FC2ブログ
02/21/2011    2011年#9 *山岡書いた
ひとつ前の記事で長澤君が書いていますが、
ちょうど同じタイミングで僕も「北の国から」を見始めました。
すでに3回くらい見直してますが、今回は初めて見る嫁と一緒に。

「じゅんくん、とーさん、それぁ、さみしいです。」

と。


--------------------

先週はソーリーの企画@池袋マンホールにて。
やったことがある人はわかると思いますが、自分たちの企画をやる、ってのはすごくパワーがいるんです。

それを20回、あのライブの本数でこないしている、ってのはやっぱりすごいなー、と思うのです。
「基本的に企画ってのはすぐに止まる」
ものだと思うんです。

Vol3か4あたりでだいたいみんな止めてく。
良い、悪いの議論はここではしないけど、本当にキレイにそのあたりでなくなるんですよ。
自分たちのバンドを含めても、思い出してみればそういう企画は多い。

それを20回紡いでいく、ということはとても大切なことだとシンプルに思ってます。
当日はそういうのがちゃんと伝わったライブだったように感じて、
個人的にとてもあがったのでした。笑


そして先週は仕事で大阪へ。
大阪に行くといつも行く焼肉屋(とんでもなくキタナイ名店)があって。
今回もそこへ行きました。

いつもいる若大将が、実は僕のことを認識してて
そんな話で盛り上がりました。
なんか、こちらがお客さんなんだけどとてもうれしかった。

おいしくて、人と雰囲気が好きだから通う。
通うから「通」なんて呼ばれて、何度も行くうちに
その店の味や、細かいことのちょっとした違いもわかるようになる。
それが「通」って言葉の語源らしいです。

通になりたいと思わないけど
なんだかうれしくて、そしてやっぱり僕は大阪であの店に通うだろなー、と。

そしてその後はいつもの2軒目に行って、後輩とウイスキーを。
とても小さい店。
そして多分「もうからない」店です。
でも、だから、いつも必ず行ってしまう。


平日に有給を取りました。
昼過ぎからよいしょ、と動き出して
新宿にてずっと見たかった「海炭市叙景」を見ました。
http://www.kaitanshi.com/

原作はすでに読了していたのだけれど、
その解釈と画がとても同じで美しくてびっくりしました。

一人一人の大きな暗闇と、「だからこそ見える明かり」は、瞬間的に交わって離れていく。
僕の後ろにある線が、たくさんの国のたくさんの人の線と交わって離れたみたいに。
そしてそれぞれの線には、僕と同じかそれ以上の暗闇がどこかにあって、
それを想像できる、ということ。


昨日今日といろいろあってのんびりする。
Senkiyaのフリマにとても行きたかった。でも行けなかった。


日曜昼に旭山動物公園の今の園長がインドネシアに行く、というテレビがやっていました。
たくさんの人が見たら、とてもおもしろいのにな、と思う。
僕たちのできるアクションに直結することまで、掘り下げられていたし。
でも、そうはならないんですね。
僕は今日のゴールデンは、ビールを飲みながら「シャイン」を再見してました。




バンドは4月まで春休み。
来週1人でぼそぼそ歌います。
1人だと、何気にとても緊張するので、もうやめようかと思っているのです。。。

======================

2011年2月27日日曜@東京大久保ライブバー大久保水族館
http://naks.biz/suizokukan/

[共演]
はまきたつばさ(ハネムーンハネムーン)
よはく
ゆうなり
Bonjour
LOST CHILD

open/start:18:15/18:30
チケット代 500yen(+1 drink 500yen)


4/23にも三重県THYME cafeにて6周年記念パーティーで歌います!
共演はショピン//flep funce!//icecreamman//笛部(仮)
てことで、バンドも1人も、新曲作成中!


スポンサーサイト



Secret

TrackBack URL
→http://fourtomorrow.blog26.fc2.com/tb.php/826-78a44776