FC2ブログ
Twitter/Facebookではアナウンスしましたが、FOUR TOMORROWの1stアルバムがApple music/Spotifyで聞けるようになりました!

Apple musicで聞く!
Spotifyで聞く!

自分の日頃の行動を観察するまでもなく、やっぱりSubscriptionで音楽を聞く機会が圧倒的に増えているので、もう少し早く環境整備したかったのですがなかなかうまくいきませんでした。音楽との関わり合い方も、他の多くのことと同じように少しずつ変わっていく中、自分たちの大切にしている美意識は忘れずに、でも、柔軟な姿勢で臨んでいきたい、と思っています。

このアルバム、リリースは2009年3月です。なので今年3月がちょうど10周年でした。本当はそのタイミングでSubscriptionにのせたかったのですが、ちょうど僕がシンガポールから上海へ引っ越しする直前のめちゃめちゃ慌ただしい中だったのでうまく時間を確保できずに断念しました。

そもそも、こういったことやHPの整備だったりは結成当初から僕の担当になっています。バンドをやっている、もしくは何かをチームやProjectベースで進めている方は至極納得かと思いますが、やっぱり役割分担がうまくいっているとチームは強い気がしています。それぞれがそれぞれの得意領域と苦手な領域を補完し合いながら単純足し算以上のシナジーを出す、だからそれが少しずつオリジナリティーになって独自の強みになっていく、みたいな。

昔から僕たちFOUR TOMORROWにもそんな役割分担があるような気がします。気がする、というところが肝で、それは話し合って決める類のことではなく、自然と居心地の良いところへ着地して結果としてそこにある、ということのように思ってます。

とにかくそんなわけでリリース10周年に合わせる、という計画は雲散霧消となりました。で、上海からそれを試みようとするのですが、今度は中国特有の情報規制で如何せんややこしい。はい、中国からはGoogleもYoutubeもInstagramも繋がらない、繋げるためにはVPNが必要だけど、そのスピードはProviderによって大きく差がある、という例のやつです。(この辺りもおもしろいのでそのうちに)

うーん、これは難しい。というわけで役割分担として自分がやることを諦め、誰か他の人に依頼するしかないかな、となりました。最初に思いつくのはもちろんメンバーなのですが、その一人一人の顔を思い出し、すぐにこれは難しいな、と思ったのでした。だって例えばナオキにお願いしたら、ニヤニヤして「OK!」っていうけど、後々いろいろなこと、解決するのが少しややこしいこと、がなんだか起こりそうでしょ?笑

次に思いついたのがあきら(Suburbia Works)でした。うん彼ならITにも明るいし、センスもいいし、何より社長だ。早速彼に連絡をしました。「Hey Whats Up、元気かYo!?」みたいな感じで。でも待てども暮らせど返信無し!俺の連絡完全無視!笑

まあ、昔からそういうペースで一緒にいたし、彼も独自のシーンがあって、便りがないのは元気な印だろう、と前向きに考えることにしました。でも困った。これではできない。と思っていたときにひらめいたのがBobでした。

Bobは僕たちとShinobuのSplitをリリースしてくれて、何より今でもレーベルをマイペースに運営しているし、それをちゃんとSubsprictionにも展開している。彼なら手伝ってくれるかもしれない!というわけで早速彼に連絡を取ってみました。せっかくだからここは電話しよう、SNSでは元気なことを見ているけど、もう7−8年声を聞いていない。というわけで彼に連絡をして電話をしました。

結果、彼はそれを即答で快諾してくれて、すぐに行動してくれて、今に至るんです。

でも彼に電話したとき、なんというか7−8年ぶりに話をしたのに、まるで昨日も一緒にビールを飲んでいたようにすごく自然に話が展開されて。「最近何してるの?どこに住んでるの?え!そんなことがあったの!」なんて。

Bonus Trackとして10インチのVAに参加したMilesも収録してもらったのですが(これはBobのNiceeee!なアイデア!)そのためにVAを出してくれたChrisにも電話をしました。Chrisと話をしたのも7−8年ぶりのこと。

Chrisと話をしたときもまったく同じでした。「最近どう?」「うーん、なんとか生きてるよ!」「今、どこに住んでるの?」「Thrillhouse Recordsの上だよ、狭くて汚くていい場所だよ!」なんて。

なんだかとても不思議であたたかい時間で驚いたのでした。こんなにすんなりと話ができて、すっと波長が合うものなのだな、なんて。たった1週間だけど一生忘れない時間を一緒に過ごしたからなのか。根本的な価値観を共有できている?からなのか。そしてやっぱり、直接話すことのおもしろさ、しかもそれが1対1であればなおさら、ということを改めて思い出させてもらいました。

もう何度も聞いてきたよ!という人も、今回初めて聞く人も、楽しんでくれるとうれしいです。

10/03/2019    W40-2 BEER *山岡書いた
ビールが好きです。


え!?
知ってる!?!?笑

大事なことなので2回言います。
ビールが好きなんです。

まぁ、お酒全般が好きでもっと知りたい!という強い興味があります。ウイスキーも日本酒もワインも、中国に赴任後よく飲む白酒すらも、もっと深く知りたい、と思ってます。でもやっぱりビールへのそれは格別です。

自分が飲んだことがないビールを見つけると飲みたくなってしまいます。近年のクラフトビールムーブメント(もはやムーブメントなどではなく、それは新しいCultureである、と理解していますが)はなかなか嬉しくも厳しくて、どんどん知らないビールに出会うのだから、もう尿酸値なんて気にしていたら心の底から楽しめないのでは!なんてことも思っています。でも「一線越えると戻れないよ!」とあの日名古屋でやごちゃんから言われたことはい、今でも心の底に強く残っています、ありがとうやごちゃん!

それでもなんでも、個人的に確信している真理として「ビールと旅は合う」のです。国を、街を移動して、人の波に揺られながら、その「地場」から生まれたビールを飲む。最高です。

そう、クラフトビールはもちろん好きです。でも古くからあるその国を代表するようなビールを飲み続けることもとても好きです。大体にして、その国を代表するビールはその国で長く愛されているだけあってその国に「合う」んです。それは料理だったり、気候だったり、国を包む空気感であったり、そんなことすべてを内包しているような気がしています。

そしてそんな国を代表するビールがわかりやすく1つのブランドが独占していたりするとそれもいい。例えばシンガポールのTigerやラオスのBeer Laoのように。その国の気候と料理、空気感に完全に一体化したそれを旅の間中ひたすら飲む。(最近はCrafe Beerが増えたのでそうならなくなってきましたが)

後からその国を思い出すときに必ず出てくるそのBeerが、まるで自分の相棒や戦友だったかのようにそこに存在していて、なんとも言えない思い入れが生まれるのです。


台湾を旅行しています。
台湾はそれが台湾Beerなんですね。
最高。

特にできてから18日以内に限定している鮮度抜群のこれ。これをずっと飲んでいたい。またこんな良い出会いをしてしまった。だからやめられない。ここではないどこかへ行きたい。そして次の健康診断と尿酸値の検査が怖い。

IMG_7531.jpg

10/02/2019    W40 進化 *山岡書いた
台湾を旅行しています。

昨日まで台湾の最南端の街にいました。大手チェーンが続々と進出して同質化するアジアリゾートと比べて、派手さはないけど素朴でとてものんびりできました。

あいにく、日本でも話題になった台風18号がすぐ横を通り過ぎていて、1日風が強くて海に入れない日がありました。なので街から車で30分ほどのところにある大きな水族館に行ってきました。台湾最大の水族館のようです。

ここはとてもおもしろくて、通常の水族館でよくあるような展示に加えて、CG展示が充実していました。さらに今の生き物だけでなくて、古代の水中生物のCG展示が充実していて、大きなスクリーンの中をモササウルスが悠々と泳いでいる様は、まさに自分が古代の海の中にいるような感覚にしてくれました。

そんな展示の中に、陸の王者となった哺乳類の一部が再び海に戻り、その環境に適応し、今のクジラやイルカにつながっていく、という説明展示がありました。カピパラの仲間のような生き物が海に入ろうと決めたのが4500万年前で、海の中で長く泳げるイルカの原型のような生き物に進化したのが2000万年くらい前。

その展示を見ながら、いったいどうやったら同じ生き物がここまで姿形を変えられるのか?を想像していました。CGの展示では、この間2500万年の間に、鼻が少しずつ顔の上に移動していき、体が流線型になっていきます。鼻の位置が高い個体の生存確率が上がるから、徐々に遺伝の中で鼻が上に上がっていく。論理的には理解できるのですが、それと自分が想像できる時間の感覚がまったく合わない。

そもそも自分の寿命がせいぜい100年で、自分の父から自分の息子までの間、3世代でもせいぜい200年くらいにしかならないのでそれが2500万年と考えてもよくわからなくなりました。こういう時はメタファーだ、自分の想像しやすいわかりやすいものに例えてみよう!

ということで時間をお金にして考えてみました。
自分の父から息子までで200円しかない。
鼻を上にあげてイルカになるには2500万円必要!

自分たちはせいぜい小学校1年生でおこずかい200円しかない!
でも2500万円のマンション買わないとだめ!
100円玉貯金箱どれくらい必要?
そのコインの数だけオヤジから息子まで必要!!!

なんて考えて、なんだかわかったようなわからないような、でもとても想像できないとてつもないことだ、ということがわかったのでした。進化と時間とそこへ重ねる自分たち。

日々の小さな悩みなんてちっぽけだなぁ、なんて思って、でもすぐにeastern youthの「ちっぽけだって、なんだっていいから、歌を俺にくれ」が頭の中で鳴ってました。


中国70周年の建国記念日休暇で台湾に来ています。
海を挟んで2時間ほど飛行機で飛ぶだけでこんなに変わるなんて。その関係性はインドとネパールみたいです。バックパッカーの頃、インドとネパールについて、インドのたくさんの日本人宿で議論がされていました、そんなことを思い出す。

先週インプット大全という本を読みました。昨年ヒットになったアウトプット大全の続編で、少し前にアウトプット大全を読んで「なるほど!」となったので即購入したのです。続編ということで基本的に書かれていることは変わらないのですが、ざっくりいうと

1)インプットとアウトプットの割合は3:7であるべき
2)例えば読書であれば10冊読むことが大切なのではなくて、3冊にしてその3冊のアウトプットを考えることが大切、インプットは量より質
3)アウトプットを意識してインプットするとその定着率が全く違う、直後にアウトプットする

5年ほど前に「読書を仕事につなげる技術」を読んで以来、本を読んだ後は必ずそのまとめを手書きでするようにしているのですが、それと非常に共通点を感じました。そして20代の頃、ここを更新するために毎日の生活をよく観察して、自分の言葉として言語化してアウトプットすることによって、自分の考え方を少しずつ積み上げていっていたことも思い出しました。

本、人、旅が人間を賢くする3要素とのこと。
今週の台湾旅行は、いつもより少し多めに気づきをメモしてみようかな、と思ってます。

アウトプット大全
読書を仕事につなげる技術