FC2ブログ
10/31/2018    旅へ *山岡書いた
ハロウインですね。

といっても小さい頃から記憶にある思い出深い日、ではなくて、どうしても最近認知した日、に感じてしまいますが、それは例えば両親にとってのクリスマスやバレンタインなんかもそうであったのかもしれないので、楽しめるなら楽しみたい!と思いながら、そうやって楽しめる日が増え続けるわけもない、とも思うので、ひっそりと消えていった日ってのはいったいどんな日なんだろう、なんて考えたりします。

最近のPOPEYEがひとり旅の特集で「クー!」とかなっていたのですが、10月に一時帰国した際に本屋さんでぶらりと見つけたBRUTUSも同じような企画で、確かに同じ会社ではあるのだけれど「クー!」が2乗になって、でもそう書いてから、1をいったい何乗しても1だよな、なんて思いました。なんだ?

言いたいことは「本屋さんをぶらりとして、目に入った「おお!」って本を買って、すぐに近くの喫茶店で読み出す、その一連の流れは最高ですよね」と言うこと。そう、それももちろんそうなんですが、本題に戻すと「ひとり旅」というワーディングは、いつまで経ってもこころをザワザワさせることばだよなぁ、ということです。わかりにくいですね、はい。笑

DSC_4682.jpg
DSC_4677.jpg

そんなBRUTUSで冒頭に紹介されていたのが、小島聖さんの「野生のベリージャム」というエッセイでした。実は僕は中学校以来の小島聖ファンなので、事前にエッセイが発売される、という情報をキャッチ、本は入手していました。笑

でも買ったはいいけど、「本屋さんをぶらり〜」の一連の最高の流れじゃない場合、ましてやAmazonなんかで買って家に他のものと一緒に送られて来た時は、実はなかなかすぐに読み出さず、「とりあえず読んでいない本はここに」なんて、ぽんっと、積ん読山の地層の一部を形成するOne Of Themになること、結構ありますよね?今回紹介されたいたのを受け、地層の一部となりかけていたそれを引っ張り出してきて読み始めたところ、これが本当にすばらしくて、あっという間に読了しました。

影ながら細々と更新されるBlogを時々覗いて、更新されていた時には喜びを感じて読みながら、少しづつ変化していく趣向を垣間見ながら応援してい他のですが(言語化すると少しヤヴァイですね笑)、改めてそれらが体系的によくわかりました。なによりもまったく意識していなかったのですが、結果として同じような人たちに魅力を感じ、著作を読み、影響を受けていたのがわかり、とても嬉しかったです。


「体験が私を豊かにしてくれる」
「やっぱり言葉で伝えるということはとても大切な行為だ」


そうやってこれだけの経験をシンプルに言語化できることは、とてもすごいと思う。
この本とこの本で紹介されている本を持って、旅にでたいです。アジアの小さな街か、ネパールがいいな。

DSC_4757.jpg


スポンサーサイト
Secret

TrackBack URL
→http://fourtomorrow.blog26.fc2.com/tb.php/976-88f2e96e