FC2ブログ
ケンマコの日記を読んで、ちょっと思い出しまして。

この何日かのいい感じの勢いのまま、今日も更新しようかと思います。




同窓会、って行ったことあります?

俺はここ何年かで、小学校のクラス一回、中学校で一回、高校で一回行ってるんですけど。

高校んときに至っては、幹事でしたからね。


24,5くらいまでのときは同窓会なんて一回もなくて、

「俺、実は呼ばれてないパターンなんじゃねえか?」って疑ったりもしたんですけど。

ちゃんとあるもんなんですね、やっぱり。



小、中、高と比べてみるとね。


高校って、一番近いとこじゃないですか、三つのうちで。

しかも、高校生くらいになると、すでに顔なんて出来あがってますからね。

よっぽどの事が無い限り、顔みたらすぐに「○○!」って名前出てくるんですよ。

特に、俺がやった同窓会のクラスは比較的オトコもオンナも仲良かったんで、問題なかったんですけど。


問題は小、中の同窓会なわけ。


たくさん人が集まればね、そりゃあ卒業してから一回も会ってないやつも出てきますわな。

俺の中のイメージはね、あの頃のままなわけで。

大人になればさ、顔つきが変わってくるやつだっていますよ。

けっこうね、「あれ?これ、誰だ??」ってやつも、なかにはいるんですよね。

そんなの、テレビの中の話だとばっかり思ってたんですけど、実際にあるもんなんですね。


でね、声掛けてくるわけですよ。

そりゃあ、同窓会ですから。

「おお!ナガ!!」とか言って、妙に恥ずかしい昔のあだ名で、躊躇もせずに。


超困るじゃないですか、やっぱり。

「おお・・・おお!?お、お前・・・久し振りだなあ、ハハ!!」みたいな。

さすがにね、名前言われれば思い出すけどさ。

礼儀として、ファーストコンタクトから名前で呼びたいじゃないですか。




俺の中学の同級生の中の二人。

男優になってたんですけど。

わかるよな?

「俳優」ではなく、「男優」。


別の友達から聞いて、「マジで!?」ってなってそいつらの顔見たんですけど。

わかんねえの。顔、ぜんっぜんわかんねえの。

名前も昔の顔も鮮やかに覚えてるのに、顔みてもさっぱりピンと来ないんですよ。


下手したらね、知らないうちに再会してたパターンですよ。

ブラウン管を通して、知らない間にお世話になってたパターン。



顔見たの、そのとき一回だけですから。

当然今はすでに覚えてないですよ。

街であって、向こうがこちらを認識しても、確実にシカトになりますからね。


同窓会ってテンションあがりますけど、そういう意味では厄介でもあると思うんですよね。




でね、つい先日。

高校んときの友達の結婚パーティーに行ってきまして。

俺はその日仕事だったんで、三次会から出席したんですけど。


とりあえず会場に到着して。

同級生なんかに「おお!」なんつって声かけて。

で、主役の友達に、お祝いで買っていったシャンパンを渡して、そのままそいつの正面に座ったんですけど。

左隣は高校んとき仲良かった女の子。

で、右見たらね、知らない男の人が座ってんですよ。


まあ、結婚式ですから、俺の知らない人もいることでしょう。

会社の人とか、俺と知り合う前からの親友とかさ。

めでたい席ですから、こっから仲良くなっちゃうってのも、アリはアリだよね。


とか、思ってたら。

その右隣のカレが。



「おお~、長沢く~ん。」って。



出たよッ!!

俺の事、知っちゃってるよッ!!


もうね、ついてそうそう大ピンチですよ。

よりによって、しょっぱな座った席の隣が爆弾ですよ。

座ったばっかだからね、そんなにすぐには動けないし。


顔見てもね、出てこないんですよ。

そう言えば、こんなやついたかもなあ~、ってくらいで。

ぐりぐりにパーマ掛けてたんでね、カレ。

一生懸命パーマではない髪型のカレを、自分の中でモンタージュしてみたんですけど。

やっぱわかんないんですよ。


やっべ~、やっべ~、って。

とりあえずは「どうだったの、今日の式は?」とか、「嫁さんとはどこで知り合ったの?」とかでいけますけどね、

そのうちどうせ「お前、そういえばあんときバカうけだったよな~!!」みたいになっちゃうんですよ。


とりあえずここは酒の勢いを借りて、とも思ったんですが。

仕事が終わったのがけっこう遅かったもので。

これはけっこうな時間になっちまうってことで、車で行っちゃってたんですよね、俺。

このときほど、酒を呑まずしてテンションの上げられるエネルギッシュな自分が憎かった事、ないですよ。


なもんで、出来るだけ左側に身体を傾けて、みんなとお喋りしてたわけなんですけどね。



しばらくして。

そのカレが、デジカメ出してきたんですけど。

どうやら今日の様子なんかを撮ってたらしく、みんなでそれを見始めたんですよ。

奥さんきれいだね~、なんて言いながら見てたんだけどさ。


ほどなくして、その場でも撮影会が始まって。

本日の主役である俺の友達なんかが、誰かと肩組んで撮ったりしてて。



何枚か写真撮ったとこでそのカレが。

「よし、俺も撮ってくれよ!」って言いだして。

おもむろに俺の肩を掴んで、グッと自分の方に引きよせてきたんですよね。


俺と!?

俺とツーショットかよ!!


どこの馬の骨か、なんて言ったら失礼だけどさ。

俺、キミの事認識してないのに、こんなにも仲良さそうに一緒のフォトグラフに写ってしまっていいものか。

若干申し訳ない気持ちでカメラの前に立ったんだけどさ。


そこでカレが言うんですよね。





「長沢君、初めて会った記念に一緒に写真撮ろうぜ!!」





って、



お前、やっぱり馬の骨かよッ!!


つうかよお、

話しの流れから「ナガサワクン」って耳コピしてんじゃねえよッ!!


お前の耳コピのせいで、俺がどんだけ気使ったと思ってんだよッ!!






えらいもんで、そっからちょっと仲良くなったからね。

俺からばんばん肩叩いちゃったりして。





同級生の男優二人は街で会ってもわかんないですけど。

カレは絶対わかりますから。

顔、二度と忘れませんから。


ただ、名前は聞かずじまいだったんで、仮に出会ったところで、


「おお!!お~お・・・」


ですけど。

スポンサーサイト



Secret

TrackBack URL
→http://fourtomorrow.blog26.fc2.com/tb.php/650-c23143c7