FC2ブログ
はい、気付いたら一週間以上停滞。


久しぶりにコメントとか拍手も多かったし、ツイッターでも楽しみにしてますって言ってくれてる人もいて。

逆にプレッシャーかかってんでしょうか。

時間経てば経つほど更新するのが嫌になってきました。

これ、期待してる皆さんのせいじゃないでしょうか。

まったく困ったもんですね、あなた達には。



でも・・・

ホントは嬉しかったんだからね・・・!

「楽しみにしてる」って言ってくれて、嬉しかったんだからね!!

女の子は・・・そういうの・・・ホントは喜んでるんだからね!!



まあ俺、女の子じゃないけど。

はい、アメリカンジョークは置いといて、ツアー記の続きです。





直樹の気絶を経て、無事にアメリカに到着。

空港に着いたらさ、当たり前だけど外人ばっかで。

一人で勝手に「うおぉ、this is アメリカ!!」ってあがったんですけどね。


で、とりあえず。

こっちで合流するクリス(catfoodmoney)と連絡を取って。

どうやら電車で向かっているとのことなんだけど、まだ時間がかかるらしく。

予約していたレンタカー屋に先に行く事にしたんですけどね。


場所がわかんないんですよ、レンタカー屋の。

なもんで、うちのリーダーが空港の受付みたいなとこに聞きに行くことになって。

アメリカの風を感じたい俺は、英語もろくに喋れないのに付いていくことにしました。



うちのリーダーこと部長。

もともと英語はそれなりに喋れるんですけどね。このツアーの為に英会話を習ったらしく。


空港の受付の女性、俺等が日本人だからなのか、けっこう舐めた態度だったんですよ。

レンタカー屋の名前を言っても、こっちもろくに見ないで「知らない」の一点張り。

そこからバス出てるから、しか言わないんですよ。

しか言わない、つっても、あまりにも早口だったんで、ニュアンスと部長から聞いた情報ですけど。


言ってみればね、先制パンチなわけですよ。

出た、言葉の壁!人種の壁!!みたいな。

お国柄もあるんだろうけど、ろくに英語わかんないやつはさっさと国に帰りな!みたいな空気。

ホントはどうかりませんけど、少なくとも俺はそう感じたわけで。

まあ、一言で言うとちょっとビビったわけ。

こりゃもうクリス待つしかないのかって思ったんですけどね。


うちのリーダー。さすがですよ。

全然ビビってねえの。あんだけ横柄な空港職員に。

「いやいや、お前そこのパソコンで調べろよ。レンタカー屋の名前は○○だから」って。

もちろん、英語でね。


つええ!!超つええ!!


出来る子だとは知ってましたけど、こんなに心強く感じたのはじめてでしたよ。

そいつもさ、外人がよくやる「OH,NO!」みたいなポーズしながらも、ちゃんと調べたからね。

まさかこのときは、部長のこの語学力と折れない心が、最終日にあんなドラマを生むとは思ってなかったけど。

それはまた後で。


で、レンタカー屋の番号調べて、部長が電話して。

どうやら迎えに来てくれるらしく、10分くらいで着くから待ってろって話で。

アキラ、タイタイを含む六人で待ってたんですけどね。


まぁ~、来ない。

しばらく待ってたんですけどね、全然来ないの。

後で聞いたら、待ち合わせ場所がうまく伝わってなくて。迎えに来た人も空港6周くらいしたらしいんですけど。


これじゃない、いや、あれじゃない、なんて繰り返す事、30分くらい経ったところで。

もう諦めて、クリスが来るのを待つ事にしました。


でね。

空港の外の喫煙所で待ちながら、結局クリスが来たのが。

五時間後でした。



なげえ!!なげえから!!

五時間て、101回目のプロポーズ頭から観てたら、「僕は死にません!!」までいっちゃうから!!


そんなこんなで。その日は予約していたハリウッドの宿に着いて。

食事してみんなで軽く呑んで就寝したんですけどね。



翌日。遂にアメリカでの初ライブ。

ポモナという街だったんですけど。BARの横に隣接しているライブスペースで。

べック(漫画ね)で見たそのまんまだなあ、やっぱアメリカなんだなあ、ってのが最初の感想ですかね。


ここでSHINOBUのボブと久しぶりの再会。

おい、太ったなあ、なんつってハグしたりしてたんですけど。


ちなみに、最近俺がリスペクトしている、ぺいぺいちゃん。

ぺいぺいちゃんのお姉ちゃんはボブの奥さんで、この日初めて会ったんですけど。

一言で言うと、輸入版のぺいぺいちゃんでした笑



この日のライブは5バンドくらい出たんですけどね。

向こうってさ、ライブの機材、一バンドごとに総入れ替えなんですよ。

ドラムセット、いちいち各バンドの持ってるやつを組むんですよ?

もちろんリハもなく、日本みたいなしっかりしたPAもないままでライブ。


リーフエリクソンが日本に来てたとき、彼等のリハ見てみんなで「なんでこんないきなりデカイ音でんだろ?」

って言ってたんですけどね。理由がわかりましたよ。

こういう環境でやるのに慣れてるんですよね。

全部が全部お膳立てされていないとこで、一番いいプレイをするっていうことが染みついているんでしょう。

リーフエリクソンはイギリスですけど、日本以外の海外はこういったスタイルが主流なんでしょうね。


ドラムもさ、マイクでひろってるわけではないので。

必然的に、聞こえるようにアタックがすげえ強くて。

どのバンドも音がでかいのにびっくりしましたね。



で、俺等のライブ。

そんな環境ってのもあるし、初めての海外で緊張してたってのもあって。

正直あまりいい出来とは言えなかったんですけど。


それでも終わった後、たくさんのお客さんに「良かった!」って声かけてもらえて。

他のバンド見てるときとかに、隣りに俺がいるの気付くと「グッジョブ!!」とか言って握手求めてきたりして。

こういうリアクションも、日本よりもストレートだなあって思いましたね。


で、俺。

とりあえず、ぶっかまさなきゃいかんだろうってことで。

チビの生きる道がポイントガードなら、俺の生きる道はお喋り。

MCでぶっこんでやる!って意気込んで。

メンバー紹介したんですよ。


部長をスシ、ミッチーをテンプラ、直樹をゲイシャ、そして俺はハラキリだぜ!!って。


いや、わかってるって。言わなくてもわかってる。

海に来たからって、いくらリゾート地だからって、

なんであんな全然タイプじゃないオトコに身体許しちゃったんだろうアタシ、っていうOLと同じくらいどうかしてたんだよ、俺。




やっぱレディーガガみたいな格好して出るべきだったぁーーー!!!

まぶたに目の画を描いて、終始目を瞑ったままライブするべきだったぁーーー!!!

(それはそれでダメです)




雪降った次の日の、うちの中学校の正門前と同じくらいスベリましたから。

苦笑いの満漢全席。

オードブルからメインディッシュまで全て苦笑いでした。



ちなみにこの後のライブのほぼすべてのMCを、部長が務める事になりました。



という事で今日はここまで。

とりあえず、4,5回で終わらせたいとは思ってます。

スポンサーサイト
Secret

TrackBack URL
→http://fourtomorrow.blog26.fc2.com/tb.php/872-ff5315c9