FC2ブログ
10/23/2009    444。  長澤著。
気付いたら。

444更新目でした、この回で。


普段は、300とか400とかキリのいいとこで、普段とは違う特別感を出した日記を書いてきたんですけど。

「4」TOMORROW、ですからね、俺等。

この数字は無視出来ないでしょう。


ということでいろいろ考えたんですけど。

お伝えした通り、俺も人生の節目の歳を迎えたということで。

今までの自分を振り返る意味も込めてね。

今回の日々徒然は、「俺の今までの人生の中で心を揺らされた名言」達を紹介したいと思います。

ちょっと「俺の本棚」チックですけど。




『じゃあこっち側に、「プリンスプリンス」がおったんや』

~HEY!HEY!HEY!にて、ゲストのガールズバンド「プリンセスプリンセス」の、

「一度だけメンバー全員彼氏がいたときがあったんですよ」の発言を受けて放った、

松本人志の天才的切り返し~


俺ね、世界に二人だけ「この人は人間の形をしたなんらかの神様だな」と思う人がいて。

それが、マイケル・ジョーダンと松本人志なんですが。


小学生のときに「ごっつええ感じ」というコント番組に出会って、

「人を笑わせるのは、『発想』である」ということを、ダウンタウン、特に松本人志から学んだんですよね。

ほんと、天才だと思いますよ。

しかも、日本人にしか理解出来ない、天才。

松本人志の凄さを理解出来るということだけで、日本人に生まれて良かったって思いますもん。


これは、もう十数年前のフリートークの中のものなんですけど。

完璧じゃないですか?この切り返し。

俺ごときが屈辱感を覚えるのもおこがましい話なんですけど。

ちょっとくやしかったですからね、これ聞いたとき。

こんなこと言える人間が存在するのか!って。





『戦闘機が買えるくらいのはした金ならいらない』

~THEBLUEHEARTS「NONONO」の歌詞より(作詞・甲本ヒロト)~


ブルーハーツで一番好きな曲は?って聞かれると、考えこんでしまうんですけど。

一番突き刺さった歌詞は?っていうと、これなんですよね。

反戦的な意味合いを持つこのフレーズを、「格好いい!」って言うのは不謹慎なのかもしれませんけど、

それでもやっぱり、中学生のときに初めて聴いたとき、なんて格好いい言葉なんだろうって思いましたね。


狙って出るものじゃないですよね、これって。

ヒロトの言葉って、インタビューにしても歌詞にしてもそうなんですけど、

自分からは絶対出てこないんだけど、聞くと凄い納得してしまうんですよ。


ホントに、ヒロトっていくつになっても格好いいですね。




『赤の他人が父親面するんじゃねえよ』

~伊坂幸太郎作「重力ピエロ」にて、「春」の台詞~


読書家の人に比べたら、全然量は読まない方ですけど。

そんな俺の、一番好きな作家の作品で、一番好きな台詞。

初めて読んだ伊坂作品の中のものです。

これはグッときたなあ。


これ、もしもこれから読む人がいたら興ざめになっちゃうんで、あえて説明しません。

興味があったら是非読んでみてください。




『心に余裕(ヒマ)がある生物。なんとすばらしい!』

~岩明均作・漫画「寄生獣」より。寄生生物ミギーの台詞~


漫画レヴューで紹介したことのあるこの作品。

俺の魂を揺さぶる漫画ベスト5に入るんですけど、その中の最終巻からの台詞です。


ちょっとこの台詞について解説すると。

主人公、人間であるシンイチの、

「道で出会って知り合いになった生き物(犬)が、ふと見ると死んでいた。

そんな時になんで悲しくなるんだろう?」

という問いに、寄生生物であるミギーという生き物が「そりゃ人間がそれだけヒマな動物だからさ」

という言葉に続く言葉なんですよ。

目から鱗でしたねえ。


人間って、本当の意味で他人と価値観を共有することって不可能だと思ってるんですよ、俺。

でもそんな中でも、一瞬だけでもまじり合う瞬間があって、

だからこそ人生って面白いんだなあ、と。

そういう考えに至ったのは、この漫画を読んだからだと思っています。




『これは、ボタンの掛け違えを表現しているんだよ』

~自分の着ていたPコートが、ボタンをひとつずらしていた事をメンバーから指摘されたときの、

FOURTOMORROWやまおか「部長」ひろきのアーティスティックな発言~


我らが4Tの統括部長の発言。

我々の楽曲等、類い稀なるセンスを見せる彼の才能をよく表すフレーズ。

と、思いきや。


それ、「ボタンの掛け違えを表現」というか、

「ボタンの掛け違えそのもの」だから。


ただのおっちょこちょいだから。




『韓国?』

~俺の「さっき家の前のサンクスでさあ・・・」の発言の、サンクスの部分に対する、親父の聞き間違い~


「ん」ッ!!

最早「ん」しか合ってねえしッ!!





途中、意外とマジな日記かと思いきや、の。

やはりオチを持ってきてしまう俺の性(サガ)。

おあとがよろしいようで。
スポンサーサイト



Secret

TrackBack URL
→http://fourtomorrow.blog26.fc2.com/tb.php/669-9a801247