FC2ブログ
「それならカセットにしよう!CDよりも絶対カセットがCOOL!!!」

クリスからそんな内容のメールを受け取ったのは
僕たちがアメリカに出発するもう1ヶ月前だった。

2011年の8月に僕たちはアメリカでライブをしようとしていて、
「来ないかい?」
と声をかけてくれたのはクリスだった。
細かいブッキングをしてくれたのはボブ(SHINOBUのベース)だった。

せっかく行くなら何か音源を持っていきたい。
アメリカはレコードのプレスが安いし、できればレコードをプレスしてそれを売りたい。

そんなことを思いながら僕たちはアメリカに行くためにいろいろと準備をしていた。
でも2011年はとてもたくさんの出来事があったので、結果としてレコードは間に合わなかった。

いろいろ手を尽くしてくれたBOBから
「残念だけどとても間に合わないよ」
というメールが来たときは少しへこんだ。

でもせっかく海を越えて遠い外国に行くんだから何か、新しい何かを作りたいなぁ
と思って、クリスにメールをした。
「今回のツアー用のCDEPみたいなの作ろうかな」

それに対する回答が、冒頭のコトバだった。

カセットは好きだ。
デモ音源をCDRで販売しているのが、すでに当たり前だった時に
僕たちが世に出した初めての音はカセットだったし、
その後にFIFTH WHEELを誘って一緒につくったSPLITもカセットだった。

でもまさかそれから10年が経ってカセットを出すなんて。
そんなことを思いながら、でもひさびさのカセットにわくわくもした。

僕たちは急いで過去に録音した音から何曲かを選んで、
アメリカにも同行してくれることになっていたスーパーエンジニア
「タイゾー”ジーザス”ハヤマ」にミックスをしてもらい、
いつも通りわれらのデザイン部長に描きおろしのジャケットのイラストをお願いして、
ぶっきらぼうだけど間違いない仕事の頼れるCEOサバービアアキラにそれらをデザインしてもらい
まとめてクリスに送った。

そしてカセットができた。
アメリカでクリスと空港で再会したときに、横にいたたっちゃんが
スケボーに段ボールを乗っけて持ってきてくれたのがそのカセットだ。

その場で全員で見て
「やべー!あがるー!」
なんて、バンドマンなら皆がやる最高の瞬間を味わった。

多分そのカセットを100本か150本か200本か、忘れたけど作った。

僕たちは4本のライブで、幸運にもそれを結構な本数売り
最後の夜にホテルでたくさんのビールを飲みながら、ツアーの思い出話をしながら
残りのカセットを分けた。

多分僕たちFOUR TOMORROWとクリスがそれぞれ10本とか15本とか
それくらいずつの取り分だったと思う。

その夜同じ部屋になったクリスと、寝る前に話をした。
(カセットは突貫で作ったので歌詞カードがなかった)

クリスは言った。

FOUR TOMORROWは歌詞が良いから、ぜひ歌詞カードをつけてから、いろいろなディストロに送りたい。
雑誌やレーベルにも送りたい。
それで、歌詞カードは”手書き”が良いと思うんだ。
僕は山岡の手書きの文字が好きだから、帰国してからそれを作って送ってくれないか??

僕はそれがとてもうれしかったし、何より手書きの歌詞カードやフライヤーが好きなので
「もちろんさ、絶対に送るよ」
と約束した。

帰国して僕たちFOUR TOMORROWは残りのカセットを日本のライブの時に販売した。
事前の告知もあって、確か1-2回のライブですぐに売り切れた。

クリスとはその後メールのやり取りを続けた。
でもお互いにプライベートが忙しくなって、その間隔は少しずつ長くなっていった。

僕はもちろん、クリスとの約束を覚えていたし、そのためにわら半紙を購入したけど
なかなか手書きで歌詞を書くまでいかなかった。
クリスも学校が忙しくなってメールの返信がとても遅くなった。

そして、僕に子供ができた。
僕はひさしぶりのメールでそれをクリスに知らせ、彼からとてもうれしいメールが届いた。
そして歌詞カードの話はもう書かれなくなった。


でもつい先日、クリスからメールが届いた。
いつもみたいに悪ふざけの口調で僕の息子のことを聞いてくれる。
「息子は元気?早く会いに行きたいなぁ。」

そしてその後、歌詞カードの話があった。
「そろそろディストロに送ったり、レーベルに送るから歌詞カード作ったよ!どうだろう!?」
って。

メールには歌詞カードと、その裏のデザインとして写真のコラージュができてた。
僕はそれを見て、泣きそうになってしまった。
こんな気持ちをどんなコトバで表現すれば良いんだろう。

カセットは15本くらいしかないはず。
クリスは家でどんな顔して、これを創ってくれたんだろう。


僕たちは彼の招待でツアーができて本当に幸せだ。




four_tomorrow_collage3.jpg


スポンサーサイト
Secret

TrackBack URL
→http://fourtomorrow.blog26.fc2.com/tb.php/913-6cd5154b