--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017年もいつの間にか4か月が経ちました、いかがお過ごしでしょうか?
僕はといえば何かと忙しく、毎日元気でやっています。

4月は家族が日本に一時帰国していたこともあり、ひさびさの一人暮らしを満喫しました。
昔好きだった本を引っ張り出して読み、いつもより少し大きな音でレコードを聞き、ビールを飲んで小躍りする。
そんな毎日でした。

せっかくなので家族がいるときにはできないことをしよう、ということで
久々にアジアの街を一人でほっつき歩くことにしました。

1日会社に休みをもらい、向かった先はマレーシアのペナン島。
昔からバックパッカーにはメジャーな街ですが、僕は今まで一度も行ったことがなかったので。
クアラルンプールからマレーシア航空に乗り換えペナンへ到着しました。
何度体験しても、初めての国や街へ降り立ったときの興奮は、とても大好きな感情の1つです。

ペナンの路地から路地へ、なるべく多くの通りを自分の足で歩き、匂いをかいで、写真を撮る。
地図はそこそこに、感覚に任せながら右へ左へ曲がる、汗をかきながらひたすら歩く。
数百円そこそこの屋台でローカルの麺を食べてビールを飲む。
ビールを飲みながら沢木耕太郎「深夜特急2」を読む。
旅先で、その場所について書かれた本を読むと、本の空気感と自分が強烈に同期することを感じます。

ひさびさのそんな感覚に、ふとした時に「このままインドまで行ってやろうか」などと危険なことを思いついて、
すぐにマトモな感情がそれを否定する、なんてことを1人でやっていました。

でも1人の旅行はやっぱりさみしいものがあります。
イントゥ・ザ・ワイルド(荒野へ)でもあるけれど、「ひとりぼっちじゃ何も起こらない」から。

屋台のぬるいビールではなくて、キンキンに冷えたビールが飲みたくなったので、僕はなんだかよい感じのビストロに入りました。
そのカウンターで早川義男「たましいの場所」の文庫本を1人読んでいました。

そんな僕にドイツ人の女の子が声を掛けてくれました。
「Can I sit next to you or are you too busy now?」

大好きなOUT OF STYLeがもし和訳してくれるなら、
「隣にすわって少し飲んでもいい?それともあなた、今とっても忙しい?」ってところでしょうか。
旅先で最もおもしろい瞬間は、予想外の人との出会いなのだ、ということをひさびさに思い出させてもらったペナン旅行でした。

ペン島でもそれ以外でも、4月は竹原ピストルの新しいアルバムを聞きまくっていました。
「一等賞」が最高だ、酔っぱらって少し大きな音で音楽を聞きながら帰る時、いったい何回聞いたかわからない。
残念ながら桜を見る機会はなかったけれど、そんな4月でした。

ホームページを更新しました。
5月はライブが2回あります、来られる方、ぜひ乾杯しましょう。



スポンサーサイト
Secret

TrackBack URL
→http://fourtomorrow.blog26.fc2.com/tb.php/956-697ced2b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。