FC2ブログ
中秋節。
日本でいう15夜お月様です。ここ中国でも大切な日になっていて、その日は祝日で、先週は3連休でした。月餅を日頃お世話になっている人に送り合う習慣があって、随分とたくさん食べました。あれ、カロリー高いみたいです。少し習慣は異なっても、やっぱり元のルーツは同じなのかな、と感じました。やっぱり自分で体験してみないとわからないものです。

その3連休を利用して、初めて中国国内を旅行しました。行き先は北京。いろいろな中国人にオススメ旅行先を聞いたのですが「やっぱり最初は北京でしょー!」と皆が口を揃えていうので北京にしました。2泊3日の短い旅行でしたが、天安門広場に行き、北京ダックを食べて、万里の長城に行く、というなんというか黄金ルートに行ってきました。

そしてその万里の長城!そのスケールに心底圧倒されてしまいました。カンボジアのアンコールワットに行くと、3大遺跡というのがあって。有名なアンコールワットと作りが精巧なアンコールトム、そして樹が遺跡を破壊しているタプローム。意外とこの3つ、人によって好みが分かれるんです。それぞれに良いところがあって。

でも僕は初めて行った時から今まで、アンコールワットには3回行ってますが、一番好きなのは圧倒的にアンコールワットなんです。理由は「スケールがでかくて圧倒される、そして登れるから」です。そんな僕が万里の長城を気に入らないわけがない!というわけでめちゃめちゃ好きになってしまいました。小さな万里の長城を買ってくるくらいに。写真や映像はもちろん何回も見ていたんですが、それでもやっぱり!となった。やっぱり自分で体験する、五感を使って生に体験することの大切さを痛感しました。そしてその背景や歴史を学びたい気持ちがふつふつと湧いて出てくる。

そして北京の夜。中国は今年10/1に建国70周年を迎えるため、当日に向けて北京では大規模な練習が頻繁に行われています。僕が泊まった日も大規模な練習の日で、夕方から街は激しい交通規制になりました。なにやらパレードがあるとかないとか。せっかくなので、ということで街に出て、その様子を見に行きました。

少し待った後にパレードが始まりました。そして大きな道を通ったのは何十台もの戦車と装甲車、軍用トラックやヘリコプターを輸送する特別な輸送機などでした。20分ほど見ていましたが、まだまだその列は続いていました。建国記念日に国の国力を見せつけるように軍事パレードが行われるのは、中国に限った話では無いと思います。その国でもあることなのでしょうが、そのスケールは特筆すべきものがありました。

テレビや映画では何度も見たことがありましたが、本物の動く戦車を見たのはそれが初めてでした。そしてものすごくシンプルに「あぁ、こんなのが来たらあっという間に自分も家族も殺されてしまうんだな」と思いました。生身の人間では到底かなわない巨大な人殺しの道具が、何十台も列をなして暗い街の中を進んでいく姿は、正直とても薄気味悪くて、ヒリヒリとする感情を胸に残しました。

やっぱり生に自分の五感で感じたことを大切にしたい。
そんなことを思った中秋節でした。

次はどこに旅行に行こうか!
キングダムを読んで、西安に行きたいな、と思ってます!

DSC_5577.jpg

スポンサーサイト



Secret

TrackBack URL
→http://fourtomorrow.blog26.fc2.com/tb.php/994-1420a632