FC2ブログ
日記。


もう何年にもわたってここで日記というやつを皆様に公開しているわけだけれども。

まあ、俺に限らずブログやってる人(も最近は減ったけど)はウェブ上で日記をやってる事になるわけだよね。



二十代前半、この徒然とは別に自分で日記を付けていて。

その日の出来事、例えばダレソレと会った、だとか、ドコソコでライブした、だとか。

文章を長くすると続かないと思ったから、感想はなるべく短くして。

とにかくその日に何があったかを書くようにしてね。

まあ、それも三年くらいでやめちゃったんだけどさ。


それでも、たまに今でもそれを読み返すとね。

「ああ、この頃はこんなことあったのか」とか、逆に「あれは十年前の出来事なのか」とか、

なかなか面白いものでね。

そう考えると、ちゃんと続けとけばよかったかな、とかも思うんですけど。



ところがどっこい。

さっきも言ったように、俺はここで日記を続けてるわけですよ。

じゃあここを見返せばいいわけで。

あの頃何があったか、もうだいぶ前から記してあるわけだからさ。


今までもね、ここに書いた昔の自分の文章を読み返す事なんてほぼなかったんですけど。

なんていうか、復帰した直後でいい機会だし、今までのを読んでみるのもいいかもと思って。

もちろん全部ではないけど、適当にさかのぼっていくつか読んでみたんですよね。




つうかさ、これ。


日記じゃなくねッ!?

全然「日」を「記」してなくねッ!?


どうでもいい大喜利始めちゃったりとか、なんなら小説書いちゃったりしてるのあったし。

「ああ、このころはよくボケてたなあ」

って、ならねえわ!!全然感慨深くねえわ!!




いや、そりゃあるよ?

中には「今日は仕事でこんなことがあって」とか、「今日は親父が何言ってるかわかりませんでした」とか。

きちんとその日にあった事を書いてる日記もさ。


どーでもいいわ!!

そのエピソード、俺の思い出ランキング500位以下のやつばっかだわ!!

客のダンボールに「エロ本」て書いてあったとか、どーでもいいわ!!



ホント、俺の部屋にある小さなメモ帳の日記と同じ人が書いてるとは思えない、どうでもよさ。

これさ、完全に日記ではないでしょ。もう日記と呼んではダメでしょ。

全然振り返れないもの、あの日の俺の事。



そうなるとさ。

これ。俺の書いてる、これ。

なに?

日記ではないこの文章は、いったい何者なの?




日記ではないとして、じゃあコラム?

コラムの定義もわかんないけど、世間一般のそれとはちょっと違う気もするし。




で、考えたんだけど。

もうね、答えは出てるわけ。みんなが答えは出してくれてたわけ。




最近なんかもね、更新しないもんだから言われたんですよ。


「徒然、全然更新してないじゃん!!」て。


有難い話ですよね。これだけ更新してないものを待っててくれてる人がいるってのは。

で、それと同時に。

「徒然」ですよ。みんなこの文章の事、「徒然」って呼んでるんですよ。



そうだよな。

ここは他の何者でもない、「徒然」というオリジナルなジャンルだよな。

人と同じ事を忌み嫌う俺達にとって、それ以外の何者でもないという事は最大の賛辞だろう、と。

俺は、日記でもコラムでもない、「徒然」を書いているんだよ、と。




思えばもう十数年前。

うちのリーダーがバンドのHPを立ち上げる時に「メンバー全員が書く日記があった方がいい」つって、

HP内のコンテンツとして始めた、ここ。

「日々徒然」という名称もリーダーが決めたんですけどね。


そういえばさ。

これだけ長く使っている「徒然」という名前。

よく考えたらちゃんと意味を知らなかったな、と思ってね。


国語の授業で習った「徒然なるままに」ってのも、具体的にどういう状況か分からずに過ごしてきた今まで。

俺は徒然を書いてるんだ!と思い立った今こそ、きちんと意味を知るべきだろうと、そう思ってね。

辞書で調べてみたんですよ。







【徒然】

・することがなくて退屈なこと。また、そのさま。手持ちぶさた。







退屈、てッ!!

俺の文章、退屈ってッ!!


逆に退屈じゃねえ事しかねえわッ!!

もう、面白い事しか書いてねえわッ!!

これ退屈だったら、もう帰宅してドア開けたとこにミッキーいても微動だにせずいられるわッ!!


見たことねえわッ!!

こんなユーモアたっぷりのブログ、見たことねえわッ!!

もう、ユーモアでいいわッ!!「徒然」の読み、ユーモアでいいわッ!!!









・9月25日(火)

数日前に久しぶりにまた書き始めたブログを、滞らないように更新した。

今日は、一生懸命仕事を頑張った自分へのご褒美として、ブログで自分の事を褒めてあげた。

頑張れ、明日からの俺。そして、お疲れ様、今日の俺。








ていう、まったく内容のないブログで、十年後に再び「うおぉーーー!!!」てなるパターン。

スポンサーサイト
Secret

TrackBack URL
→http://fourtomorrow.blog26.fc2.com/tb.php/907-de69977d