最近、ついてない気がします。


流れが悪い、とかオカルティックな事を言うのは非常に不本意なんですけど、

それにしてもこのついてないぶり。

ここ二か月くらいずっとですよ。

占いなんてクソだろ!なんて調子乗ったことここで書いたバチでしょうか?



一昨日なんてさ、仕事中に。

その日はいつも乗ってるのとは違うトラックに乗ってたんだけど。

車が動かなくなって。

もちろん俺のせいじゃないですよ?完全なる不可抗力で。

横浜からレッカーされて帰りましたよ。


トラックなんてもんは誰かの荷物を運ぶものであって、

お前自身が運ばれてどうする、って話でしょ。


で、本題は、その次の日。

つまり昨日の仕事中の話なんだけどさ。




昨日は比較的楽な仕事でね、さくっと終わらせて会社に戻ってたんですよ。

目黒区で終わって、荏原という乗り口から首都高二号線に乗りましてね。

合流で若干混んでいたものの、比較的順調に車は流れてたんですけどね。


東京タワーを左手に見ながら環状線の内回りを進んで、

ちょっといったとこの分岐で北側に進路をとったんですけど。


そこの分岐がさ。

俺の進む北側の進路は、左に弧を描きながらのゆるい下り坂なんですよ。

そしてこの日はあいにくの雨。


トラックというものは車高が高いですから、重心が高くてバランスが悪いんですよね。

晴れた日のカーブでも、けっこうなスピードでカーブに突っ込んだら転倒しかねないですから。

このコンディションの悪さに、やっぱり気は使うわけです。


とはいえ、俺ももう何年もトラックには乗っているわけで、こんな状況には何度も遭遇してますからね。

言うほど特別な状況でもないわけですけど。




で、いつも通りスピードを落として、カーブを曲がりきろうとした、その刹那。

後輪が、スピン。

完全に制御がきかなくなって、車両後方が右に左に振られてるんですよ。

まるで雪の日に普通のタイヤで走ってるときみたいな。




まず考えたのは。

首都高って、地上よりもだいぶ高い位置にありますから。

下手したら車ごとこの高さから下に叩きつけられる可能性もあるわけですよ。

車両が外側に振られることだけは避けなければならん、と。


今走っている二車線の、なるべく真中に位置を取らねば。

教習所で習ったとおり、車両後方がすべっている方向と逆にハンドルを切って修正を図りました。


で、そのカーブで二、三回ハンドルを切ったとこで。

車両の後方が、左側に大きくスピンしたかと思うと、そのまま前方を軸に回転しまして。

ちょうど車が180°回転する感じね。


さっきまで右側にあった側面の壁が、左に見えてきてるんですよ。

思ったよね。



あ、当たるわ。

これ、死ぬかも、って。



で、左側の壁がぎりぎりにせまったとこで、ウソみたいにぎりぎりのとこでトラックが停車。

大袈裟じゃなく、テレビでよく見るカースタントみたいにぎりぎりのとこで、停車。


わかります?

右側にあった壁が、停車した時点で左側にあるんですよ。

つまり、進行方向ときれいに逆を向いた形。

完全にすべての動きが止まったとこで、頭に浮かんだよね。




地球は、まわる

車も、まわる

みんな、まわっているんだなあ


みつを





って、


みつを、じゃねえよッ!!


いいからッ!!

車の方はまわんなくてもいいからッ!!

つーか、リアルに死ぬとこだったからッ!!



あれ、なんなんでしょうね?

トラブルが起きてるときは意外と客観的に見て冷静に頭働いてたのに、

終わってみると異常に恐怖心が湧き上がってくる感じ。

車が止まったとこで、心臓バクバクしてきたからね。



で、トラックに乗っててさ。

正面からバンバン車が来るわけですよ。

カーブを曲がってちょっとのとこだったから、けっこう死角な位置で。

Uターンしようにも、一方通行の高速ですからね。

その間に車が突っ込んできたら、こんどこそ大惨事。

急いで110番して、警察の手を借りることにしました。



警察を呼んで、待機することになったんですけど。

このまま車内にいるわけにもいかんわけですよ。

さっきも言ったとおり、正面からバンバン車来てますから。

トラックが止まっていますということを伝えねばいけないわけで。

車内に積んであった発煙筒を手に、外に出ました。


発煙筒を着火して、道路に置いて。

これでもまだ心配だったんで、自分の手で誘導もすることにしました。



あれさ、普段車に乗ってるとわかんないんだけどさ。

高速って、でかい車とかもバンバン通るでしょ?


すげえ揺れるのね。

最初、「地震か?」って思ったくらい。

結構グラグラなんですよ、地面が。

思ってる以上に、こええから。


で、誘導してたらさ。

何台か、俺と同じようにスピンしてて。

さすがに俺クラスで滑ってるのはいなかったんですけど。

よく見たら、道路に塗料(たぶんペンキ)がこぼれてるんですよね。

すでに固まってはいたんですけど、おそらく雨でそこが滑りやすくなってたんでしょうな。


これ、もし俺と同じレベルでスリップするやつがいたら、直接つっこまれんじゃん。

そんなこと考えたら恐ろしくなってきて、さっきよりも余計に手旗で誘導しましたよ。



結局、警察が来るまでの二十分くらいですか。

高速上で、Tシャツ一枚でひたすら手を振る男。


もちろん雨でびっしょりですから。

劇団びしょり、ですから。




なんていうか、

「怪我しなかっただけでも儲けもんだな!」

って、笑えるほど、ポジティブな人間ではないぞ、俺。

スポンサーサイト



Secret

TrackBack URL
→http://fourtomorrow.blog26.fc2.com/tb.php/628-8ac52f41