FC2ブログ
先日、仕事の休憩中。

うだるような暑さの中で。



タバコを吸いながら水分を補給する俺の前で、

お爺さんとお婆さんがすれ違って。

おそらく知り合い同士だと思うんですけどね。

いやー、暑いですねー、みたいなありきたりの会話交わした後に。

お婆さんの方がね。

「こんなに暑いと、一枚ずつ服脱いじゃうわー。

明日あたり、あんたんちの前で裸になって踊ってるかもよ!」つってて。

爆笑しててね。



いいんだけどさ。

二人がそれで楽しいなら全然いいんだけどさ。

個人的には、だよ。

内容もさることながら、間なんかも込みで。


全然笑えなくて。

もう、絶望的に笑えなくて。



笑いのツボなんてさ、それぞれで。

100人いたら100通りあっていいと思うんですけどね。

それでもやっぱり、友達と呼べる人間は「面白さ」の価値観が近いと思うんですよ。

むしろ、そこを基準に友達を選んでる節すらあって。

個人的な見解ではあるけれど、仲間と呼ぶ人間は、同じ事で笑って同じ事で泣きたいと。

そう思ってるんですけどね。




あのお婆さんとお爺さんが。

元々ね。若い頃から同じ事で笑っていたのならば、構わないんですけど。

ひとつの懸念というか、仮定を立ててみるに。

「歳を経て、いろんな事が緩くなってる」としたならば。



考えてると、うちの親父とかが笑わせに来た場合。

クソつまんないんですよ。

天然での行動で笑う事はあっても、笑わされる事なんて、

おそらく生まれてから一回もなかったんじゃないかと。

そういう意味でのセンスは、家族という最も近い関係ですらかけ離れてるんですよ。

単純な世代の差なんだろうな、とは思ってたけど。

山崎まさよし的に言うならば、育ってきた環境が違うから、のパターン。

そう自分で納得して今まで過ごしてきたんですけど。


もしやこれ、自分もそうなるパターンあるんじゃねえか、と。


若い時の親父や、あのお婆さんも。

キレッキレに人の事笑わせてたんじゃねえか。

それが、歳を重ねるごとにいろんなものが摩耗して、あのレベルに到達したんではないかと。



うおお!!

怖え!!

これ、自分もそうなる可能性あんのか!?




世の中に起こる全ての事象は、自分にもあり得る事でね。

宝くじに当たったり、交通事故にあったり。

自分が歳とって、クソみたいにつまんない事言うようになったり。


自分は大丈夫、ってのはね、幻想でしかないからね。


当たり前すぎて今さらではあるけれど。

人生には何が起こるかわからないぜ、って。

そう思ったわけなんですよねえ。




こんな事、いちいちブログで書くような事じゃないんですけどね。

自分の人生ですら、自分にも何が起こるかわかんない、って。

知ってるつーの!なわけですが。

まあつまり、何が言いたかったかっていうとね。






彼女出来ちゃいました。

12年ぶりに。






いや、そっちじゃなくて。

バスで学校に行ったり、オレンジジュース飲んだり、

Kenとテニスしたりする方じゃなくて。



「あたしと仕事と、どっちが大切なの!?」

とか言ったりする方のやつ。




完全にそういうの諦めてましたからね。

何あるかわかんないもんだなあ。

これ、来年辺り巨人の4番バッターでホームラン量産してる可能性あるな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBack URL
→http://fourtomorrow.blog26.fc2.com/tb.php/940-236203c3